2006年11月05日

天皇杯

ヤマザキナビスコ杯はメデタク市原のものとなり、リーグ戦の優勝者もだんだん先が見えてきた。これでもうちょっとウチのチームのJ1残留がはっきり見えると嬉しいんだけど。
残る大きなタイトルは天皇杯。プロからアマチュア(高校生)が戦うため「アリがゾウを倒す」なんて事もあった。記憶に新しいところでは、故郷のザスパがまだJFL時代に市立船橋に負けた事が・・・まぁ、ゾウってほどじゃなかったけどね・・・。その時ゴールを決めた増嶋という生徒は卒業後、何の因果かウチのチームに入っている(笑)。今はサッカーも組織がきちんとしてきたので、やはりプロはプロなりの選手が揃っており、昔のような事はあまりないようだ。今回もJ1のチームが順当に勝ち上がっている。
ウチのチームの初戦は地域リーグの「バンディオンセ神戸」が相手。負ける事はないだろうとは思っていたが、しかしここのところ安心できるゲームとご無沙汰しているため、念のため観に行く事にしたのだった。マサカマサカとは思うが・・・。
結果はJ1チームとして当然、先行逃げ切り大差で勝利。先述の増嶋、ルーカス、馬場、馬場、鈴木、鈴木、ルーカスと7点入れて勝利。みんなにハットトリックのチャンスありって感じ。
でもバンディオンセくらいの小さいチーム、私は大好き。このチームはドイツ車の販売専門店がクラブを運営している。もしかして草津の選手が今でも温泉で働いているのと同様「昼間は車売ってます」って人もいるのかしら?(って、ウチのチームの選手も社員選手はガスの検針したりしてたらしい)サッカーの試合はどんな規模の試合でも楽しいので、機会があれば”J”のつかないチームの試合も沢山観ていきたいと思ったり。
posted by はきこ at 22:33| 東京 🌁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。