2006年07月02日

江の島ー鎌倉

来週出場するエンデューロのメンバーで江の島から鎌倉を爆走。(私以外はね・・・)
eno1.jpg
集まったのはタチウオ師匠夫妻とT夫妻、そしてウチ。タチウオ師匠はちゃりんこ「ほほいのほい」だし、T夫妻はちゃりんこから生まれてきたようなもんだし、タチウオ師匠の奥様はエンデューロ経験者だし、連れはちゃりんこ通勤の鬼だし・・・。私はマジメに乗り始めてまだ2年ちょっと。しかもMTBは乗り馴れないから・・・と遅い理由をぶちぶちと述べておく事にしよう(涙)。
まずはタチウオ師匠の家までウチが出向き、A市から出発してT夫妻の家の近所で待ち合わせ。そこから川沿いに海へ向かうと・・・
eno2.jpg
おお、江の島が見えるよ。海のない群馬から出てきて、まだまだ海を見るとワクワクしてしまう私。
そこから鎌倉方面を目指して江の電の脇や海沿いをゆるゆると走り、ボリュームのあるハンバーガー屋でランチを楽しんだ。「これだけ食べたら、せっかく走ってもオーバーカロリーだよね〜」なんて話しながら笑っていられたこの時間はまだシアワセだったのだが・・・(汗)。
この後、T夫妻オススメの絶景ポイントを目指し、逗子マリーナを経由して披露山に登った。登って登って、登って登って・・・登ったと言うよりは・・・どう表現したら良いのかわからん。「ちゅらいよぉぉぉぉ!」と叫び、脱落しそうになりながら、やっとの思いで披露山公園に到着。さきほど見た江の島がこ〜んな遠くに見える・・・しかもここ、高いよ(涙)。
eno3.jpg
場所が高いだけでなく、住んでらっしゃる方のステータスも高いらしいぞっ。
そこから再び山を2つ3つ越えてT夫妻の家でゴール。ぐったりです(涙)。みんなには置いてかれるし、ちっとも加速できないし、こんなんで来週のエンデューロは大丈夫なんでしょうか?
たまたまT夫妻の近所で修理に出ていたタチウオ師匠のワゴンが出来上がり、それに4台を載せてA市に戻った。近所のスーパー銭湯で汗を流したのだが、あんなにランチで欲張って食べたにもかかわらず、体重据え置き。体を使ったなぁと実感したのであった。
ぁぁ、登れない・・・明日も練習しよ。
posted by はきこ at 21:26| 東京 ☁| Comment(4) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

