2007年12月15日

カレンダー

カレンダーの残り日数もだいぶ少なくなってきた。そろそろ新しいのを考えないと。
いつも冷蔵庫の扉にひとつ、カレンダーを下げる事にしている。それに自分たちの外出予定やら、マンションの点検の日程やら、次のコンタクトレンズの交換予定やらを書き込むようにしている。何でも良いというわけではなくて、それなりに書き込めて、押し付けがましい説教がなく、絵や写真も気に入ったものが良い。
今年は正月に京都京都旅行へ行ったとき、書店で見つけたイラストレーター高田理香さんのオリジナルブランド"Weekend Stroll"のカレンダーを見つけて買ってきた。来年のはどこで手に入れようかなぁ・・・と思っていたら、理香さんから展覧会のお知らせが届いた。今までカレンダーに使ってきた原画の展示と、来年の新作の展示。ちょうど時期も良いので、連れと六本木のギャラリーまで足を伸ばす事にした。
六本木も「なんちゃらたうん」ができて、より一層賑やかなもんだが、私にはそこが「元防衛庁」という事にしか興味がなく、連れと話していた「工事の時に秘密の”あんなものやらこんなもの”出てこなかったのかなぁ」って、そっちの話題の方が個人的には面白そうだ。中に入っている店など、どうせ私の性には合わぬ。そのへんはするするとスルーして、うちらはずんずんと乃木坂方面へ進む。
ギャラリー東京バンブーのある白いビルに入ると、心地よいギターの音楽と、久しぶりにお会いできた理香さんが出迎えてくれた。ギターは高橋ピエールさんが理香さんの作品に合わせて音楽を作り、作品の画像と共にDVD化したものだった。我慢ならぬ低レベルな音楽が無差別に飛び交う昨今、邪魔無く、無理無く、自然に入ってくる音楽は大変心地よい。
理香さんの作品(原画)は「プリントゴッコ」で印刷されている。ご本人や、ご主人でありイラストレーターでもある原子高志さんから、印刷の苦労話や手法についての話を聞くと、最初に見た作品の印象もがらっと変わり、細部まで興味深く拝見してきた。理香さんはきっと、日本一の「プリントゴッカー」だ。
ws1.jpg
カレンダーと理香さんのエッセイ「猫に恋して」を購入。
昔は犬好きだったのだが、最近ではすっかり猫派になってしまった私。エッセイは理香さんが実際に飼われている3匹の猫との生活を描いたもの。原子さんも犬派から猫派へ転向したそうで、猫との暮らしについてのお話を聞かせてもらうと「うぬぬ、ウチでも飼えるカモ・・・」と思ってしまった。マズい(笑)。この本には猫との暮らしの「苦労話」もあるそうなので、その辺りを良く読んでおかないと。
ビルの1F(半地下)は、イギリスや旧東欧時代のアンティークを集めた雑貨屋BISCUITがあり、ここもついでに楽しく見てきた。
お店は映せなかったので、看板と原子さんの愛車を激写。
ws2.jpg
店の奥にあったチェックのコートがいまだに気になるが・・・(涙)。
この後、乃木神社に立ち寄ったが、この界隈は今ちょうど司馬遼太郎さん街道をゆくシリーズで”赤坂散歩”を読みはじめたところなので、予習後、ゆっくりと来る事にしよう。
posted by はきこ at 23:56| 東京 ☀| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そだっ!
はきちゃん 来年の年賀状はどーしませう?
送っちゃってもよろしいのかな?
( =@ω@=)ノ ぎぅぎぅ?
Posted by Re:ろょー at 2007年12月18日 02:37
出しますよ〜。
もう準備はできてるんだけど印刷はこれから。
今年も「大きいもの」と一緒に撮影してきました。
うぎうぎっ。
Posted by はきこ at 2007年12月18日 08:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。