2010年02月06日

空気って旨いよ

肩こりの悩みは、もう10代から続いていた。ピアノを1日に2〜3時間も弾いていると、どうしても体に力が入ってくる。譜読みは得意じゃなかったから、新しい曲を始める時は楽譜を凝視しすぎて目も疲れる。(頑張ったわりには上手くならんかったがね)
妊娠してからも運動不足が続き、出産してからはなお、下を向いて作業をする事が多くなり、肩こりがひどくなった。そこへまた先週は風邪をひき、熱が出てお腹をこわして寝込んで・・・というと、もう体が痛くてしょうがない。自分で体を伸ばしてみたり、昔習ったヨガのポーズをやってみても、ある所まで行くと体が伸ばせなくなるほど、体がガチガチになっていた。大きく息を吸っても体が広がらず、空気が入って行かない感じ。
見かねた連れが「おおいそさんに相談しよう」と言ってくれた。名前がおおいそさんじゃなくて、大磯で「大磯治療院」を開業されているから、おおいそさん。ここを見に来る方ならご存知の方も多いと思うが、2CV繋がりのお知り合いである。
先週予約の電話を入れた時に比べると、体の調子はだいぶ良くなったが、右肩が重く、息苦しいのは相変わらずである。おおいそさんは「痛いけど効く」という針を勧めてくれた。どんな痛さかわからないけれど、産後の痛さと比べれば、たいていの痛さには耐えられる。その痛いの、お願いしてみようじゃないの。
なんと説明して良いかわからないけど、押すと痛い部分を内側から直接つまんで、なんやらぐりぐりとされてる感じ。でもこれをやって丁寧に揉んでもらったら、胸が開くようになり、肩の重さもスッキリした。思い切り息を吸い込むと、腰の方の筋肉までラクに動く感じになっていた。空気が旨い(涙)。
治療の後は、おおいそさんお勧めのラスカル食堂へ。
oshmugi.jpg
塩豚と押し麦のシチュー。
最近、うちでも塩豚ブーム到来中。これは真似したいなぁ。
posted by はきこ at 23:51| 東京 ☀| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。