2台目

突然ですがちゃんりこ2台目購入。今度のはMTBざんす。
g-f.jpg
1台目のCOLNAGOはクロスバイク。これで普段は充分なのだが、ぢつは7月に丹沢湖を走ったメンバーで2時間エンデューロに出る事になり、このコースがちょっとしたダートなのだ。メンバーからお借りしようかとも思ったのだが、丹沢を走った時にMTBが欲しいなぁ・・・などと思っていたし、この際、と買ってしまったのだった。
先週の日曜日に連れと近所の自転車屋さんへ行き、勧められたのがルイガノ、GIANT、SCHWINNだった。しかしなにせ背が低くサイズで選択肢が限られてくるのと、COLNAGOほど金額を張れない為、もう少し色々なメーカーのを探ってみる事にした。
月曜日はお休みだったので一人で電車に乗り、府中駅の近くにあるサイクルショップAKAHORIさんへ行ってみた。ちょっとしたレースに出るためのMTBを探している事を伝え、レースの日程を告げると店長さんは「うちのチームもそのレースに出るんですよ」と言い、それなら・・・と女性仕様のもを勧めてくれた。確かに私の身の丈を考えるとそれが一番・・・しかし予算が(涙)。どうしようかとカタログとにらめっこをしていると「予算が問題なら」とカタログをぺらぺらとめくり「女性仕様ではないけれど、この大きさなら何とかなるはず」と見つけてくれた1台がGary Fisherの"Wahoo"の13インチのものだった。ギアが3×8と後ろが少なく、部品もちょっとずつ安めのを使っているため価格が控えめである。競走馬じゃあるまいし毎日ダートを走るわけでもなく、これで充分ではないかと。その場で連れに電話をし了承を得て、店長さんも在庫を確認してくれて納車もすぐにできそうだったのでその場で決めてきた。
幸い今日は天気も良く納車日和。私は約束の時間までに電車で店に向かい、連れは自分のMTBで店に向かい納車に立ち会ってくれる事になった。店頭にはすでに組み上がり「売約済」の札の下がった私のものと思しきMTBが。店長さんは私の身の丈を考慮しハンドルを少し切り、低めに組んでくれた。実際にまたがって細かい調節をしてもらい、20分ほどで受け取り完了。規格外れの体に合わせるのにちょっと苦労したようで、店長さんもホッとしていたっけ(笑)。
ただ家に帰るのも面白くないので多磨霊園、野川沿いを走って、調布飛行場にあるプロペラカフェに寄った。飛行場内の滑走路のすぐ横にあり、店の窓からは沢山の「飛べるモノ」が見える・・・ぢつは飛行機に事は良くわからん。セスナ機とか、プロペラ機と言うのか・・・羽根が前に付いてるものもあり、上に付いてるものもあり・・・。
p-cafe.jpg
連れは陽気の良さにたまらず”麦○”とポテトフライを注文。ポテトフライはカリっとしていて安くて旨い。私はチャイラテとNYチーズケーキを注文した。セスナが「ぷい〜ん」と飛ぶ音を聞きながら、しょりしょりの氷の入ったチャイラテをちゅるちゅる飲んでいると、なんか自分が金持ちにでもなったような気分になってくるから不思議だ。
ちなみにこのお店、今月26日〜30日までは厨房改装でお休み。ちょっとズレていたら悲しくトボトボと帰宅するところでした・・・良かった。
posted by はきこ at 23:00| 東京 ☔| Comment(14) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

チャリチャリ多摩川の陣

北陸Saxo乗りのlfoさん「多摩サイを走りたいぃぃぃ!」という熱い思いを実現すべく、チャリチャリ春の部会が開催された。参加したのは、ただ走りたいだけでなく「美味しい物も食べられなくちゃ嫌」という贅沢な8人の侍。(私は美味しいものが先にぶら下がってないと走れないだけ)lfoさん、しいちょさん、たか☆さん、ぺんぎんさん、タチウオ師匠、師匠の奥様、連れ、そして私。加えて現地集合は、美味しいものを食べたかったnodaさんと、ワンコのお散歩ついでに顔を出してくれたieさんである。
先週同じ行程を偵察に出掛けたのだが「行きも帰りも向かい風」という悲しい境遇。それとはうってかわって今日は爽やかな春の陽気に恵まれた・・・最初はね(涙)。
多摩川サイクリングロード沿いの登戸、二子玉に集合したみなさんに比べ、私は少し上流の家に近い橋で合流したため、比較的ラクチンな距離にはなった。サイクリングロードを上流に向かってひたすら進み、途中の立川公園で休憩してお昼過ぎに石川酒造に到着。美味しい地ビールやお蕎麦を楽しんだ。ビールと甘いお菓子をお土産に買い、再び多摩サイへ。
往路はぽかぽか陽気の中まったり気分で走れたのだが、復路の「府中多摩川かぜのみち」という区間に入ったとたん強風が吹き始めた。名前通りにしては出来すぎている。そーゆー意味なのかっ(号泣)?横風に吹かれながら前に進む事もままならず、みんなからはズンドコ離され、自分の脚の情けなさにむせび泣きながら、やっと家の近くの橋にたどり着いた。
本日の走行記録
走行時間:2時間35分16秒
走行距離:50.54km
平均時速:19.5km/h
最高時速:33.3km/h
ちなみに本日の最高速度は、府中辺りで川沿いの車道を石川酒造へ向かうnodaさんのXantiaを発見し、挨拶をするために踏みまくった「noda-dash」でマーク。
疲れた体を近所の銭湯で癒し、夜はお好み焼きを食して就寝。
体重は増えていた・・・おかしぃ(涙)。
posted by はきこ at 23:47| 東京 ☀| Comment(9) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

