2009年10月04日

主役は白いご飯

うちで寝太郎と二人。まだ思うように出かけられなくて、買い物は週末にまとめて一週間分済ませるから、ヒマな時は一週間分の献立を考えたり、レシピサイトを閲覧したり。
だって、腹ぺこなんだもん(涙)。ついご飯の事考えちゃう。
2週間ほど母が手伝いに来てくれていて、母が帰った後、家事復帰第一号のメニューは「さんまご飯」だった。すんごく美味しかったんだけど、炊飯器で炊くのって色気ないわよね。土鍋で炊いたら旨いんだろうなぁ、なんて思っていた。前から欲しいとは思っていたけれど、手が出ないと言うか、ピンと来ないというか。街で見かけて「買ったら?」と連れに言われても「うーん、今は買い時じゃない気がする・・・」と躊躇していた。
ところがある朝、岡山のお友達の陶工房ゆうらぼさんのBlogを見ていて、ビビビっと電気が走ったね。こちらのBlogで、作品が買われて行く事を「嫁ぐ」と表現しているけれど、まさに「む、娘さんをお嫁にください!」って感じ。すぐにメールをしたらお電話をくれて、予約とギャラリー納品で品薄なところを、ギリギリ滑り込みセーフでひとつ用意してくださるとの事。一年に一度しか焼かない作品だそうなので、今年ゲットできたのは、お腹を空かせている私に、神様からのご褒美かもしれない。おろろ〜ん(涙)。
それが金曜日に嫁に来た。
donabe1.jpg
お手紙の指示通り、小麦粉と水と米のとぎ汁で「土鍋丈夫の素」を作ってくつくつと弱火で煮て、じっくり冷ましたら、その日の晩ご飯から使えるようになった。
最初からさんまご飯を炊くのは、炊き方も慣れていないし、新しいから臭いもとれにくいかもとの事なので、とりあえず白米炊いて練習してみた。最初の日は土鍋が水分を吸ってしまったようで、すこーし固めに炊きあがってしまったけれど、それでもつぶがしっかりふっくらで、気絶するほど旨かった。二回目の土曜の晩は、水を多めにしたので、今度は固さもちょうど良く大成功。
写真では美味しさが伝わらないのが残念。
donabe2.jpg
内蓋もあるから、適度な圧力も加えられるのよ。
この日のおかずは、れんこんとごぼうのつくね、ほうれん草ともやしのナムル、かぼちゃとタマネギのみそ汁。それと、今日の主役は白いご飯!
donabe3.jpg
すべてのおかずは、白いご飯を美味しく食べるため。だから、後ろのおかずはぼけぼけの写真なのだ(笑)。連れと「幸せぇ〜、幸せぇ〜」とつぶやきながら、白いご飯をわしわしとほおばる。電気炊飯器には、しばらくの間お休みいただくかも。
今日はさんまご飯を炊くぜぃ。
posted by はきこ at 15:47| 東京 ☁| Comment(2) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございましたああ〜。おらの娘っ子は玉の輿さ乗っただよ.....。
来年、お客様に勧める時に「はじめて炊いて食べた時に美味しくて、気絶した人がいるんですよ!」っておすすめしたかった!
いっその事、気絶してほしかったような.....嘘です(笑)よかった気絶しなくって。
もりもり食べてくださいね〜。
うちはもう二年、電気炊飯器使ってません。もう、土鍋無しの暮らしは考えられないのです。
Posted by まっつま at 2009年10月04日 21:30
>まっつまさま
こちらこそ品薄な所を、貴重な娘さんをいただいてしまいました。大切に使います。連れは「高いお金を払って買った電気炊飯器で旨い旨いと言っていたのが馬鹿馬鹿しい」と言っています。
うちで買っているのはスーパーで売っている、5kgで2000円前後の良くあるお米です。ちょっと高めのこしひかりなんか手に入れちゃったら、本当に気絶するかもしれません。
電気炊飯器も便利なので、朝のお弁当を作り始めたら、タイマーを頼りに使い始めると思うのですが、寝太郎が落ち着いて、お弁当を作るようになるまでは、炊飯器にはホコリをかぶらないように布でもかけておきます(笑)。
来年は、土鍋で炊いたご飯でおにぎりを作って、スタジアムでサッカーを観たり、川に散歩に行ってお弁当を食べたりするのが、引きこもり子育て中の私の夢です。もう、想像しただけでも旨い(笑)。
ちなみに、5分ちょっとで吹き上がったのは、ただ単に、私が1.5合というびみょーな量で炊いていたからです。今日は3合炊いたら、ほんとに13分ほどで吹き上がりました。
Posted by はきこ at 2009年10月04日 23:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。