2009年10月31日

勝手に前夜祭

お留守番FBMなので、家で勝手に前夜祭。
今日は土鍋で鶏五目炊き込みご飯を炊いた。
torigomoku1.jpg
大成功だね。
具は鶏肉、ごぼう、油揚げ、人参、こんにゃく、干し椎茸。
お〜、ほんとに五目じゃん(笑)。

torigomoku2.jpg
おかずの「豆腐ステーキのあびあんかけ」は
あんが多すぎて見た目が良くないので、ぼやけている(笑)。

うちに土鍋が来てから、電気炊飯器はすっかりホコリをかぶり
先日はコンセントまで抜かれてしまった。

しかし、今年こそ宿の夕飯しっかり食べて、前夜祭でも蕎麦とおでん食べて、おかわりもして・・・くらいの食欲があるのに、残念だったなぁ。
posted by はきこ at 21:07| 東京 ☀| Comment(0) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

コメント時の認証コードについて

最近、くだらない書き込みがめっきり増えてまいりました。
そこで、コメント時に認証コードを入力するように設定しました。
一部のおかしな方々のせいで、皆様にはお手数をおかけいたします。
でも、あんなのに引っかかる人も居るんですって。
そんなに魅力的なんでしょうか?

早くこれを導入しとけば良かった(笑)。
posted by はきこ at 09:31| 東京 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

ししゃもクン、届く

昨日はあれから、すぐに水にさらしていた、ごぼうとれんこんを水切りした。
さぁて、今日のきんぴらは初めてひき肉入りにするし、主菜は肉々しくないものにしないと。何にするかなぁ、お魚かなぁ。・・・なんて思っていたら、玄関のチャイムが鳴った。クロネコさんだ。荷物が届く予定はなかったんだけど・・・。
sishamokun.jpg
鵡川のししゃもだぁ〜(嬉)
働いていた頃、物産展めぐりが大好きになって、いつも季節が巡ってくるのを楽しみにしていた。外国のニセモノじゃあなくて、身がふっくらした、鵡川のししゃもは、毎回買おうか買うまいか悩む名産だった。いつもは、安いけど実は美味しいオスのししゃもだけ買って帰ってくるんだけど、送られてきた箱にはオスとメス、両方入ってる。
送ってくれたのは、北海道旅行でお世話になった、札幌のかずさん。blogで、毎年行われているししゃもオフに行った事は存じ上げていたんだけど、ウチの事を思い出して、現地から送ってくれたようだ。ありがとうございます(涙)。
もうこれで、悩みもすっきり解消。食卓にはししゃもクンが並んだ。
sishamogohan.jpg
今日のお献立
ひき肉入りきんぴら(ごぼう、れんこん、にんじん)
小松菜のごまあえ
ししゃもクン(メス2、オス1)
なすと油揚げのみそ汁
土鍋炊きご飯

そういえば、前の日は秋鮭のちゃんちゃん焼きだった。
北海道シリーズ開催中。
posted by はきこ at 13:54| 東京 ☀| Comment(2) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

断水中

ふわわぁ。オハヨゴザイマス。
rody.jpg
断水中です。30分だけなんだけど。
朝から洗濯機まわして、時間が余ったし、寝太郎も寝ているから、夕飯のきんぴらのごぼうとにんじんをささがきにしていた。れんこんも入れちゃえ。主菜は何にしようかなぁ・・・と考えていたら、断水の時間になった。
このRody、たまたま入った輸入子供用品のお店で、キズものだからと爆安で売っていた。本国(イタリア)なら定価で売るんだけどねぇ、と店主がおっしゃっていたっけ。どうせ使ってるうちに、キズだらけになっちゃうもんね。
このお店に、すっごく可愛い服が売っていたんだけど・・・女の子の服なんだよねぇ(笑)。
さて、そんな事言ってる間に、断水の時間が終わるわ。
またキッチンで仕事するか。
posted by はきこ at 09:30| 東京 ☀| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

おふすまさま?→うぶすなさまでした(笑)

