2009年10月26日

おふすまさま?→うぶすなさまでした(笑)

日曜日、連れの兄弟(上に二人いる)と、その子供達(寝太郎にしてみればいとこだな)に、寝太郎をお披露目してきた。すぐ上の兄貴にも5月に男の子が生まれたから、全員集合するととても賑やかになる。先週から寝太郎が「あ〜う、あ〜う」と声を出し、たまに笑うようにもなった。この日は機嫌が良かったようで、みんなに囲まれて嬉しそうに声をあげていた。
抱っこしていると、天井の一点を見つめている事がある。ゆらゆら揺らしても、そこを見つめて目の玉がくりくりと動くのだ。「何か居るのかねぇ」と連れと話していたら、すぐ上の兄貴のお嫁さんが「うちの田舎では”おふすまさま’が居るって言うんですよ」と教えてくれた。おふすまさまとは、氏神様の事なのだそうだ。彼女の田舎は長野県の松本市である。ネットで検索をしても”おふすまさま”ではヒットせず、どんな謂れがあるのか、どんな字を書くのかなど、詳しい事は良くわからない。
寝太郎がじぃっと天井を見つめていると「おふすまさま?」と、同じ所を見てみる。残念ながら姿は見えない。
追記
posted by はきこ at 23:38| 東京 ☔| Comment(4) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。