福生

体調が万全ではなかったけれど、来週、連れの企画でツーリングがあるため、その下見を兼ねて自転車で福生へ出掛けた。ここでどうこう説明してしまうと来週の楽しみがなくなってしまうので詳細は秘密。
今日は風が吹いていて連れについて走るのが大変だった。連れがちょっと踏むとあっという間に離されてしまう。しかも福生まではじんわり登ってたりするし。
その辺の弱さは2CV並みだな。
で、今日はヘロヘロ。
走行時間:2時間56分02秒
走行距離:53.04km
平均時速:18.0km/h
最高時速:32.0km/h
懐かしい話だが、バーチャファイターの「修行が足りんっ!」の声がどこからか聞こえてきそうだった。
もう寝る(涙)。

ぁ、石川酒造は八重桜が見頃だった。来週はどうかなぁ?
posted by はきこ at 21:15| 東京 ☁| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

世田谷文学館

自転車で世田谷文学館へ行った。
setagaya1.jpg
今日は”花森安治と「暮らしの手帖」展”の最終日。ずっと行きたいと思っていたがなかなか時間がとれず、結局最終日の今日になってしまった。
「暮らしの手帖」のかつての編集長でもあり、表紙やカット、執筆なども手がけていた花森氏の原画や原稿が展示してあり、併せて暮らしの手帖の歩みも追う事ができる。創刊が昭和23年。戦後間もないとは思えない斬新な装釘、先駆的なアイデアがもりだくさんのこの雑誌の信念は、この時代になっても色褪せず、しかも創刊以来形を変えずに今日まで続いている。
この雑誌、よく「スローライフ」とか「ロハス」などの言葉と一緒に取り上げられる。でも私はそんな現代人の能天気なライフスタイルと一緒にするのはどうも気に食わない。生きる知恵、生活のアイデア、戦後の「世界の中の日本人としての生き方」・・・上手く言えないけれど、この雑誌の追求する所はもっともっと深い所にあるんじゃないかと、様々な展示を見て思った。
文学館の中に入ってすぐのロビーでは、暮らしの手帖社から発刊されている本や雑誌が売られており、幅広い年代の女性が買い求めていた。私も欲しいけれど買えないでいた本が沢山あり、それが一挙に目の前で展開されているのを見て、静かにパニックに陥っていた。少ない予算の中でどれを買おうかとあれこれ手にとって見ていると、一人の老女が話しかけてきた。
「この本はね、私がつくったのよ。あっちの本はあの人がつくったの。」
へ?
最初はわけがわからなかったのだが、最初に話しかけてきた女性は、暮らしの手帖社の社長さんでいらっしゃる横山泰子さん、横山さんが紹介してくれたもう一人の方は、花森氏と共に創刊から暮らしの手帖に携わっている大橋鎭子さんだった。(大橋さんの名前は雑誌の後ろに「発行者」として名前が載っているから、代表みたいな役職なのかしらね?)何だか凄い事になっているなぁと思いながらも、お二人の矍鑠とした品の良い姿に見惚れていた。
帰り際、横山さんが作った本と大橋さんが作った本を1冊ずつ買おうと手に取ると
「あら、この本を買ってくださるのね」
と横山さんが嬉しそうに言った。自分がつくった本が目の前で売れるのは、何年経っても嬉しいのだなぁ。連れと私は欲しかった本を買い込み、二人の素敵な老女に深々と頭を下げて文学館を後にした。
文学館近くのパン屋で昼食を買い、神田川沿いのベンチに座って簡単な昼食。
setagaya2.jpg
ソメイヨシノの花もそろそろ終わり。
阿佐ヶ谷のちゃりんこ屋で色々パーツを買い込んで帰って来た。
本日の走行記録
走行時間:2時間02分41秒
走行距離:31.02km
平均速度:15.1km/h
最高速度:26.5km/h
今日はオキラクを決め込んで走ってたけど・・・。パリ・ルーベのレースの優勝者の平均時速が42km/hだってさ。半分以下(笑)。
ちゃんちゃん。
posted by はきこ at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

