2008年03月08日

開幕戦

Jリーグ開幕だ。サッカーを観始めて5年目になる。観始めた当時はサッカーのルールも良くわからなかったが、年々サッカーを観る楽しみを増やしてきた
ここ数年は監督がコロコロ変わり、去年は一度放出した監督をまた呼び戻すというゴタゴタを、最後まで引きずった感があった。チーム全体の目指す所がちっとも見えてこなくて、観ている方もストレスを貯める試合が多かった。寝苦しくて、悪い夢をずーっと見ていたような、スッキリしない感じ。今から考えると、見る方が混乱していたって事は、多分組織自体がどこかで意思の統一ができず、混乱していたんじゃないかなぁ・・・と簡単に去年を振り返っておこう。
今年も監督が変わったが、変わった時点から理念や方向性を監督自身がきちんと打ち出し、周りのスタッフや選手とそれらを固めてきた感じが開幕前から伝わってきていた。どのようにチームが変わったかを観るのはとても楽しみだった。ただ、心がけたからと言って必ず実行できるもんでもなし、何事もそんな簡単に行けば世の中もっと丸く収まる訳で。だから最初から過度な期待は持たず「今年は冷静に行こう」と心に決めていた。
今年の開幕戦、神戸との戦いを見る限りでは、新しい監督の方向の浸透性は感じられた。前半のボールの回り方を「これが目指す形」というのが伝わってきた。後半になると疲れもあったのか、何となく見ていて息切れのするようなプレーも出てきて、今の所は力もここまでだよなぁと思った通り、試合はドローで終わった。今も連れと話していたのだが、相手がもっと強いチームだったら簡単に潰されていたと思う。
ああ、こんなふうにチームの考え方とか選手の疲れとかって、素直に伝わって来るもんなんだなぁ。それも観る事に慣れてきたコチラのせいもあるか。
posted by はきこ at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。