2007年10月24日

べろさん

うちの近所の「猫道」で見かけるこの猫に”べろさん”と名前をつけた。
bero1.jpg
かなりの老猫で、出たままの舌を引っ込める事ができないようだ。片目も眼病を患っているらしく、目ヤニが出てしまって開ける事ができない事がある。道行く人に可愛がられているようで、たまに目ヤニが綺麗に拭き取られている事もあったが、2日も経つとすっかり目が開かなくなっていた。
私の出勤時、べろさんは日当たりが良く、車通りの少ない所でひなたぼっこをしている。近づくと「ごーろごーろごーろごーろ」と喉を鳴らして足元にすり寄ってくる。座り込んで撫でてあげると、安心したように足元で寝転び、私の靴を枕に寝込んでしまう事もあった。
bero2.jpg
もう1匹、べろさんとよく一緒に見かけるトラ猫の「トライチ」がいる。まだ若い猫で、私がべろさんと遊んでいるのを見つけると「にゃーにゃー」言って近づいてきて、寝転んでいるべろさんを踏みつけてこちらに寄ってきて、べろさんに怒られている。
しかしここ2週間ほど、べろさんの姿を見かけていない。
猫道のすぐ近くに住んでいる女の子がいる。トライチを「ココア」と呼んで可愛がっており、私がトライチと遊んでいると話しかけてくる。可愛がっているのだが、なかなかトライチに触ろうとしないのは、大人から「汚いから野良猫に触っちゃダメ」と言われている感じがする。
私が携帯電話のカメラで撮ったべろさんの写真を見せると
「この猫、この間死んじゃった猫かもよ」
と言った。
界隈で1匹、猫が死んで、火葬されたと話していた。

べろさんじゃないといいなぁ。
そう願いながら、私は毎日、猫道を通って出勤するのだ。
posted by はきこ at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。