2005年10月10日

ブッチ

今日は連れの実家に行ってきた。ここのところ連れが忙しくて顔も出せなかったし、預かってもらっているものがあったので、それを受け取らなくてはならなかったし。夕飯におでんをいただいてきたが、美味しかったので残りをもらってきちゃった。
連れの家には雑種の老犬がいる。名前はブッチ。白と黒のブチなのでブッチなのか?真相は知らないが、もう16年ほど生きているそうだ。今年の夏には病気をして一週間ほど何も食べられなくて、連れも「いよいよか(涙)」と覚悟していたようだが、医者に往診してもらいすっかり元気になった。それ以来、見るたび元気になってくる感じすらする。
夕方になると、窓の向こうからお義父さんとお義母さんのいる方を交互に見る。お義父さんが散歩、お義母さんがご飯の人なのだ。連れとお義父さん、お義母さんが立ち上がると尻尾を振って「かまってぇ〜」とアピールする。が、私が立ち上がって近づくと「あんた知らないひとぉぉ〜」と威嚇するのだ。今でも番犬としての役割を忘れていないようだ。
耳がとても大きくて、三角にぴんと立っている。連れが撫でに行ったりすると、その耳が後ろにしゅんと倒れてすっかり甘えモードになる。昔はその耳もとても良かったらしく、連れの2CVが帰って来ると、家に到着するだいぶ前にその音で帰宅を察知していたのだそうだ。今ではすっかり耳が遠くなって、姿が見えるまでは帰宅に気がつかないようだ。それでも雷と花火は苦手で、音が鳴り出すと「ぎゃ〜ん!家に入れてぇぇぇ!」と騒ぐらしい。
歯もところどころ抜けてしまっていて、ご飯もおやつも老人食。でも元気に食べている姿を見ると、何となく安心する。
次に会うのはお正月かなぁ。また「知らないひとぉぉぉ!」って吠えられちゃうんだろうけど・・・覚えててよね(涙)。
posted by はきこ at 22:51| 東京 ☁| Comment(2) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にゃぁ。。。 年取ると偏屈になるのは人も犬も一緒ね
家族がとっても特別な存在で 知らない人は邪魔者!
( ̄― ̄) んー...でもぉ
ちゃんと紹介してもらったら 家族って認めてくれるはずなんだけどなぁ。。。
はきちゃん ちゃんとブッチにご挨拶した?

ぁ。。。はきちゃんに お兄ちゃんを盗られた!って思ってるのかも。。。
( =@ω@=)フフフ
Posted by Re:ろょー at 2005年10月12日 18:03
昔から番犬色のとっても強い犬だったみたい。勿論紹介もしてもらったんだけど、やっぱり「一番下の兄ちゃんが遊んでくれんのはあんたのせいやぁぁ!」って思ってるのかも(笑)。
Posted by はきこ at 2005年10月12日 23:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。