日曜日、連れの兄弟(上に二人いる)と、その子供達(寝太郎にしてみればいとこだな)に、寝太郎をお披露目してきた。すぐ上の兄貴にも5月に男の子が生まれたから、全員集合するととても賑やかになる。先週から寝太郎が「あ〜う、あ〜う」と声を出し、たまに笑うようにもなった。この日は機嫌が良かったようで、みんなに囲まれて嬉しそうに声をあげていた。
抱っこしていると、天井の一点を見つめている事がある。ゆらゆら揺らしても、そこを見つめて目の玉がくりくりと動くのだ。「何か居るのかねぇ」と連れと話していたら、すぐ上の兄貴のお嫁さんが「うちの田舎では”おふすまさま’が居るって言うんですよ」と教えてくれた。おふすまさまとは、氏神様の事なのだそうだ。彼女の田舎は長野県の松本市である。ネットで検索をしても”おふすまさま”ではヒットせず、どんな謂れがあるのか、どんな字を書くのかなど、詳しい事は良くわからない。
寝太郎がじぃっと天井を見つめていると「おふすまさま?」と、同じ所を見てみる。残念ながら姿は見えない。
追記
posted by はきこ at 23:38| 東京 ☔| Comment(4) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

デカフェ

妊娠中からコーヒーを飲む事を控えている私。我慢と言うほどではないが、それでもコーヒーショップの前を通ると「うぬぬ、ちょっと飲んでみたい」という衝動に駆られるのも事実。
でも今はこんなコーヒーがあるのね。
97%CUT.jpg
カフェイン97%カットの、インスタントコーヒー。
この際、インスタントが嫌だとか、贅沢は言わん。インスタントだが、立派にインスタントコーヒーの味がする、このコーヒーを歓迎しようではないかっ。
今日、スーパーで668円で購入。家に帰って早速飲んでみた。普段はカフェインがすぐに効いて、眠気がなくなる私も、飲んだ後すぐ寝太郎と昼寝ができた。これは正しくカフェインレス。まぁ、いい気になってがぶ飲みせず、大事に飲もうじゃあないの。
欧米ではずいぶん前から飲まれているらしい。そして、飲食物からカフェインを除いたり、カフェインを添加しなかったりする事を「デカフェ」と言うのだそうだ。へぇ。
posted by はきこ at 17:20| 東京 ☀| Comment(4) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

そこまで来ている

明日、児童館の”赤ちゃんひろば”参加者を対象に行われる「わらべうた講座」に参加しようと思い、今日は申し込みがてら、児童館まで行った。
窓口で参加希望の旨を伝えると、赤ちゃんひろば担当の保健婦さんが対応してくれた。
「実は、そこの小学校でインフルエンザが流行りだして、2クラスが学級閉鎖になったんです。まだ小さい赤ちゃんばかりですし、せっかく予定していたんですけど、中止になってしまいました。」
なぬっ。すぐそこの小学校じゃないか。
連れの会社でも、お子さんがインフルエンザにかかり、念のため会社を休む方もぼちぼちいらっしゃると言う。まぁ、過剰反応も良くないとは思うが、寝太郎がどうなるかわからないので、ここはひとつ、家でおとなしくしているか。
posted by はきこ at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

ある日突然、刺さるの

最近、朝からラジオを聴くようになった。いきさつは連れのブログの通りで、ピーター・バラカンさんの番組が始まったから。
ちなみに、Madeleine Peyrouxのライブに行った時、ピーターさんもいらっしゃっていて、握手をしてもらった。「四半世紀、大好きです」と告白したら「歳がバレますよ」と笑われた。
番組では、懐かしいものから、こんな曲あったよねぇというもの、そして知らなかった素晴らしい音楽が紹介される。毎日が懐古と発見なのである。楽しい楽しい。番組が終わった後も、引き続き”InterFM”を聴く。このラジオ局は、わりと良質な音楽がかかるので、チャンネルを変える必要があまりない。
ラジオの良いところは、番組の時間の都合以外では、曲を最後まで聴ける事。家で自分のiTunesに入っている曲を聴いていると、好きな曲でも「今はちょっと気分じゃない」とか「聴き飽きた」という理由で途中で飛ばしてしまう事もある。聴き慣れた曲も、改めて最後まで聴くと、あれ、この曲って今更ざっくり刺さるわぁ・・・なんて曲もあったりして。
最近のお気に入りはこの曲。

