2009年08月08日

気がついたら

来週の今頃、私はもうお母ちゃんだよ。
8月14日にいよいよ帝王切開による出産である。

ここまで決して短いわけではなかったし、ちょこちょことトラブルにも直面していた。副鼻腔炎に口唇ヘルペス。現在も「妊娠糖尿病」と診断され先週から大騒ぎ。後期に出る場合はほとんど妊娠中だけの症状(ただし、将来的には糖尿病になる可能性アリ)に治まる。しかも出産まであと2週間。保険のきかない血糖値を測る機器を買って、出産まで血糖値をコントロールするのがベストとの事。しかしどうも強制ではなさそうで、それを買えば「治る」というものでもない。1日の食事を6回にして、血糖値に関わる炭水化物や糖類などを分割して摂り、血糖値を一定の数値以上あげないようにする「分割食」で対応中。これをやったら1週間で数値はだいぶ安定した。
ここまでで7kgしか体重が増えておらず、アルコールも「我慢」というほどでもなく、食事に気をつける事にそれほどのストレスも感じずにやってきた。さすがに甘い物を食べたい欲求はあるけれど、コンビニなどに売っている「カロリーコントロールアイス」ならば、他の食べ物とのバランスを考えながらなら食しても大丈夫と、栄養士の方からアドバイスをいただいた。ビールの「プリン体オフ」「糖質ゼロ」「ノンアルコール」などと同じ感覚ではあるが、それらがイマイチ味気ない一方、このアイスはなかなか優秀である。良い時代だ。

会社を退職し、6月から出産の準備を進めてきた。子供の洋服や寝具、自分の入院も含めて「ん〜、大丈夫なのかなぁ」と心配はあるが、入院中は連れがずっと休みをとってくれているので、足りなかったら「買ってきて」とお願いできる。
困ったのはお天気。着るものを買いそろえたところで、一回洗濯をしておきたかったのだが、梅雨があけても天気がすっきりせず、毎日空模様とにらめっこ。今も布団を干すタイミングを見つけているのだが、週間天気予報が毎日毎日変わり、晴れの日がどんどん先へ逃げていく。あと4日で晴れの日があるのかしら(涙)。

スリングを作った。最近流行の「だっこひも」だな。リングのないタイプ。
sling.jpg
ほんとはこの生地で、自分の服でも作ろうかと思っていたんだけどね。久々のお裁縫、なかなか楽しかった。子供が産まれたら洋服も作りたいなぁ。

帝王切開で、例えば入院までに破水したり、出血があったりしたらどうなるのかと医者に質問をしたら「何があってもお腹は切る」との事。普通、この時期は体を動かす方が安産への道なのだろうけど、ここまで来たらお腹切る痛さだけにとどめたい。家の仕事を少しずつこなしながら、おとなしく14日の出産を迎えられればなぁと。
posted by はきこ at 22:10| 東京 🌁| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出産経験がないので、「頑張れ」って言えないが、私の初孫も8月生まれ。もうすぐ2歳。可愛いぞーー。
私は、子供が出来て、初めて生命の尊さ、子供の可愛さを感じた(父親は、母親に1年遅れて父になる、って30年前は言っていたが・・)
来年の今頃、1歳の子供のことを考えたら、総てに元気になれるぞ。
Posted by 牧師 at 2009年08月09日 20:27
>牧師さま
ご無沙汰しております。
生憎のお天気で、どうやらお布団も干せない感じなんですが、おおむね準備も整いました。予測のつかない事ばかりで、足りないものもあるかと思うのですが、一番足りないのは親の自覚かな(笑)。いやもう、出てきたらいっぱいいっぱいだと思います。
なんだかオカシな世の中ですが、人の道だけは踏み外さず、他人に迷惑をかけない子に育って欲しいものです・・・親次第ですよね。
Posted by はきこ at 2009年08月10日 21:38
うちはたまたま3人とも普通に出てきました。
安産体型だったのかな。

無事に生まれることを祈っております。
Posted by まっひゃ at 2009年08月11日 15:54
>まっひゃさま
「高齢だし」と医者にははっきり言われましたよ(笑)。
実際、ここまでで年齢を実感する場面は何度もありました。
でもここまできたらまな板の上の鯉・・・いや、狸かな。
Posted by はきこ at 2009年08月11日 22:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。