ひさびさ中目黒

連れが米国に行っている間に一度自転車に乗りたいと思っていたので、久々に中目黒のマドレーヌまで自転車で行ってみる事にした。前回小金井に行った時に悩まされたチャリパンも、先日新宿で買ってきたのでもう大丈夫。
行きは甲州街道から井の頭通りに入り、そこから山手通り、旧山手通りに走るいつものコース。昔は迷って2時間くらいかかっていたのに、今では迷わず1時間ちょっとで行く事ができる。途中でパンクしても良いように、チャリンコ屋さんもチェック済み。したことないけどね。
1時前に家を出て2時頃マドレーヌに着いて、いつもの”マドレーヌ・ラテ”の大きい方を注文。今日はショコラクッキーが焼き上がっていたので4個購入してきた。1個は自分、1個は日曜日に帰って来る連れ、あと2個は夜またお世話になる姉夫婦・・・また行くんです、はぃ(笑)。30分ほどくつろいで「みんなによろしく」と早々に帰路につく。帰りは井の頭通りの大きな坂を避け、手前の細い道へ入ってらくらく走った。
家に戻りすぐにお風呂を沸かし、ざざっとひと風呂あびてから浦安の姉の家に向かった。ももちゃんとまた遊ぶんだい。
本日の走行記録
走行時間:2時間00分22秒
走行距離:34.96km
平均速度:17.4km/h
最高速度:38.3km/h
まだまだ走れそうだなぁ。
posted by はきこ at 21:34| 東京 ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

小平グランド、ふたたび

我らがFC東京は、今年から新監督ガーロ氏を迎えた。今日はベルマーレとの練習試合があるので、その仕上がりを観るため小平のグランドまで自転車で出掛けることにした。
実は昨日、吉祥寺に行った際に自転車に乗る時に履けるような冬用のパンツを探した。今持っているのはサ○ィで買った子供用の160cmサイズ。少し小さめなので自転車を漕ぐと、曲がる箇所がパツパツになってしまって漕ぎづらいったら・・・(汗)。吉祥寺ではとても良さそうなものが見つかったのだが価格が8000円台で、これは連れの審議を通さないとなぁと思い、買わずに帰って来た。
11時半すぎに自宅を出発し、連れが私の為に途中で立ち寄ってくれたのは・・・
isami.jpg
局長の墓所がある龍源寺。ウチの周辺は新撰組ゆかりの地が沢山あるので楽しい。今日のところは墓所の場所だけ確認して先を急いだ。
1時くらいに小平グランドに到着。事実上ランク下のチームとの試合だったし、両チーム共、おそらく主力メンバーは無理に出してないハズだしって事で、試合はまったりムードで展開。うちのチームは落ち着いてボールを支配できてたんじゃないかな。うちの勝ちゲームだった。
子供用のパツパツパンツのせいで、漕いでいる時に足が十分に曲がりきる前に、踏み込まなければならない状況になっていた。だからいつも使う筋肉とは違った所を使わなければならず、膝が異様に疲れた(涙)。
本日の走行記録
走行時間:1時間52分15秒
走行距離:32.63km
平均速度:17.4km/h
最高速度:36.7km/h
早急にチャリパンを買う必要アリ。
posted by はきこ at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

七福神めぐり

そう言えばまだ初詣を済ませていなかった。今日は予定もなかったので調布市の七福神をめぐり、最後の深大寺で初詣を済ませよう。ついでに、ちゃりんこ初乗りもしちゃおう。
最初に行った西光寺。ここで”ご朱印”のために色紙を購入(700円)。真ん中に七福神の絵が描いてあり、その周りに神様の名前と調布市内のお寺の名前が7つ書いてある。七福神を拝んだら、それぞれのお寺のご住職にハンコ(各300円)を押してもらう。言ってみればスタンプラリーだな。

