2010年08月01日

昔の名前で出ています

すっかりご無沙汰してしまった。
6月中はとにかく体調がヒドく、前回ブログをあげた後も下痢をしたり親子で風邪をひいたりで、寝太郎の予防接種も受けられないような状況。疲れがなかなかとれず、寝太郎の夜泣きが始まって睡眠も良くとれず、昼寝をしても夜眠れなくなる悪循環もあったりした。どうしようもないのでしばらくは子育てと自分の体調優先で過ごし、7月下旬くらいからやっと体調が戻ってきた。やはり眠れなくても早めに布団に入る事が大切なようだ。

さて、そんなわけで。
1人で寝太郎の世話と家の仕事もできないほど体調を崩し、実家に世話になったりで帰省する機会も多くなった。この週末は体調が悪かったわけではないが、夏の間は連れの仕事が忙しく、お互いの実家にゆっくり帰れそうもないので、先週末は連れの実家へ、今週末は私の実家へ行き、寝太郎の元気な姿を見せてきた。
寝太郎は8月で1歳になるが、もうハイハイしていい頃なのにまだずり這いしかしない。まぁ、ずり這いはもの凄いスピードだし、椅子などに捕まって立ち上がろうとする事を考えると、ハイハイが遅くてもそう焦る事もなさそうだ。
私は実家に着くとすぐに美容室に出かけた。結婚前はずっとこの美容室を経営する同級生のカズに切ってもらっていたが、結婚してからは東京の美容室をいくつか転々とした。切った後はサッパリするのだが、1週間、3週間、ひと月と経過するにつれ、髪の毛がわかめのように増える。元々髪の量が多いのを上手く処理してくれるのは、やはりカズしか居なかった。カズのカットなら2ヶ月は確実に困る事がない。
「おめぇ、なんだそりゃ。ヘルメットみたいな頭!」とはさみを取り出しながらの第一声。「どうせひでぇ頭で来るんじゃねえんかと思ってたんだよ」と言いながらはさみをシャカシャカ動かす。子供が生まれてもうすぐ1歳だと告げると「男だろ?」と言い当てた。髪の減り方でわかるのだそうだ。「カズは中学の勉強はぜんぜん出来なかったけど、こーゆー事は良く知ってんべぇ。」(知ってるだろ?の意。群馬弁。)いやぁ、そーだいね(笑)。そして仕上がるなり「どうだ、さすがカズだろ」いや、おっしゃる通りで。この夏は安心して越せる。
私とカズは当時それほど仲が良かったわけではなかった。「俺なんて嫌われてたと思ってたし」とカズ言うが、まぁ嫌いと言うより住む世界が違うなぁとは思っていた。ただ、髪を切ってくれるようになり、私が色々大変な事があった時に、心配して心を砕いてくれていた事があった。アドバイスをくれる人もいたが、カズはあれこれ詮索せずに「大変だんべぇ?まぁ、気楽にやれや。」と言ってくれ、それを乗り越えると「いやぁ、良かった良かった」と喜んで、飲み会に誘ってくれたりした。乗り越えた時にバカ騒ぎしてくれる方が、私には何となく気が楽だった。
偶然隣に座った男性、どうも入って来た時から気にはなっていたが、やはり同級生の「ゆうじ」。もう何年ぶりだろうと数えるのも大変なくらい久しぶりだった。3人で群馬弁丸出しで話し、昔の呼び名で呼ばれると、気持ちまで当時に戻ったようで嬉しかった。
「おめぇはぜんぜん変わってねぇな」と言われたのは、褒め言葉と思って気持ち良く受け止めておこう。
posted by はきこ at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。