2009年02月22日

猫派ですもの、あたくし

ヒマにまかせて、猫ファイルなるものを始めようと思う。猫の日だし。
旅に出ると沢山の猫に出逢う。野良だったり飼い猫だったり。近所に住み着いてるヤツも居る。犬も好きなんだけど、犬の場合、嬉しくてそわそわしていたり、飛びついてきちゃったりと、なかなか落ち着いて撮らせてもらえない(笑)。猫は、最近私がコツを得てきたというのもあるけれど、臆病猫や警戒心の強い猫でも、望遠の効く程度までは近付く事ができる。で、猫も「目を合わせる=警戒している」という事もあり、目線をこちらに向けてくれる事が多い。慣れている猫は、お腹まで見せてごろんとしてくれるから、写真にも撮りやすい。
なぁんて、撮っている間に、すっかり猫が好きになってしまった。
そして何よりも、猫は可愛い。
猫ファイルは、自分が出逢った猫の記録なのである。

さて、記念すべき1匹目。連れに「どいつにしよう?」と聞いたら「そりゃあ、はっぽうさんでしょう」と。
知っている方も居るかもしれないが、私たち夫婦は、出逢った猫にいちいち名前を付けたりする。旅先の猫はそこの地名だったり、名物の名前だったり。近所の猫だと、良くその猫を見かける場所とか、特徴とか。「はっぽうさん」と名前を付けたのは、いつもこの猫が発泡スチロールで作られた小屋の上に居たから。
happo-san.jpg
三毛猫、メス。本名「みぃちゃん」。ここでも度々登場してきた。
最初は呼んでも来なかったけれど、そのうち顔を覚えたようで、10回に1回は寄ってきてくれるようになった。この冬は近所の他の猫がはっぽうさんの家の周りをウロつく事が多くなり、警戒心の強いはっぽうさんは、高い庇の上から様子を見ている事が多くなった。目線の先に他の猫が居た事も少なくない。はっぽうさんの定位置である発泡スチロールの屋根の上に、違う猫がちゃっかり居て、ひどい時にはエサを横取りされていた。私が目撃情報を話すと、飼い主さんは「みぃはねぇ、気が小さいのよ。まったくもう。でも、居着いちゃうから気を付けないと。」と、笑いながらはっぽうさんの頭をぺんと叩く。
最近では猫の出入りも少なく、今では庇の上で鳥を眺めている。
この猫は本当に気まぐれで、呼んでも見向きもしない時もあれば、こちらをちらっと見て、また空に目を向けてしまったりする。写真の時は飼い主のおじさんが居て、こんな時はごろごろと甘えてくる事があるが、私たちだけだと、ここまで心を許す事はめったにない。飼い主さんが居るとやってきて、触ろうとしても嫌がるのだけど、飼い主さんと話を始めて、私たちが話に夢中になった頃、いつの間にか足元に居て、尻尾でサラリと私の足を撫でて行く。たまぁに、ごくたまぁに、飼い主さんが居ない時でも近付いてきてくれて、お腹を見せてくれるのだ。撫でてあげても1分と保たないけれど、そんな日は連れも私もゴキゲン。
「あまりかまわないで。無闇にさわらないで。でも無関心はイヤなの。」
そんなはっぽうさんを見て連れは「本当は猫って、人間の言葉がわかるんだ。でもわからないフリをしてるんだ。」と言う。私もそんな気がしてならない。
posted by はきこ at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | 猫ファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

札幌から、冬のHOTな

札幌から宅配便が届いた。
差出人は、ZXに乗り始めた時からの、車つながりのお付き合いで、2007年の夏の北海道旅行では大変お世話になった、かずさんとそのご一家だった。この頃はブログを休止していたが、北海道旅行は本当に充実した良い旅になり、札幌ではかずさんがプジョーで市内を案内してくれた。電車の旅ではちょっと行くのが難しかった、羊ヶ丘展望台に連れていってもらったり、地元の方が通うジンギスカンのお店で一緒に食事をしたりと、とてもお世話になったのだった。
幕末の話も含め、いつかここでご披露したいと思いつつ、嗚呼、幾年月(涙)。
そうそう、札幌と言えば、スープカレーも名物のひとつ。やはり、郊外のスープカレー屋さんに案内してもらい、初めて本場のスープカレーをいただいたのだった。
そして、今回のHOTな贈り物はこれ。
sc1.jpg
スープカレーの素。
ペースト状になってる。具は好きな物をボイルしたり、素揚げしたり、炒めたりしてご飯にのせておき、後から水で溶いて温めたスープをかけていただく。本場ではご飯をスプーンですくって、別皿の具入りのスープカレーに浸して食べたりするんだけど、同封のかずさんのレシピも、パッケージの写真もかけて食べるようになっている。
4人分あるし、半分ずつ違う具材で楽しんでみよう。
一回目の今日は、素揚げシリーズで。新じゃがとにんじんはチンしてある程度柔らかくしておいて、茄子、しめじ、玉ねぎ、れんこんを、全部素揚げにした。買い忘れたピーマンの代わりに、茹でたさやいんげんも用意した。深めのお皿にご飯を”島”みたいに盛り、野菜をトッピングして、スープをかけたら出来上がり。
sc2.jpg
ご飯の島が水没してしまった。
そして、鶏肉も別にソテーして添える予定で、買ってきたのに用意するの忘れてたよ(涙)。そんな訳で、すっかりヘルシーな野菜スープカレーの出来上がり。
我が家のキレンジャーも「これは旨いぞ」と、相当お気に入りの様子だった。次回は、鶏肉とポーチドエッグ入りの「親子ほうれんそうスープカレー」にしようかな。動物性タンパク質リベンジって事で(笑)。