で、いきなり七福神とは関係ない局長登場。だって、西光寺に座像があるんだもん。
kondou.jpg
でもどちらかって言うと私は土方派。

それから大正寺の恵比寿神、常性寺の布袋様、昌翁寺の寿老人、明照院の弁財天、祇園寺の福禄寿、そして深大寺の毘沙門天を回った。今日は大正寺の恵比寿神を紹介しよう。
有名な布田天神がある通りの右手にお寺がある。ここが大正寺なのだが門には青竹で柵が施してあり、ちょっと中には入りにくい感じ。「入って良いのかなぁ?」と躊躇していると、門の隣の通用口のような所から出て来た女性の二人連れが「入っても大丈夫ですよ」と教えてくれた。おばあちゃんと中年の女性で、親子のように見える。おばあちゃんは足がだいぶ弱ってらっしゃるようだ。
自転車に鍵をかけていると、おばあちゃんが「板をね・・・」と小さい声で言い出した。「板を木槌でコンコンってしてお参りするのよ」フム、どんな仕掛けになっているのだろう?
いつもは高い塀に囲まれていて気がつかなかったのだが、中はとても広く立派なお寺だった。恵比寿さまを探して左手奥に入って行くと小さな池があった。そして、池の真ん中に恵比寿さまが祀ってあった。
ebisu.jpg
池のほとりには木の板と木槌がある。おばあちゃんの言っていたのはこれだわね。
板には「恵比寿さまはいつも後ろを向いているので、木槌で合図をしてからお参りをしてください」と書いてあった。
実は恵比寿さま、耳が悪いと聞いた事がある。本当は正面から一度お願いごとをして、そして横側か裏側にまわり、大きな音を立ててもう一度お願いをしないと、願いごとが届かないのだそうだ。ここは最初から裏手にまわってお願いごとをするらしい。
本日の走行記録
走行時間:1時間11分26秒
走行距離:17.66km
平均速度:14.8km/h
最高速度:30.9km/h
今年最初だから、まぁこんなところで勘弁してやろう。
冬用のちゃりんこパンツが欲しいなぁ・・・サ○ィの子供服売り場で買ったようなのでは、走りにくくてぜんぜんダメだわ(涙)。
posted by はきこ at 00:20| 東京 ☀| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

