2009年11月26日

自家製

いつも聞いている"BARAKAN MORNING"の女性DJが、野菜ソムリエの資格を持っている。毎週木曜日には、野菜のお話をするコーナーがあり、楽しみにしている。
先週「りんご茶」の作り方を紹介していたので、早速作ってみた。りんごを皮ごと適当な大きさの薄切りにして、同量の砂糖で漬ける。砂糖が溶けきったらできあがり。
ringo-cha1.jpg
この瓶は高さ10cmほど。漬けた時は砂糖とりんごで瓶の口までいっぱいだったけれど、たまに瓶を振って2晩ほど置いたら、砂糖が全部溶けて写真の量になった。これを好みの量カップに入れて、お湯で割って飲む。
ringocha-2.jpg
想像以上にりんごの香りがする。
実は果糖も砂糖も母乳には良くないのだけど、だからと言ってまるで摂らないのもねぇ。美味しそうなりんごが店頭に並んできたところで、手軽にりんごを味わえる方法はないものかしらと思っていた。これならちょっとずつ、美味しく食べられるもんね。お湯で割ったところへラム酒を少し落としたり、炭酸水で割ったりしても美味しいかも。ラム酒は寝太郎が酔っぱらうと困るので、卒乳したら試してみようか。
もうひとつ、前から作りたかったジンジャーエールの素。
shouga.jpg
これはしょうがをフードプロセッサーにかけて、グラニュー糖と水で煮て濾したもの。これを炭酸水で割ってレモンを搾れば、立派なジンジャーエールになるのだ。これは体を暖める目的で思いついた。お湯で割って飲んだら喉がカーっと熱くなった。効きそうだなぁ(笑)。
posted by はきこ at 23:00| 東京 ☀| Comment(4) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あたしも自家製ジンジャーエール派です〜。
お砂糖、4分の1ほど黒糖にしています。コクがでます、
スパイシーなのが好きなので、レモングラスや、シナモン、クローブ、そして唐辛子を入れて煮ます。卒乳したら、ぜひ。ビールで割るのも良いかもですよ。

林檎茶美味しそう!試してみます!!

Posted by まっつま at 2009年11月27日 00:04
>まっつまさま
作る前にネットで調べたら、やっぱり書いてありましたね、唐辛子。
私もスパイシーなのが好みなので、絶対唐辛子は試してみます。
クローブはホットワイン用にこれから連れが欲しがると思うので
買ってこないと・・・私は飲めないんですけどぉ(涙)。
りんご茶は1個分作れば、けっこう長く楽しめます。
2個分作っちゃおうと欲張ったら
意外にかさ張るので、容器に困るかもしれません(笑)。
保存は手作りジャムなんかと一緒の考え方で良いみたいです。
ぁ、ブラックベリー、毎日食べて完食しました。美味しかったです〜。
Posted by はきこ at 2009年11月27日 10:02
ジンジャージュースというのを、西アフリカのギニアではよく飲むそうです。

オスマン・サンコンの弟、アブライ・サンコン直伝のジンジャージュースの作り方は、新生姜をひたすらおろし、おろしたものに水を適度に加えてガーゼか日本手ぬぐいのようなもので濾す。
そこに好みで上白糖を加えて飲みます。
グラニュー糖よりも上白糖の方がマッチする感じです。
こし採ったときに容器の底には白く輝いたデンプンが沈殿して、それはもう綺麗なことと言ったら・・・
これをペリエで割ったらジンジャーエール風になります。

回教国では御法度ですが、焼酎で割ってもかなり美味しいらしいです。(下戸のため味はわからず)

絞った残りは肉料理やけんちん汁に使ってください。
Posted by カントク@ギニア料理好き at 2009年11月27日 21:15
>カントクさま
あぁ、懐かしいですね〜、ギニア料理。
たまにスパイス売り場に行くとベンベーを探すのですが
いまだに出会った事がありません・・・。
ジンジャージュース、ちょっと作り方が似ていますね。
体がぽかぽかになって、寝る前に飲んだらぐっすり眠れそう。
お湯で割って飲む用に作ってみようと思います。
しょうがとお酒は合いますよね・・・あ、わからないか(笑)。
シャンディー・ガフというカクテルは、ジンジャーエールのビール割りだたなぁと
さっき思い出しました。
Posted by はきこ at 2009年11月27日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。