しかし、あのスープカレーの瓶を見て、我が家の事を思い出してくださった、その気持ちが妊婦には・・・いえ、べつに妊婦でなくても・・・とても嬉しかったのだった。
また北海道行きたいなぁ。寒いんだろうなぁ。
posted by はきこ at 23:39| 東京 ☁| Comment(2) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

そば散歩

まだそんなに無理はできないが、時間があると「うん、散歩だな」と考える余裕が出て来た。
先日の日曜日も、前日の夜から連れと「どこいこうか」と話し、朝起きて「どこいこうか」、ご飯食べて「どこいこうか」、歯を磨いて「どこいこうか」と、ずーっと何処に行くか決まらなまま、支度だけ整えていた。結局は考えてただけでお昼になってしまい、出掛けないまま「お腹が空いた」と連れ。それなら、近所の美味しい物でも食べに行こうと思いついた。
候補にあがったのは、調布飛行場の「プロペラカフェ」と、深大寺のお蕎麦。じゃんけんで、お蕎麦を食べに行く事に決まった。
家から20分ほど歩けば深大寺。天気が良かったので、沢山の人で賑わっていた。まずは腹ごしらえだね。今まで入った事のないお店にしようと思い、お昼時も過ぎたところだったので、弁財天池を眺めながら、ゆったり食べられる店を選んだ。
shimada1.jpg
元祖 嶋田屋・・・深大寺蕎麦の「元祖」らしい。
2階の窓際に通され、池で甲羅干しするカメ(縁日のミドリガメが捨てられて巨大化したものだろうな・・・)や、梅の花が咲くのを眺めながら、お蕎麦を堪能した。
shimada2.jpg
私は野草天セット。ふきのとうは今年初めての春の味だった。もうこんな季節かぁ。手前にある味噌田楽は連れと分けて食べた。
深大寺にお参りして、植物園がある寺の上の方までぶらぶらと散歩。
無防備に歩いていたため、花粉でヒドいめにあったが、つわりの間落ちていた体力を回復するには、ちょうど良いお散歩コースだった。それでも後になって周辺図を見ると、まだまだ、深大寺の全貌を掴むには、散歩を重ねなければならないようだ。
しかしまぁ、どうしましょうね。これから私の花粉症は梅雨入りまで続くのに、薬も飲めないって。
posted by はきこ at 00:12| 東京 ☁| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