豪徳寺ー代官山

昨日は東京にも木枯らし1号が吹き荒れたらしい。今日はうって変わって非常に穏やかな日。すんばらしいちゃりんこ日和ではないですか。2CVカフェのマドレーヌにもしばらく行ってなかったので、今日は代官山目指して1時半頃家を出発した。
・・・で、辿った道のりなどは連れのブログを参考にしていただくとして、私の方は途中に立ち寄った”豪徳寺”のレポートを担当する事になった。ってか、夕飯の片付けしている間に連れがブログを書き上げ「豪徳寺は譲った!」と言うので・・・(笑)。
世田谷区にある「曹洞宗大谿山豪徳寺」は、東急世田谷線の宮の坂駅を降りてすぐの所にある。ここは本家本元”招き猫”の発祥の地である。また、大老井伊直弼公の墓所でもあり、公が豪徳寺で永眠する所以と招き猫もまた深く繋がっている。
いつ暗殺されてもおかしくないような生活を送っていたんだって。大老の眠る墓。
go-tokuji-ii.jpg
招き猫は、正しくは招福猫児で「まねぎねこ」と読む。豪徳寺はその昔は非常に貧しい寺であった。時の和尚は自分の食事を猫に分け与えて、我が子のように猫を可愛がっていた。ある日、想像するに和尚ぼそっと「毎日こんなに可愛がっているんだからさぁ・・・お前が何か良い事でも持って来ないかねぇ」なんて猫に向かってぼやいたそうな。
ご主人、そんな無理言わないでよぉ・・・。まるで自分がソレであるかのように、この老猫はずっと寺の前にいる。
go-tokuji-ii.jpg
ある夏の日、門のあたりが騒がしいので和尚が外に出てみると、鷹狩りの帰りと思しき武士が5、6人。「このお寺の前を通りすぎようとしたら、猫がうずくまってこちらに向かって手招きをしたのだよ。あまりにも不思議な感じがしたので、せっかくだからここでしばらく休憩させてくれないか。」と言うので、和尚は奥に招き入れお茶をふるまった。するとほどなくして空模様が怪しくなり、ひどい夕立が降り、雷が鳴り始めた。和尚は心静かに説法を続ける。武士はとても喜んだと言う。その中の一人が「私は江州彦根の城主、井伊直孝です。猫に招き入れられてここに来て雨を凌ぎ、和尚様の説法を聞けたのも、仏の因果なのでしょう。これからも気軽に立ち寄らせていただきます。」と言って立ち去った。やがて豪徳寺は井伊家の御菩提所となり、田畑などもしこたま寄進してもらって、今のような大きな寺になったとの事。
後に和尚はこの猫の墓を建て丁寧に冥福を祈り、この猫の姿形を作って”招福猫児”と名付けた。
奉納された沢山の招き猫。ん?何だか雰囲気の違うのがいるぞ・・・。
go-tokuji-matigai.jpg
寺の奥へ進んで行くと、招き猫を買う事ができる。今日はウチの玄関に置いておく少し大きめのを1体買ってきた。
必ず地べたに置いて、猫が見上げてこちらを見ているように据えてあげましょう。
go-tokuji-matigai.jpg
沢山の楽しい人がやって来ますように。
で、当然こちらにも小さいのをお土産に持参。
go-tokuji-maneki.jpg
マドレーヌ用。シトロエンは人の縁・・・などと某氏が上手い事をおっしゃっていましたが。ここにも沢山のお客様が来ますように。

おっと、忘れちゃいけない。本日の走行記録。
走行時間:2時間38分23秒
走行距離:44.70km
平均速度:16.9km/h
最高速度:141.2km/h
ええっ!?マジっすか??何度見ても最高速度がこの表示・・・。アームストロングもびっくり!シュー様もタジタジのアスリート。私っていったい、何者よっ!
posted by はきこ at 22:51| 東京 ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

丹沢湖

初めての林道ツーリング。
今日の為にZXにルーフレール(純正)と自転車用キャリアー(THULE)を付けてあげた。
tanzawa.jpg
今日は丹沢湖から上流に向かって林道をヘコヘコ登ってみた。一緒に走ってくれたのはタチウオ師匠とその奥様、タチウオ師匠の大学時代の同級生のTさんとその奥様。この4人はレースにも出ているやる気のある自転車乗り。あとはお馴染みの連れ。一番経験のない私はついて行けるのかしら(滝汗)。
丹沢湖畔で集合し、ここでチャリンコを降ろして林道をひたすら登る登る。最初は道が良かったからそれなりに踏めたけれど、上に行くほど砂利や大きな石が目立ってきた。他の方の自転車はマウンテンバイクだったので、タイヤが大きく滑りも少ないのでたくましく登っていく。私のはクロスバイク・・・まぁ、ロードとマウンテンの間とはいえ、どちらかと言うとロード寄り。あまり山道には向かないのでズルズル滑りながらヘロヘロついて行く。途中、男性陣とTさんの奥様(この方がよく登るっ!)に何度も待ってもらいながら、およそ13kmの道のりを2時間ほどかけて走った・・・と言うより、とにかく頑張って踏んだ。
目的地は沢の広い川原で、そこであらかじめ買っておいたお昼を食べた。ウチはコンビニでおにぎりやサンドウイッチ、飲み物だけの用意だったが、タチウオ師匠とTさんは調理用のガスバーナーを持ってきており、コーヒーを入れたり、鍋焼きうどんを作ったりしていた。ウチもタチウオ師匠から1杯の鍋焼きうどんをいただき、Tさんに食後のコーヒーをいただいた。その後、雨が降ってくるような天候で、体も汗がひいてきて冷えていたのでとても暖まった。有り難い(涙)。うちもバーナー買おうよ。
帰りはほとんど下りだったので疲れはしなかったが、やはり私の自転車は大きな石に阻まれて思うように進めなかった。それでも同じ道を1時間もかからないで下った。ペダルは踏まなくて済むが体が冷えてしまったので、帰りには丹沢湖のすぐ近くの中川温泉でまったり温泉に入ってきた。ガクガクだった膝が少し軽くなったし、何よりもゆっくり体を暖めることができた。ぁ、それでも明日は膝が心配・・・。
本日の走行記録
走行時間:2時間28分04秒
走行距離:27.81km
平均速度:11.2km/h
最高速度:30.2km/h
距離はそれほどではないがずっと登りが続いたため、疲労感は福生@往復60kmより疲れた(涙)。それでも初めての林道はとっても楽しくて、これからの自転車の楽しみがまた増えた。山も平地も、もっともっと走りたいなぁ。
やっぱりマウンテンバイクも欲しくなっちゃったし(笑)。
posted by はきこ at 00:12| 東京 ☔| Comment(11) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

