2010年04月15日

運の悪いヒッポポタマス

寝太郎が家族に加わり荷物が増えると、悩みはマンション収納の小さい事。我が家には作り付けの食器棚しかなく、そうでなくてもいっぱいいっぱいだったのに、寝太郎の小さな食器を収納するのも大変になってきた。せめて、コップやグラスだけでも別に収納するキャビネットがあればなぁ。
2月に吉祥寺に遊びに行った時、ふらっと入った家具屋さんで、イメージ通りのキャビネットが見つかった。人気商品で届くのに時間がかかるとの事だったが、気に入ったので即決。心待ちにしていた搬入が今日だった。
自分と寝太郎の支度とご飯を済ませ、設置する場所に掃除機をかけたら、お約束の11時ちょっと前に運送屋さんが来た。わくわく、わくわく。愛想の良い運送屋さんが段ボールを持ち込んで「じゃあ、組み立てがありますので」と箱を開けたら・・・。
「た、大変申し訳ありません。天板にキズがありまして。」
いやん(涙)。キャビネットは運送屋さんが持ち帰り、後日再搬入となってしまった。
我が家はこういったトラブルが多発する。今のマンションに越してきた時、照明でもすったもんだがあった。
やはり気に入って注文したら、人気商品なので入荷待ちとのこと。寝室に取り付けるつもりだったので、しばらくは連れが使っていた古いルームランプで凌いでいた。確か2ヶ月くらいでやっと入荷。お届けの日も決まってわくわくしながら待っていたが、一向に届かない。調べると照明は、なんと、連れの昔の住所に届けられてしまったのだった。
あーんもうっ!
でも翌日には届けてくれるという事だったので、わくわくしながら待っていた。ところが今度は届いて箱を開けたら、照明のガラス部分が粉々になっていた。勿論、商品交換にはなったが、さすがに店には文句を言わせてもらった。
その他にも、飛行機とかホテルの部屋とか、何かにつけトラブルが多い。どうやら連れがそういう星の元に生まれたらしい。
今回の運送屋さん、この寒いのに冷や汗かかんばかりの焦りよう。家具屋からの連絡を待つ間も、どぎまぎしてなんだか可哀想なので、前の照明の話なんかして「うちはこんな事がけっこう多いんですよ」と逆に慰めてあげてしまった。運送屋さんも「こんな事しょっちゅうある訳ではないので・・・」と平謝り。
まぁ、後日ちゃんとした物が届いたら、それで良しとしようじゃあないのさ。

運の悪さはこのカバさんほどじゃないさ。

悲しすぎる。
こ〜れでおしま〜い こ〜れでおしまぃ mumumu・・・〜
って、それで終わりかよっ!(号泣)
posted by はきこ at 14:00| 東京 ☁| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。