つわりの成果

さすがに会社に行けない日もあった。それでもマシな方だったとは思うが。
食べる物は食べていたし、吐く事もなかった。しかし対策という物が見つからず、例えば「食べれば気分が良くなる」という人も居れば「食べると吐く」という人も居て、私はそのどちらにも当てはまらなかった。気持ちの悪い時には、ただダラダラしているしかない日々。
そんな中、食べたくない物は見るのも嫌だったけれど、食べたい物を見るのは気が晴れた。一日中食べ物の番組やってる「フーディーズTV」。これはキタね(笑)。テレビ番組が最近むちゃむちゃつまらないから、ほんと、良く見た。普段は和食の方が好きで、しばらく食べないとダメだったのに、最近は洋食ばかり食べたくなる。パンやお菓子もそのひとつ。フーディーズTVではバレンタインデーに合わせて、パンとお菓子のレシピ番組をやっていた。見ていると、作って食べたくなるのが不思議なところで、有名なケンタロウさんの番組でホットサンドを作るのを見て「やるっ!」とホットサンド・ベーカーまで手に入れてしまった・・・たまたま、選べるカタログが手に入って、その中にあったんだけどね。
作りたい料理は、教えてくれる方や番組構成との相性もあるようだ。中には説明があまりにも自分基準で、「このくらいに仕上げてください」の程度がわかりずらく、番組のフォローも足りなくて、全然作る気の湧かないレシピもあった。
さてそんな中、私の心を射抜いたのは「ベッカライ徳多朗」というパン屋さんの奥様、徳永久美子さんのレシピ。さりげなく紹介されている私生活にも共感でき、これはもう是非、お手本にしたいと思い、著書を調べて購入した。季節ごとにおすすめのパンと、それに添えたい料理のレシピもあった。早速、2月のパンを焼いてみよう。
今月は「ベーグル」。ユダヤ人のパンだ。このパンの面白いところは、生地を形成した後”茹でる”作業がある事。ポイントは「ひたすらこねる」。
生地を計って、まとめるまでは私がやって、15分のこねる作業は連れがお手伝いしてくれた。
bagel1.jpg
意外に手首が細い。関係ないけど。
こねて丸めて、少し置いて、ベーグルのあの形に仕上げた後またちょっと寝かせて、次は茹でる作業。
bagel2.jpg
1.5倍くらい、ぷうっと膨れ上がる。お湯から揚げて220℃で15分ほど焼いたら出来上がり。
bagel3.jpg
徳永さんのオススメの具は、キリのクリームチーズとハム。お野菜を挟むと生地に水が染みてしまうから、美味しい野菜のスープを添えて・・・との事。徳永さんの指定した粉が見つからず、本の写真とはどうも見た目の違う仕上がりではあったが、しっかりもちもちの、美味しいベーグルが出来上がった。

ちなみに、ベッカライ徳多朗は「たまプラーザ駅」の近くにあるらしい。一度訪れてみたいけれど、それは置いといて「たまプラーザ」って駅名、凄いよね(笑)。
posted by はきこ at 20:45| 東京 ☁| Comment(2) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

腹を切ってくれ

まーたーでーすーかぁ。
先日、私はまたしても切腹を言い渡された。

すでにお気づきの方も居るかもしれないが、本日で妊娠4ヶ月目突入した。
以前、卵巣嚢腫と子宮筋腫の為に一度開けたお腹は、傷と年のせいで陣痛に耐えられないと。医者から「うーん、帝王切開の方が安全ですねぇ」だって(涙)。1%の確立で「破裂します」と言われたら、むむむ、そうするしかない。
会社の人からも「私の妹はね、一人目が帝王切開で、二人目は自然分娩で行けますよーって言われてたの。だけど思いのほか大きくなってしまって、やっぱり帝王切開で出す事にしたのね。そしたら前に開けた所から、中が透けて見えてたんだって。」と言われたら、産院を以前手術した所にした事を、ラッキーだと思わずにはいられない。
そんなわけで、予定は8月下旬だったんだけど、7月下旬か8月上旬、ある程度大きくなるのを待って、陣痛がくる前に取り出す事になった。産後は母がしばらくこちらに来てくれる。
発覚したのは昨年末。人間ドックを受診するにあたり、心当たりがあったので、あらかじめ市販の検査薬で調べたらビンゴだった。バリウムも免除で充分な検査はできなかったけれど、正月から両方の親族でめでたい騒ぎとなった。
再来週から米国へ出張する連れは「飛行機が落ちたら二度と見られないから、今日は一緒に病院に行く」と、今回初めて病院へ。今までのところは男子禁制の婦人科だったから、もし飛行機が落ちたとしたら、これが最初で最後のチャンス(笑)。しっかりと「もそもそ」動く我が子を確認し、これで少し実感が湧いた様子。
ちなみに「腹を切ってくれ」とは、毎週楽しみに観ている”新選組始末記”で、局長近藤勇(平幹二郎)が脱走を謀った総長山南敬助(高橋長英)に、切腹を申し渡す時のセリフ。新選組でも盛り上がる場面のひとつで、それをこの間一緒に観ていた連れが、平幹二郎の真似をしてこんな事を言っていたのだった。
おかげさまで、先週あたりからつわりも無くなり、調子が良くなった。それまでは焼き魚や刺身、昆布、味の濃い煮物等がNG、そしてここで吠えていた通り「ソースをよこせっ!」という洋風の濃い味を異様に欲しがった。相変わらず好き嫌いはあるものの、気持ち悪さはほとんど無くなった。これからは食欲も出て、体重管理に気を付けなくちゃいけないから、もう少し暖かくなったらウォーキングも再開したいところ。
仕事は5月末まで続ける。「走るな、持つな、無理するな」と皆さんとても気を使ってくれる。かなり甘やかされてはいるが、それでも人手が足りない部署なので、こんな妊婦の手でもギリギリまで欲してくれているから有り難い。帝王切開の経験者も居るから、色々と教わる事もできる。
それと大切なお知らせ。
FBMは欠席です(涙)。いくら車好き夫婦とは言え、首の座ったばかりの我が子を、気温も気圧も変わる車山に連れて行くほど馬鹿ではない。連れは状況により(飛行機が落ちなかったら・・・笑)当日参加できるかも。
そんなわけで、今年の皆さんにお会いできる大きなイベントは、北陸FTPとなる。
「別にアンタにゃ会いたくないよ」とおっしゃる人も、そうでない人も
FTPで僕と握手っ!

