2010年02月27日

はー、ちかれた。

連れが無事米国より帰国。
洗濯とか食事の支度はずいぶんラクチンだったけど、やっぱり居ないとその他の事がキツい。夜は怖いし、不安だし。
例のゆずは、全部食べられる物に化けた。ゆずカードは、ゆずの果汁と卵、無塩バター、グラニュー糖で作る。酸っぱ甘くて、トーストに塗って食べたら美味しかった。クリーム系のチーズと合わせたら絶妙だなぁ。
マーマレードで余った皮を、フードプロセッサーでみじん切りにして、天日干しにした。うどんやみそ汁にぱらぱらっと加えると、素敵なゆず風味に。これは連れのお母さんに教わった。
マーマレードは瓶に4個分できた。
2-24.jpg
ほぼ1日がかり。何個扱ったかは覚えていないけど、多分60個はあったと思う。ゆずを搾る作業では、手の小さな傷にゆずが沁みて、手がふやけた。シビれる作業だったけど、美味しくできた。
お雛様の飾りは、児童館で作ったもの。材料は全部用意してくれて、子供の性別に関係なく「お母さんはみんな女だから」と、全員で作った。これが個人的にはすごく盛り上がって「たのしー、たのしー」と言いながら黙々と取り組んだ。
そんな訳で、留守中の我が家はずーっとゆずの香りがしていたのだった。
posted by はきこ at 23:56| 東京 ☔| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。