等々力

ここのところ休みの日は雨が多く、自転車で出掛けるのもままならない。本当なら昨日、阿佐ヶ谷まで自転車で行って、美味しいチーズケーキを食べたかったのだが、天気予報が雨を報じていたので諦めて車で出掛けた。(チーズケーキは食べたけど♪)
体が動かせないストレスもだいぶ溜まっていたので、今日は午後のサッカーに間に合うように朝早く自転車で出掛けて、昼前に帰ってきて昼食にクレープを食べてサッカーに出掛けようという事になった。
今日の目的地は等々力。ここには23区でありながら”渓谷”があると以前から聞いており、是非行ってみたかったのだった。8時半に家を出て、野川沿いを下って、超急勾配の「国分寺崖線」をヘロヘロのぼり、9時20分頃に渓谷近くの等々力不動尊に到着した。
todoroki1.jpg
菊祭り開催ちう。
さて、肝心の等々力渓谷はどこにあるんだろう?不動尊から少し降りた所に川が流れている雰囲気はあったのだが、自転車を置いておくような場所がなかったので、もう少し走って様子を伺う。この辺りは高級住宅街。大きな”お屋敷”とも言える家の駐車場には、普通にマセラッティやらランボルギーニが置いてある。等々力、恐るべしっ!大井町線等々力駅の辺りに渓谷への入り口を見つけたが、自転車は置いておけそうもないので、担いで渓谷に降りて歩道を転がしてあるいた。
todoroki2.jpg
頭の上には環八があり、車がゴーゴー走ってはいるが、それに負けじと清流がしょわしょわと音をたてて流れている。天気が良ければもっと気持ち良かっただろうなぁ。
今日は40分ほどの滞在で帰ってきたが、次は近くの日本庭園をまわったり、川で泳ぐ鴨を眺めたりしてゆっくり過ごしたい。自転車を停められそうな場所も見つけたし。
帰りは多摩川沿いを、向かい風に負けながらヘロヘロ帰った。
本日の走行記録
走行時間:1時間58分23秒
走行距離:33.20km
平均速度:16.8km/h
最高速度:31.3km/h
坂道と向かい風に弱いところは、2CVに似ているわたくし。まだまだへなちょこ(涙)。
posted by はきこ at 22:38| 東京 ☁| Comment(5) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

