2006年11月11日

もったいない

今日の審判の名前が出た時、スタジアムからはざわめきが。この時から何となく嫌な感じはしていたんだけど。
相手のフロンターレの成長はここ数年で目を見張るものがあり、今年のリーグ戦ではここまできて優勝を争うところまできている。地域とチームとの関係も良好な感じだし、大好きな「ピタゴラスイッチ」の”アルゴリズムこうしん”にも出ており、私としては敵ながら応援したいチームではあった。争っている3チームの中では一番優勝して欲しい。だから今日も勝ちたい気持ちは勿論あったけれど、負けても「踏み台にしておくれよ・・・(涙)」と少しイジけるくらいにしておこうかと思っていた。ウチの方がJ1入りは先だったけれど、良いチームなら先を越されても仕方ない。
試合が始まると思った通り・・・早々に先取点を入れられ、ウチがすぐに返し、あとは前半のうちに川崎にばたばたと2点加点され「これは勝負あったな」と思っていた。
ところが後半に川崎が1点、ウチの戸田が1点加点した後、川崎のジュニーニョが2枚目のイエローカードで退場となったところから、何となく試合がおかしくなってきた。
この時点ですでに4−2だから、相手はもう落ち着いて守るサッカーさえしていれば良かったはず。ところがここで審判のジャッジに両チームとも翻弄され始めた。川崎に対してもウチに対しても、何となく「??」というジャッジが多い。
これに対し、以前からこの人に泣かされてきたウチのチームは、負けていたという事もあるが「とりあえずやるしかないよね〜」みたいな空気が流れていた。正直、この手のジャッジには何となく慣れている。それを茶化しながら応援するのが、サポーターのやり方のひとつでもある。
一方川崎はジャッジと一緒にバタバタし始めてしまった。前半にすでにイエローカードを1枚もらっていたマルコンが、遅延行為で2枚目のイエローカードで退場。うちのチームは声援に後押しされながら、あっと言う間に同点に追いつく。川崎には残念ながら気持ちが荒れてしまった選手も見えはじめ、私と連れは「もったいない、落ち着いて」と、逆に川崎の選手に声をかけてしまう場面さえあった。
結局は遅延によって生まれた6分のロスタイムにウチのチームがゴールを決め、そのまま試合は終了、5-4でウチのチームが勝利した。優勝のかかっているチームが、この大事な時期にもったいない、落ち着きさえすれば勝てる試合だったのにと思ってしまう。嫌いでない、むしろ応援し、チームの上昇ぶりに少し羨ましい気持ちも持っていたくらいのチームなだけに、もったいないし、とても残念な気持ちになってしまった。「こんな勝ち方してもなぁ」なんて声も聞こえた。チームの若さが出てしまったのかしら・・・。
それでもやっぱり勝ちは勝ち、勝ち点3は勝ち点3。嬉しいものは嬉しい。
今野、良いよ(笑)。
posted by はきこ at 21:43| 東京 ☔| Comment(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は私,エセ川崎サポーターですの。
最近,ちっとも応援に行ってませんが....。
ファンクラブからのメールでは判らなかった「負けの裏側」を知りました。
今まで「降格するんじゃないか?」とハラハラしていることが多かったので,今年のように頑張ってるのは夢のようなのです。
Posted by ぺんぎん at 2006年11月15日 23:45
サッカー観戦歴の長いウチの連れが言うには
イエローカードの多い試合は
審判がゲームをコントロールできていないのだそうです。
今回の試合もそうでした(涙)。
残念ながら「審判次第」というゲームもあるんですね。
等々力まで試合を観に行った事が何度かありますが
スタジアムの雰囲気も良いし、フロンタ君は芸達者だし
何よりも地域に愛されているのが一番。
是非今年は川崎にと思っています。
Posted by はきこ at 2006年11月16日 01:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。