Daryl Hall & John Oates ”One On One”
私が良く聴いていた中学生の頃。当時はPrivate EyesやWait For Me、Say It Isn't Soなどを好んで聴いていたが、2年くらい前だったか、連れと音楽を聴いていて「あれ、この曲、こんなに良かったっけ?」と、ある日突然、ざっくり刺さってきたのである。それはもう、ざっくりと。
はめ込みの画像を、比較的最近の彼らのものにしたのは理由がある。海外では、古くて良い曲を当たり前のようにかける。こうやっていつまでも二人で歌えるのは、過去のヒット曲が、今でも充分に人を魅了し、曲が現在の財産として彼らの中で生きているから。日本ではそういった事がほとんどなく、音楽番組ではおもしろがって「あの人は今」のように紹介する。だから、本人も嫌がって出てこなかったり、もうあの曲を歌うのは飽き飽きしたと、歌いたがらない人も居る。
ある日本の歌手の方が海外に行った時、ホームパーティーで弾き語りを披露した。海外の誰かの曲を歌ったが反応は薄く「あなたの曲はないのか?」と聞かれた。そこで彼女は日本で昔ヒットした、あまり歌いたくなかった曲を披露した。歌い終わって大喝采で受け入れられた時「やっぱり私はこの曲から始まっているんだ」と認識したと言う。
interFMでは、海外の音楽がほとんどだが、時代を問わず良い音楽を何でもかける。日本のテレビ、ラジオの音楽番組も、もっともっと古い音楽を流せば良いのに。
posted by はきこ at 12:30| 東京 ☁| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

2ヶ月

寝太郎は今日で2ヶ月を迎えた。まだそんなかぁ。
最近の寝太郎は「昼間寝太郎」で、夜になるとぱっちり目を覚ましてしまう。この時期に良くある昼夜逆転である。昨日も3時まで起き太郎。これは昼間に起きていてもらうしかないなぁ。育児書によると「昼間は外の空気に触れさせ、刺激を与えてあげましょう」とのこと。
それならば、ぼちぼち散歩も良いだろうと、昨日は寝太郎と近所の児童館へ出かけた。住んでいる市にはおむつを捨てる専用のゴミ袋があって、児童館で無料配布している。ソレをいただくのと、児童館では乳幼児の集まりや、測定ができる日があると聞いたので、どんな感じなのか偵察に行くためである。体重測定と、2ヶ月から参加できる「赤ちゃんひろば」は14日、つまりは今日行われるとの事。ちょうど2ヶ月目だし、これは良いタイミング。
そんな訳で、今日も寝太郎を連れて児童館へ。集会所は午前10時から解放されていて、私が行った11時すぎには、7〜8人のお母さんが赤ちゃんを連れて来ていた。寝太郎は一番小さい。同じ学年になる赤ちゃんや、1ヶ月違いの子も居たが、この頃の1ヶ月はの差は相当大きい。
出席表のようなものをくれた。
akachan.jpg
毎週水曜日が赤ちゃんひろばの日。第2週目が測定の日。遊びに行くと、シールを1枚もらえる。鳥さんの絵に貼っていって、いっぱいになると、プレゼントがもらえるらしい(笑)。右側には測定結果が書き込めるようになっている。近所に知り合いも居ないし、行けるときは顔を出してみようかな。
身長は56cm、体重は5520g。順調、順調。
順調だけど・・・今日は寝てくれるんだろうか(汗)。
posted by はきこ at 20:30| 東京 ☔| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

おでん

3連休。でも相変わらず子育てに休みはないのよ。
それでも今日は、連れが「俺がおでんを作る」と言ってくれた。妊娠中、いつもは大好きな和風の煮物が食べられない時期があった。それが寒い時期だったから、おでんを食べる機会を何となく逃していた。出産して退院後、3日間ほど連れが食事を作ってくれた事があり、その時におでんが出てきた。真夏だったけど、よっぽど食べたかったらしい(笑)。今年は涼しかったから、とても美味しくいただいた。おでんはそれ以来。
おでんと鍋はいつも連れまかせだから、私はその間・・・うむ、結局お掃除してたんだけどね(汗)。それでも、夕飯の心配をしなくて良いのは、とても助かる。
連れは皮をむくのがニガテで、大根とじゃがいもには苦労していたようだ。下ごしらえも色々あるし「大変だから手伝おうか?」と言ったら「一人でやる」と言うので、私は黙々とお掃除をしていた。危なっかしい手つきでじゃがいも剥いてるなぁと思ったら・・・。
fushou.jpg
やっちゃった(笑)。
連れのおでんのポイントは、しょうが、にんにくを隠し味に入れる事。大きく切ったじゃがいもが入るのは、私のお気に入りである。
oden.jpg
posted by はきこ at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

