2010年10月22日

寝太郎の入院

すっかりご無沙汰してしまったが、Blogの事を忘れていたわけではない。日々書きたい事はあったものの、朝起きた瞬間から自分が布団に入るまで、自分の時間がなかなかとれなかった。
そんな中、10月の3連休は友人の結婚祝いをするため、連れと寝太郎と実家に宿泊していた。金曜日から寝太郎が鼻水を垂らしていたが、それほどひどくはなさそうだった。何かあったら実家の方にも医者はあるし。
実際、出かけた土曜日も鼻水だけで深刻な感じではなかった。実家に着くと私は髪を切りに出かけ、日曜日は結婚祝いでみんなでランチをいただく事になっていた。朝からゼロゼロしはじめたので、念のため休日当番医をチェックし、寝太郎をお願いして昼前から出かけた。
ところが連れから電話が入り、寝太郎が発熱し、昼ご飯を吐き戻してしまったので医者に連れて行くと電話が入った。まぁ、医者に連れて行けば心配ないだろう。私も少し風邪気味だし、いざとなったら実家にしばらく残って寝太郎と休養しようか・・・などと考えていた。ランチを終え、再び連絡を受けた時には「入院だ」との知らせ。もう真っ青(涙)。すぐにでも駆けつけたかったが、まだ大きな病院を紹介してもらって、そこで診療を受けてからの判断との事。車がなく動けなかったので、病院の判断を待つ事にした。しかしもう、気が気ではない。
どうやら私が出かけてから様態が急変したらしく、大きな病院へ着いた時には肩で息をしている状態。血中の酸素濃度がなかなか上がらず、これからどんどん様態が悪くなる中、東京へ帰るよりは地元で入院した方が良いとの判断だった。
入院が決まったところで連れに迎えに来てもらい、必要なものを実家にとりに戻り、色々買い足すと、そのまま病院に入った。私も寝太郎と一緒に病院に寝泊まりである。2泊する予定だったのでたいていの物は揃っていた。
寝太郎は顔色が悪く、左手に点滴を刺されたままぐるぐる巻きに固定されていた。体がとても熱く、機嫌も悪そうである。急いで身支度を整え、寝太郎と一緒に柵の高い大きなベビーベッドに入った。私もここで添い寝して夜を過ごす。幸いこの日は4人部屋を寝太郎と2人で占拠できたので、何度か夜泣きで起きても気楽に過ごす事ができた。様態が夜中に急変する事もあるので、看護婦さんが1〜2時間おきに様子を見に来て、検査をしたり点滴を足したりしていた。翌朝になると、一時は39度まであがった熱も37度台に下がり、顔色もだいぶ良くなった。まだ機嫌は悪いが食事もきちんととれた。
火曜日になると連休明けで受診し、入院と判断された子供が次々と入院してきて、4人部屋はあっという間に埋まった。
4人とも同じような症状の子が集められている。お向かいのT君は4月生まれで寝太郎と同じ学年の子。寝太郎よりも深刻な症状で、入院も二度目とのこと。夜中に血中の酸素濃度が低下して、酸素のビニールハウスのような部屋が作られ、そこで寝ていた事もあった。保育園に通っていて、おしゃべりがとても上手。元気な時はお母さんとの楽しい会話が聞こえてきた。
最短5日入院と言われ、5日で退院できたくらいだから、寝太郎はどんどん良くなっていった。巨大なベビーベッドとは言え、中に閉じ込められてずっと点滴で繋がれていると、飽きてわぁわぁ言い出しはじめた。寝太郎の食事の量が異様に多く、看護婦さんも「全部食べると食べ過ぎだから」と言うのを完食する勢い。退院する頃にはずいぶん重くなった気がする。
一緒に寝ている私は狭いベッドに小さくなって寝ていたから、体のあちこちがギシギシ言っている。ひどい寝不足。私も一緒に風邪をひいて、ベッドで横になりゲンナリしていたので、端から見るとどっちが病人だかわからない感じだったと思う。母に寝太郎をお願いして、病院の外来にかかった。医者の薬は本当に良く効く。私もあっという間に回復した。
退院してから実家で3日ほど休養し、私はお世話になっていた方に挨拶に行ったり、実家に戻ると何故か食べたくなるラーメンを食べに出かけたり、合間に手足を伸ばしてぐうぐう昼寝をしたりと、充分に休ませてもらった。
良い経験をさせてもらったが、二度とこんな思いをさせたくないし、したくもないのである。
ふぅ。
posted by はきこ at 23:38| 東京 ☁| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。

うちの息子も、3歳くらいの頃入院しました。
中耳炎の手術で1泊2日ですが。
私自身も、つい先月まで入院していたので、
周囲の家族の苦労は身に染みてわかります。

まずは寝太郎くんの健康を祈念していますね☆
Posted by pooh&かず(かず) at 2010年11月17日 21:08
ご無沙汰しています。
子供は風邪をひくと弱い所の炎症を繰り返しますね(汗)。ししゃもくんは中耳炎ですね。うちは気管支を繰り返すタイプのようです。私も小さい頃は気管支を良く病んでいましたが、今は丈夫になりました。大人になると、改善されてくるものなんでしょうか。
それと、かずさんも大変だったんですね。うちの父も交通事故で骨盤の骨を首の骨に移植する手術をしました。背中をいじるって考えただけでも大変そうです(涙)。どうぞお大事にしてください。
Posted by はきこ at 2010年11月18日 09:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。