2009年02月19日

札幌から、冬のHOTな

札幌から宅配便が届いた。
差出人は、ZXに乗り始めた時からの、車つながりのお付き合いで、2007年の夏の北海道旅行では大変お世話になった、かずさんとそのご一家だった。この頃はブログを休止していたが、北海道旅行は本当に充実した良い旅になり、札幌ではかずさんがプジョーで市内を案内してくれた。電車の旅ではちょっと行くのが難しかった、羊ヶ丘展望台に連れていってもらったり、地元の方が通うジンギスカンのお店で一緒に食事をしたりと、とてもお世話になったのだった。
幕末の話も含め、いつかここでご披露したいと思いつつ、嗚呼、幾年月(涙)。
そうそう、札幌と言えば、スープカレーも名物のひとつ。やはり、郊外のスープカレー屋さんに案内してもらい、初めて本場のスープカレーをいただいたのだった。
そして、今回のHOTな贈り物はこれ。
sc1.jpg
スープカレーの素。
ペースト状になってる。具は好きな物をボイルしたり、素揚げしたり、炒めたりしてご飯にのせておき、後から水で溶いて温めたスープをかけていただく。本場ではご飯をスプーンですくって、別皿の具入りのスープカレーに浸して食べたりするんだけど、同封のかずさんのレシピも、パッケージの写真もかけて食べるようになっている。
4人分あるし、半分ずつ違う具材で楽しんでみよう。
一回目の今日は、素揚げシリーズで。新じゃがとにんじんはチンしてある程度柔らかくしておいて、茄子、しめじ、玉ねぎ、れんこんを、全部素揚げにした。買い忘れたピーマンの代わりに、茹でたさやいんげんも用意した。深めのお皿にご飯を”島”みたいに盛り、野菜をトッピングして、スープをかけたら出来上がり。
sc2.jpg
ご飯の島が水没してしまった。
そして、鶏肉も別にソテーして添える予定で、買ってきたのに用意するの忘れてたよ(涙)。そんな訳で、すっかりヘルシーな野菜スープカレーの出来上がり。
我が家のキレンジャーも「これは旨いぞ」と、相当お気に入りの様子だった。次回は、鶏肉とポーチドエッグ入りの「親子ほうれんそうスープカレー」にしようかな。動物性タンパク質リベンジって事で(笑)。

しかし、あのスープカレーの瓶を見て、我が家の事を思い出してくださった、その気持ちが妊婦には・・・いえ、べつに妊婦でなくても・・・とても嬉しかったのだった。
また北海道行きたいなぁ。寒いんだろうなぁ。
posted by はきこ at 23:39| 東京 ☁| Comment(2) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。