思いがけず

ウチが結婚と同時に買った洗濯機が、リコールの対象となった。乾燥機能を使うと問題が起きるとの事。本体交換の機種もあったようだが、ウチのは修理で済むらしい。
洗濯機の乾燥機能を使う事はめったになかった。時間がかかって、乾きにムラがあったりして。浴室に乾燥機が付いているが、これを使うこともめったにない。すんごいガス代かかるんだもん(涙)。じゃあ、雨続きの時はどうしているかって言うと、ポータブルの除湿乾燥機を使っている。コレ、時間はかかるけど、多分一番安上がり。いいわよぉ。部屋や布団も乾燥できるし、ウォークインクローゼットなんかも、まるごと除湿できる。そして衣類乾燥モード。まめに機械からの風当たりを変えてあげれば、しっかり乾く。
おっと、話が逸れた。
そんなわけで、それほど使う事の無い部分のリコールなんだけど、悪い部分は直してもらわないとと思い、電話をかけて修理に来てもらう事になったのが、昨日の話。
午前中に来て、大きな洗濯機をバラし始めるうちに、なんだか問題が起こったらしい。あまり詳しい事はわからないが、修理だけの話が、いつの間にか本体交換になってしまった。
昼過ぎには、新しい洗濯機が到着。
sentakuki.jpg
「なってしまった」って、勿論、新しい洗濯機は嬉しいんだけど、なんだか悪いような気がして「本当に良いんですか?」と何度も聞いてしまった。だって、今までよりも容量は大きいし、電気や水の節約もできるし、機能も上みたいだし。
まぁ、なんだかんだ言っても嬉しいものは嬉しい(笑)。
なんと言っても、今は寝太郎も居て回す回数が多いので、時間が短縮できる。朝の15分、2回まわせば30分節約できるのだ。凄い凄い。
それと、新しい機能の空気洗浄では、ぬいぐるみやおもちゃなども除菌、消臭できる。うちには、全国を一緒に旅をして、汚れてしまった「ししお」が居る。
haisen.jpg
手宮線廃線跡とししお。
他のぬいぐるみで実験後、コイツを洗ってあげたいなぁと。
・・・でも絶対居るよね・・・犬や猫を放り込んじゃう人。ぎょえ〜。
posted by はきこ at 12:38| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

内緒だよ

昨日の、赤ちゃんの夢の話で思い出した事があった。

赤ちゃんは生まれるまで、神様や天使と一緒に過ごすのだそうだ。
そして神様の元を離れる時
「ここで見たことは、絶対に内緒だよ」と約束をする。
神様が人差し指を立てて「しーっ」をする時のように
赤ちゃんの口に指を当てる。
鼻と上唇の間にある窪みは、その時についたものなんだって。

母ちゃんはもう、そんな事すっかり忘れてしまったよ。
お前はまだ覚えているんだろ?
うりうり、教えてみぃ。
と、寝太郎のほっぺたをつついてみたりして。
posted by はきこ at 11:42| 東京 ☁| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

