2010年06月10日

・・・とは言え

・・・とは言えって、母乳相談室の話ね。
私が行っている病院の助産師さん達は本当に良く考えてくれる。
マッサージはベテランの方してくれるが、毎回その方が担当できるわけではないので、若い女の子がいつも付き添って、私の状態の変化を担当の方に伝え、疑問や心配な事があれば、さらに上の人を呼んで来てみんなで色々と考えてくれる。
今日は私の状態もかなり落ち着いてきたので、若い女の子が1人でマッサージしてくれた。彼女には出産に立ち会ってくれてから、ずっとこれまでお世話になっている。「お母さんはやらなくちゃいけない事がいっぱいあるんだから、全部きちんとやろうとしたら体壊しちゃいますよね。ほどほどで良いんですよ。」と言ってくれた。最後にベテランの方を呼んできて、今後のケアの仕方やマッサージの予定などを相談した。今日のベテランさんには初めて看てもらったけれど、とてもあたたかい言葉をかけてもらった。「乳腺炎な上に寝太郎くんの突発疹じゃあ、大変だったでしょ?よくここまでがんばりましたね。」と言われると、いやいや、すべて私の不徳の致すところで・・・と素直に反省してしまう。
やっぱり私は褒めて伸びるタイプ(笑)。
とは言え、先日の助産師さんだって、決して悪気があったわけではない。毎日トラブルを抱えたおっぱいを看て、その上「もうやだぁ〜、過酷ぅ〜(涙)」とか「ケーキ食べたいぃ〜」とか言い出すお母さんも居るだろう。何度も何度も来て「だってぇ、甘いもの好きなんですぅ」とか毎回言われたら、私だってキレるわな。そんな人を沢山看てきたんだろうなぁ。
今回はだいぶ落ち着いたので、一ヶ月後くらいにまた何かあればお願いする事になった。「今までどおり」ではあるけれど、心がけを欠いてはいけないのである。
マッサージ1回、けっこうお金かかるし(涙)。
posted by はきこ at 23:26| 東京 ☁| Comment(4) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の母親の体験談。
弟の授乳中に『乳腺炎』になった母は、まだ若い助産師さんにマッサージを受けていたそうです。
それはもう涙が出るほど痛かったそうなのですが、助産師さんは一切手加減無し・・・

数年後その助産師さんにあったとき、助産師さんから「私も子供を産んで乳腺炎になったけど、マッサージがあんなに痛いものだとは思わなかった」「それ以来自分ではマッサージが思うように出来なくなっちゃったので、出産経験のない若い助産師さんにマッサージを任せている」という話しを聞いたそうです。



うちは、「戦いごっこ」に明け暮れているおちびさんが、最初のうち小麦、卵ともにアレルギーだったため実に健康的な、ちょっと昔の日本人の食生活をそのまま実践しているような雰囲気でした。
おかげで偏食がちだったカミサンの食生活が改善され、全般において体調がすっかり改善されたようです。

つい先日、ラジオの健康相談から仕入れたネタですが、2歳くらいまで母乳中心に育てた子は自立心の芽生えが早く、思春期に上手な親離れが出来るそうです。
Posted by カントク@子育てちゅう at 2010年06月11日 23:47
カントク様

>2歳くらいまで母乳中心に育てた子は自立心の芽生えが早く、思春期に上手な親離れが出来る

実体験も含め、それは正しい気がします。私の母親は母乳派だったようですが、実際には我々子供の成長が遅いので、粉ミルクに泣く泣く変更。その後驚くほど身体がデッカクなった(妹除く)のはご承知の通りw

で、私は未だに家事手伝い、弟は最近職場都合の転勤で名古屋へ行きましたが、妹は未だパラサイト(爆)
Posted by タチウオ at 2010年06月12日 01:59
>私は未だに家事手伝い、・・・
それって『家業を継いだ』の間違いとちゃうの?(笑)

“抱っこ”も要求されるかぎりずっとしても良いそうです。
母乳でも抱っこでも、愛情が飽和点に達したところで親離れが出来るそうです。

保健所の指導を見ると、未だに「早く大きく育ってお国のために役立つように」という前時代的な考え方に支配されているように思います。
“標準”ていったい何なのよ!
並外れて大きくても(笑)、小さくても良いので心身ともに健やかに育つよう見守ってあげたいものです。
Posted by カントク@子育てちゅう at 2010年06月12日 21:55
お返事遅くなりすみません。
体調が戻らないため、実家に世話になっております。

>カントクさま
マッサージもウマヘタがあるようです。
痛くてもちゃんと悪いものを出してもらえれば良いのですが
痛いだけでぜんぜん出せない人も居ます。
もちろん一番嬉しいのは、痛くなくてちゃんと出せる人。
マッサージされながら「うんうん、今日は当たり」と思ったりして。

アレルギーはお母さんも食べ物を気をつけなければならないから
母乳にはそれが一番良いのかもしれませんね。
私の友人は子供にほとんどの食物に対してアレルギーが出てしまい
お母さんは超ダイエット状態になっていました。
私も和食は大好きなのですが
それだけではやっていけない場面もあるのは仕方ないです。

今はお腹の調子を悪くなって実家に戻っていますが
おかゆを食べているので、母乳には良いかもしれません。
乳腺炎も暴食だけが原因ではなかったようですので
実家でゆっくり休養します。

>タチウオ師匠
そうそう、家事手伝いではなく、家業を継いだのでしょう(笑)。
話によると、良く乳が出るようにと改良(?)された牛から搾乳して
それをごくごく飲んでる今の子は巨乳が多いなんて聞くけど、本当かな(笑)。
何で育てようと、育てる人間の接し方は重要な気もしますが
とりあえず育てている今は、訳もわからず必死です(汗)。
ただもう、カントクさんのおっしゃるとおり、心身共に健やかにが一番の願いです。
Posted by はきこ@実家 at 2010年06月14日 09:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。