2010年08月14日

あれから1年、寝太郎1歳

今日、寝太郎が1歳の誕生日を迎えた。
連れと「何かする?」と話し合い、初めての誕生日だし誕生餅くらい背負わせようか、そうなる両親にも来てもらおうか、ならばケーキも用意しようか・・・という事になった。そうなったところで、横浜の連れの両親は電車で来てもらえば問題ないが、群馬の両親は車で来た方が楽。しかしお盆まっただ中で渋滞も予測できないので、余裕を持って来てもらうために前日から1泊してもらおう。
さぁ、準備が大変。一週間くらい前から誕生餅を予約し、ケーキを予約し、寿司を予約し、母と料理の打ち合わせをし、材料を揃えて、おっと台風も近づいて、あわあわと昨日になった。昨日は姉も来てくれて、久々に私の家族が集った。
今日は午前中から準備に忙しく動きながらも、1年前の事を思い出す。嗚呼、今頃は朝食抜きで帝王切開の準備だったなぁ、今頃手術室入ったなぁ、今頃お腹をぐにゅぐにゅと探られていたなぁ、今頃気持ち悪くて吐きそうだったなぁ、など。
寝太郎は昼の時報と同時に生まれた。寝太郎が泣き声をあげて出て来ると「12時ちょうどでーす」という看護師さんの声が聞こえ、取り出されたほやほやの寝太郎を先生が「ほら」と見せてくれた。まだくしゅくしゅで真っ赤っかの寝太郎である。小児科の先生の診察を受け、体を拭いてもらった寝太郎を助産婦のIさんが連れて来てくれている間にも、お腹を閉じる作業に入っている気配がする。半身麻酔って変な感じだ。不思議なもので、手術中は麻酔していても意識はハッキリしているのだが、手術室を出ると意識が朦朧としてくる。麻酔が切れても意識ははっきりしないくせに、痛みだけいっちょまえに感じるようになる。連れにはしきりと「いたい〜」と訴えていたらしい。連れが帰ってしまうと訴える人も居なくて、痛みと興奮と眠気が入り交じる不思議な夜を過ごした。
早いもんだ。あれから1年。写真を見ながら改めて振り返ると、泣くか寝るかの寝太郎が、ご飯も良く食べるようになり、誕生日1週間前にはハイハイもできるようになり、よくここまで無事に育ってくれたなぁとホッとする。大変だったけどね。
明日からもまだまだ大変だけどね(涙)。
posted by はきこ at 23:42| 東京 ☀| Comment(3) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
息抜きに・・・日本の行進曲の名曲でも。
Posted by T井 at 2010年09月11日 21:42
Posted by Tひ at 2010年09月11日 21:42
>Tいさま
クレイジーキャッツも谷啓さんが亡くなって
あと2人になってしまいましたね。
合掌。
Posted by はきこ at 2010年09月11日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。