赤ちゃんの夢

すやすや眠っている寝太郎が、突然「ほぎゃ〜」と泣いた事がある。寝太郎は線香花火のように、くすぶって徐々に大きく泣くタイプなので、連れとびっくりして顔を覗き込んだ。怖い夢でも見たのかと話していたが、はて、赤ちゃんが見る怖い夢ってどんなだ?
そこで思い出したのがこの本。
hoshi.jpg
星新一さん「ブランコのむこうで」
私が読書を好きになるきっかけになった本。
母が読めと勧める本はなんだか説教臭く、当時の私にはどうもとっかかりにくいものばかり。読まなきゃ怒るし。(なんじゃい!)そんな私に姉が勧めてくれた。ショートショートで有名な星さんだが、この小説は長編のファンタジーだ。これがきっかけで、星さんのショートショートを姉から借りたり、自分で買ったりしていくつか読んだ。この後、SFファンタジーや推理小説、エッセイや気に入った作家の作品などを読むようになり、現在は歴史小説を好んで読んでいる。
妊娠中から読んでいた「竜馬がゆく」は、7巻まで読んだところで出産となり、それからは寝太郎の世話でなかなか読む事ができなかった。久々に開いてみたら、少し遡らないと内容が掴めない状況。長文を読むにも集中力を欠いている。そこで、軽い雑誌を読む事から文章に慣れていって、徐々に竜馬に戻ろうと思いついた。リハビリってところか。雑誌に慣れたところで「ブランコのむこうで」を思い出したので、読んでみる事にした。
さてさて、ここで赤ちゃんの夢の話に戻ろう。この話の主人公の「ぼく」は、自分にそっくりな少年と出会ったのをきっかけに、他の人の夢の「舞台」となる次元を渡り歩く事になる。お父さんの夢や、病気で寝たきりの少年の夢、自殺を図った女性の夢など。その中に、新生児室に居る、生まれたての赤ちゃんの夢が出て来たのだ。世の中の経験をしていない赤ちゃんは、生命の流れを遡った、はるか遠い時代の夢を見るのだ・・・という事になっている。夢には恐竜やマンモス、頻繁に爆発を繰り返す火山などが出てくる。
とすると、さしずめ寝太郎はティラノザウルスの夢でも見ていたのか。喰われなくて良かった(笑)。
さすがに、話の内容も文章も簡単で、あっさりと読み終わった。軽すぎたかなぁとは思うが、これでやっと竜馬にも戻れた。文章に慣れないお子さんが居たら、試しにこれを勧めるのも良いかもしれない。きっかけさえ掴めれば、色々読めるようになるカモ。ただし、私は相変わらず「How To 本」が読めない・・・。
ちなみにこの本のカバーは昔のもの。今ではもっとファンシーな装丁になっている。星さんの作品の挿絵としては、真鍋博さんがあまりにも有名。星さん独特の、最後にドスっとくる、シュールな話の結末にふさわしい、最高の組み合わせだ。(「ブランコ・・・」の挿絵は別の方が描いている。)
今の挿絵も変わっていなければ良いけど。
posted by はきこ at 12:58| 東京 ☀| Comment(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

昇格

今更なんですが
今日から寝太郎の紙おむつが
新生児用からSサイズに昇格
posted by はきこ at 23:36| 東京 ☔| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さんまご飯

昨晩は予告通り、土鍋でさんまご飯を炊いた。
3合炊きで、3合の炊き込みご飯は大丈夫なのか?という連れの心配する声もあったが、つい欲張って、どーんと炊いてしまった。だから鍋がいっぱいいっぱい(汗)。
それでもちゃんと炊けました。
sanma.jpg
でも次は無理しません・・・。
本当は頭やわたごと炊いてしまいたかったが、さんまを買って来たのが昨日だったので、保存する都合上、頭とわたは取り除いた。炊飯器で炊いた時は、圧力が加わって骨がほろほろになりすぎて、後で骨を取り除くのに苦労した。土鍋の方が骨がしっかり残るので、取り除きやすい。写真の状態から骨を取り、さっくり混ぜて5分くらい置くと、水分を保ったまま米粒がしっかりと立ってきて、凄く幸せな感じになってくる。むひひっ。
使った後の土鍋は、想像していたよりも臭い移りがなくて、普通に洗ったらすっきり綺麗になった。次の炊き込みご飯は、鶏にごぼうやきのこを入れようかなぁ。
今日はこの後、私のお昼ご飯用に玄米を炊く練習をする。
むむぅ、もうお腹空いてきた(涙)。
posted by はきこ at 10:49| 東京 ☁| Comment(2) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

