2008年07月07日

鉄道博物館

「楽しかった」と言ってしまおう。もの凄く。連れと10時半頃に入場し、5時頃までガッツリ見て回った。
teppaku.jpg
おそらく、このネタに関しては連れの方が詳しいので、あれこれはそちらにお任せしておいて、今回は「私の電車の好きな部分」をご紹介する。
まずは此れ等。
kata-4.jpgkata-3.jpg
kata-2.jpgkata-1.jpg
形式。
意味不明のイロハの組み合わせのようだが、これがどんな働きをする車両なのか、重さはどのくらいなのか等、車両の色々な情報がわかる。ここに来る方なら私よりずっと詳しい方が居そうなので、詳しい説明は割愛させていただく。「クモユニ」なんてちょっと名前が可愛いね。
次はこちら。
gaisi-2.jpggaisi.jpg
碍子(がいし)。
昔の会社がちょっとこんな感じの関係のお仕事で、発電所や変電所なんかにある、もっと大きいのなんかも、見てるとちょっと楽しい。左の写真は新幹線のパンタと碍子。右の写真は「交直流両用」のモハ君の碍子。
碓氷峠越えでお馴染みのアプト式君は、下から見る事ができた。
aputo.jpg
ラックレールは噛み合わせを見やすくするためか、透明な材質で代用していたけれど、これでガシガシカキンカキンと音を立てて歯車を噛みながら、66.7パーミルを登って行ったのを想像すると、ちょっとわくわくするわ。
この他にも、小さい子供達が電車の種類や駆動の仕組み、動力の取り方などを体験学習できるようになっていたり、大人でも実際のレバーを動かして台車の動きを観察できたりと、ちょっと本物気分が味わえる。おそらく現役で運転手として働いていたであろうご老人も、目を輝かせながら見入っていた。
平日ならだいぶ動員も落ち着いたようなので、機会があれば是非どうぞ。
婦女子がどれだけ楽しめるかは各々の教育次第だが、お父さんに食いつくように説明を求めていた熱心な女の子も居たりしたので、試しに連れて行ってみる価値は・・・ん〜、微妙だ(汗)。
【関連する記事】
posted by はきこ at 23:21| 東京 ☁| Comment(4) | てつ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鉄ってますな。
そんな鉄っ子には、青函連絡船の八甲田丸がお勧めですよ。
なーんもないけど、何もないのが、またイイ!
http://f46.aaa.livedoor.jp/~yebisu/driverec/20020407.html
Posted by lfo at 2008年07月09日 09:17
この鉄分は、みんな連れのせいです・・・おかげで貧血シラズ(嘘)。
八甲田丸、車両が積めるんですね。スゴイ。〒式の電車も見えますね。
青森は弘前に行った事があるのですが
桜の季節に合わせて行ったのに、桜前線が間に合わずもの凄く寒くて
「んじゃあやっぱり太宰っしょ」って、車で金木を目指したら
場所が分からずにスルーしてしまった悲しい想い出があります(涙)。
リベンジは八甲田山ミステリーツアーと、八甲田丸も加えます。
Posted by はきこ at 2008年07月09日 17:48
す、スゴイ!!
Posted by おっちゃん@2CV at 2008年07月10日 13:41
すごかったです!!
関東においでの際には、是非どうぞ。
お昼ご飯は「日本食堂」がオススメです。
私はカツサンドのセットを食べました。
Posted by はきこ at 2008年07月10日 17:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。