2009年02月13日

五感で夢を見る

「ソフトせんべい」が夢に出てきた。
歯が生え揃っていない子供でも食べられる、塩味のアレ。大人向けに作られているそれも、歯ごたえはちがうし味も濃いめだが、しょうゆの焼いたせんべいよりは柔らかめ。たまーに食べたくなるのよ。

夢を見たのは電車の中だった。いつも一緒に家を出て会社に行く連れが、今日は早めに会社に行くと言うので、んじゃあ私も早く出て、各停でゆったり座って会社に行こう。あわよくば、ちょっと居眠りしちゃおう。と、思ったのだった。
電車の一番寝やすい、はじっこの席を獲得し、ちょっと小さくなってすーすー寝ていた。最初に隣に座っていたのが女性だったのは覚えているんだけど・・・。
そこで登場、ソフトせんべい。夢の中では、誰と言うわけでもなく、ソフトせんべいを食べている。しゃりしゃり、しょりしょりと音がする。あー、私も食べたいなぁ・・・と思ったところで目が覚めた、終点の1つ前の駅。

隣を見ると、いつの間にか人が入れ替わっていて、若いサラリーマンが座っていた。
ナルホド、朝のちょっと美味しい夢はこいつのせいか。
彼は音楽を聴いていた。ボリューム高めで。
イヤホンから漏れる「しゃーりしゃーりしゃーりしゃーり」

そう言えばこの間は、臭覚で「にら」の夢見たなぁ(笑)。
posted by はきこ at 22:30| 東京 ☁| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。