2009年12月21日

おまけ

寝太郎には生まれた時に「おまけ」が付いてきた。
fukuji.jpg
副耳(ふくじ)と言う。福耳じゃないのよ。
生まれてすぐに連れが気がついた。特に悪さをする物ではないから、見た目の問題でどうしようかという物である。生まれた病院で小児科の医師から「後で形成外科にかかって診てもらってください」と言われていたので、医者の待ち時間が楽になる、首が座る頃に診てもらおうと思っていた。先々週に行く予定が、私が風邪をひいてしまって計画が延び延びになってしまっていた。
最初はちょっとびっくりしたが、4ヶ月も毎日見ていると、このおまけも寝太郎の一部のように感じてきて、なんだかとてもいとおしいのだ。医者に行くぞと決めた今朝も、何となく寂しい気分。
幸い形成外科は空いていて、30分ほどの待ち時間で診てもらえた。最初に触診で中に軟骨などがないかどうかを確認して写真を撮り、もう一度違う先生に診てもらった。
「これを取る方法は二つあります。まずは1歳くらいになったら全身麻酔をかけ、副耳を切った後、きちんと縫い合わせる。入院が必要になりますが、こちらは跡がきれいになります。もうひとつは糸で縛って壊死させる。こちらは切り株のような跡が残ってしまいますが、今すぐ処置が始められます。中学生、高校生くらいになって本人が跡を気にするようであれば、この時は部分麻酔できちんと縫い合わせる事もできます。」
1歳に全身麻酔も大変そうなので、縛る方を選択した。「縛る時、もの凄く泣きますよ。でも、病院を出る頃には忘れます。お風呂は普通に入ってかまいません。1週間くらいで黒くなり、ぽろっと取れますよ。」看護婦さんが2人と私が寝太郎をなだめながら支えて、先生が医療用の糸できゅっとおまけを縛ると、寝太郎は「ぴぎゃー!」と顔を真っ赤にして泣いてしまった。でも診察室を出て、待合室でしばらく抱っこしていると、機嫌は悪そうだが泣き止んだ。
小児科の授乳室を借りて授乳をして、会計を済ませたらすやすやと寝始めた。むむむ、もうお昼だ。母ちゃんお腹空いたよ(涙)。気持ちよく寝ているので、地下にあるスタバへ久々に立ち寄ってみた。デカフェも扱っていたので、ミルクでミストにしてもらった。シナモンロールも付けちゃえ。へへっ。
sd.jpg
帰ってきてから連れに色々と報告。でもやっぱり2人で「なんだか寂しいねぇ」とちょっと複雑な思いなのだった。

今日の寝太郎:4
本当はちょっとグズられちゃったので3くらいなんだけど
病院の待ち時間も良い子にしていたし
縛られた時もあまり泣かずに頑張ったので
posted by はきこ at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。