主役は白いご飯

うちで寝太郎と二人。まだ思うように出かけられなくて、買い物は週末にまとめて一週間分済ませるから、ヒマな時は一週間分の献立を考えたり、レシピサイトを閲覧したり。
だって、腹ぺこなんだもん(涙)。ついご飯の事考えちゃう。
2週間ほど母が手伝いに来てくれていて、母が帰った後、家事復帰第一号のメニューは「さんまご飯」だった。すんごく美味しかったんだけど、炊飯器で炊くのって色気ないわよね。土鍋で炊いたら旨いんだろうなぁ、なんて思っていた。前から欲しいとは思っていたけれど、手が出ないと言うか、ピンと来ないというか。街で見かけて「買ったら?」と連れに言われても「うーん、今は買い時じゃない気がする・・・」と躊躇していた。
ところがある朝、岡山のお友達の陶工房ゆうらぼさんのBlogを見ていて、ビビビっと電気が走ったね。こちらのBlogで、作品が買われて行く事を「嫁ぐ」と表現しているけれど、まさに「む、娘さんをお嫁にください!」って感じ。すぐにメールをしたらお電話をくれて、予約とギャラリー納品で品薄なところを、ギリギリ滑り込みセーフでひとつ用意してくださるとの事。一年に一度しか焼かない作品だそうなので、今年ゲットできたのは、お腹を空かせている私に、神様からのご褒美かもしれない。おろろ〜ん(涙)。
それが金曜日に嫁に来た。
donabe1.jpg
お手紙の指示通り、小麦粉と水と米のとぎ汁で「土鍋丈夫の素」を作ってくつくつと弱火で煮て、じっくり冷ましたら、その日の晩ご飯から使えるようになった。
最初からさんまご飯を炊くのは、炊き方も慣れていないし、新しいから臭いもとれにくいかもとの事なので、とりあえず白米炊いて練習してみた。最初の日は土鍋が水分を吸ってしまったようで、すこーし固めに炊きあがってしまったけれど、それでもつぶがしっかりふっくらで、気絶するほど旨かった。二回目の土曜の晩は、水を多めにしたので、今度は固さもちょうど良く大成功。
写真では美味しさが伝わらないのが残念。
donabe2.jpg
内蓋もあるから、適度な圧力も加えられるのよ。
この日のおかずは、れんこんとごぼうのつくね、ほうれん草ともやしのナムル、かぼちゃとタマネギのみそ汁。それと、今日の主役は白いご飯!
donabe3.jpg
すべてのおかずは、白いご飯を美味しく食べるため。だから、後ろのおかずはぼけぼけの写真なのだ(笑)。連れと「幸せぇ〜、幸せぇ〜」とつぶやきながら、白いご飯をわしわしとほおばる。電気炊飯器には、しばらくの間お休みいただくかも。
今日はさんまご飯を炊くぜぃ。
posted by はきこ at 15:47| 東京 ☁| Comment(2) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

腹ぺこ

帝王切開の術後、食事は流動食から徐々に通常食へと戻っていく。3日後の朝から普通の食事ができるようになっていた。

夕食の時間。配膳された食事が、どうもおかしい。
米飯 鯖塩焼き 染めおろし 竹の子煮 お浸し オレンジ

ここまでなら普通のメニューなのだが、さらに
鮭おにぎり ポチプラス(栄養補助ドリンク) 無脂肪ヨーグルト

面会に来ていた連れと思わず二度見した。誰かのダイエット食が、間違えて一緒に配膳されたのかと思ってしまうほど。配膳してくれた助産婦さんを呼び止め「す、すみません、なんか凄く・・・多くありません?」と聞いてみた。「それね、夜11時頃まで食べられるから、お腹が空いたら食べてくださいね」との事。いくらなんでも、そんな食欲は(笑)。
と思ったら、全部平らげていた。もの凄くお腹が空いていたのだ。
お膳を下げに行ったら、ちょうど先ほどの助産婦さんが居て「食べられました?」と聞かれ、平らげましたと答えると「食べた分だけ赤ちゃんの栄養になりますから、いっぱい食べてくださいね」と言われた。母乳が出ていると、それほどお腹が空く。私の友達も「夜中にパンを一袋、むしゃむしゃと食べた事があって」と言っていたから、私だけではないようだ。
とにかく、お腹が空く。出産前に食べていた朝ご飯のメニューでは足りず、最近では午前中からスープを作る。冷蔵庫の野菜をテキトーに入れていーっぱい作って、お腹が空いたら飲むのだ。今日はお昼に具沢山でつゆだくの煮込みうどんを作った。これで夕飯までごまかせる。
夕飯は、今までの小食がウソのように、お茶碗にご飯をてんこ盛りにする。さらにおかわりをすれば、多分連れよりも食べている。
夜中、授乳で起こされると、もう朝ご飯が待てない。思わずつまみ食いする。
「二人分食べなさい」と言うのはこういう事なのね。それでも、食事に色々制限があるから、やみくもに食べるわけにもいかない。詰まるの怖いもん。
後で「出産で太っちゃってぇ」と言わない為にも(笑)。
posted by はきこ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。