さぁて、どっちが出て来るのかなぁ。
posted by はきこ at 22:42| 東京 ☀| Comment(7) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

五感で夢を見る

「ソフトせんべい」が夢に出てきた。
歯が生え揃っていない子供でも食べられる、塩味のアレ。大人向けに作られているそれも、歯ごたえはちがうし味も濃いめだが、しょうゆの焼いたせんべいよりは柔らかめ。たまーに食べたくなるのよ。

夢を見たのは電車の中だった。いつも一緒に家を出て会社に行く連れが、今日は早めに会社に行くと言うので、んじゃあ私も早く出て、各停でゆったり座って会社に行こう。あわよくば、ちょっと居眠りしちゃおう。と、思ったのだった。
電車の一番寝やすい、はじっこの席を獲得し、ちょっと小さくなってすーすー寝ていた。最初に隣に座っていたのが女性だったのは覚えているんだけど・・・。
そこで登場、ソフトせんべい。夢の中では、誰と言うわけでもなく、ソフトせんべいを食べている。しゃりしゃり、しょりしょりと音がする。あー、私も食べたいなぁ・・・と思ったところで目が覚めた、終点の1つ前の駅。

隣を見ると、いつの間にか人が入れ替わっていて、若いサラリーマンが座っていた。
ナルホド、朝のちょっと美味しい夢はこいつのせいか。
彼は音楽を聴いていた。ボリューム高めで。
イヤホンから漏れる「しゃーりしゃーりしゃーりしゃーり」

そう言えばこの間は、臭覚で「にら」の夢見たなぁ(笑)。
posted by はきこ at 22:30| 東京 ☁| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

今日のサッカー

凄く良かったね、今日のサッカー。
何が良かったかって「国歌斉唱」に決まってるじゃないですか。
今まで沢山の”君が代”を聴いてズッコケてきましたけど
今日のは素晴らしかった。
君が代はこうでなくちゃイカンよ。
posted by はきこ at 23:13| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

豆ごはん

節分である。
比較的暖かかった今日、持って出たマフラーがちょっと暑かったので、巻かずに首にダランとかけていたら、後ろから小学生に「しゅうちしん」と言われながら、撃たれてしまった。指で鉄砲作ってぱきゅんと。むむむ(汗)。
さて、クドいようだが、節分である。
最近では関東でも節分に「恵方巻」なるものを売っている。その年の恵方を向き、巻き寿司をまるごと一本、無言で喰らうというその風習は、関西方面のものなのだそうだ。私も結婚した年、実家で過ごした最後の節分に、初めて食卓にソレが出て来た。
しかし、ウチのおかんの事である。「今日は恵方巻〜」と出したはいいが、それはご丁寧に切ってある。いつもの食卓の、いつもの位置で食べた。恵方はどっちだよ。しかも食べている間、おかんはしきりと話しかけてくる。「だって〜、黙ってたらつまらないじゃない」と言うが、それはおかんのおっしゃる通りである。30年以上、節分と言えば「豆といわし」で育ったから、今さら無言で巻き寿司を食べろと言われても困る。
ところがだ。今日、買い物に行ったら、恵方巻の売り場は黒山の人だかり。買い物かごにはみんな恵方巻。いわしの売り場の前は、気の毒なくらいさっぱりなのだ。なんだよなんだよ。みんな関西出身か?
主婦にしてみれば、行事にかこつけて、すでに作ってあるものを買ってくれば、そりゃあ夕食はラクチンだけどさ。うぬぬ、踊らされてなるものか。
実家では、撒く豆を多めに買ってきて、それを炊き込み御飯にして食べた。恵方巻が出て来たその年も、後日ちゃんと豆ごはんは出てきた。そろそろ、豆を年の数食べるのも無理がある年齢になってきたので(飽きるしね・・・笑)我が家では母に習って、節分には豆ごはんを炊くようになった。
mamegohan.jpg
またピンぼけしとる。ご飯の写真はいつもこうだ。
いつもならこれに「いわし」なんだけど、今年は訳あって見送り。そして、エラそうな事言ってるが、誤ってひと手間省いてしまった(涙)。今から来年に向けて反省・・・鬼に笑われそうだが。
posted by はきこ at 23:52| 東京 ☀| Comment(3) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。