小平グランド

連休の初日。3日の間に1日は自転車で出掛けたいなぁと思っていたけれど、天気予報はずっと雨。
今日は小金井にあるFC東京の練習場「小平グランド」で駒澤大学との練習試合が予定されていた。それならばそこまで自転車で行き、試合を観て帰ってこようかという事になり、12時半頃家を出るべくせっせと準備などしていた。ところが出掛けようとした頃から雨が降ってきた。しばらくは半ば強引に走っていたが、どんどん強くなってきたので近所の食料品安売り店に避難。今日は諦めて近所をふらふらまわって帰ろうかぁ・・・なんて言いながら、必要な物を買っていて外に出たら雨が止んでいた。うし、行く事にしようじゃぁないの。食料品店を1時頃出て途中のコンビニでご飯を買い、小平グランドには2時に着いた。ちょうど試合は始まったところだった。
試合は45分を3セット。1セット目は代表で呼ばれている茂庭と土肥、オールスターに呼ばれている今野、怪我をしている石川と加地以外の主力メンバーが戦っており、さすがに余裕のゲーム展開。さくっと2点先取した。2セット目はほぼ全員メンバーを入れ替えて、そうしたら試合展開がガラッと変わって互角以下の戦い(涙)。技量はあるんだけど多分、普段一緒に戦っているメンバーじゃないから息が合わないんだろうなぁ。それでもさらに1点追加。3セット目は気がついたところではキーパーを変えたくらいで、あとは2セット目と同じ。だんだん息は合ってきたようで、試合も比較的キビキビと進んで、結局は3-0とプロの強さを見せつける結果となった。
基本的にJリーグは「ファンサービスはしっかりと」と決まっているので、練習場ではきちんとサインや写真撮影に応じてくれる。私たちも試合後サインをしてもらう用のユニフォームを持って、選手が通る通路で待っていた。
kaji.jpg
怪我をしていてもサインしに来てくれた加地さん。後頭部はわたくし。
hara.jpg
こちらは監督の原さん。ユニフォームの一番目立つ所にしていただいた。
その他にも馬場、梶山、増嶋、ジャーン、ルーカス、ササ、遠藤、戸田、金沢、近藤、小林、阿部、中村、鈴木(敬称略)のサインをいただいた。大収穫♪
戸田さんのサインはちょっとかわいかったので「ぁ、かわいい・・・(笑)」と思わず言ったら「ぁ、ありがとぅ(笑)」と控えめにお礼を言われた。ルーカスは先日のvsFマリノス戦で救急車で運ばれたけれど、先週の試合からすでに復帰しており、サインにも丁寧に応じてくれた。元気になって良かったなぁ。
ところで、私の一番好きなキーパーの塩田がいないぞっ!次の機会には是非ぃぃぃぃ!

本日の走行記録
走行時間:1時間45分14秒
走行距離:32.33km
平均速度:18.4km/h
最高速度:38.0km/h
30kmの走行くらいではへこたれないようになってきた。気が狂いそうなほどお腹が空いて、家でシチューをがーっと作って美味しくいただいた。やはり、運動した後のご飯は美味しい。
posted by はきこ at 23:22| 東京 ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

府中

そもそもですね。
このブログを「お〜えど捜査網」としたのは、私が東京に出てきて周辺を探訪した記録を残そうと思ったわけで。一人でブラブラしたり自転車で走ったりして、面白い東京を発見し、ここで紹介したいネタがけっこうあるのだ。

5月頃だったか。ヒマしていた私にタチウオ師匠から電話がかかってきた。結婚のお祝いに「野菜の水切り器」をいただけるとの事。届けに来てくれた際、うちに上がっていただいて話をするうちに、前から行きたかったとある場所の事を話したら、自転車で走れるコースを教えてくれた。
行きたかったのは府中。あの事件のあった場所をどうしてもこの目で見てみたかったのだ。それは昭和最大の迷宮入り事件である三億円事件の現場。
その数日後、自転車で家を出発し府中市を目指した。タチウオ師匠が教えてくれたのは東八道路で府中に入り三億円事件の現場を見て、大国魂神社に立ち寄り、分倍河原を抜けて多摩川サイクリングコースで調布に帰って来るコース。その頃はまだサイクルコンピューターを装備していなかったのだが、多分20kmちょっとの距離になると思う。

fuchu1.jpg
ここが現場付近とおぼしき場所。左側の塀は府中刑務所で、ここはその北側になる。1968年の12月10日、日本信託銀行国分寺支店から運ばれてきた東芝府中工場の従業員のボーナス2億9430万7500円を乗せた車は、おそらく写真を撮っている後方から走って来た。そしてもしかすると現場はもう少し後方かも。
もっと詳しく知りたい人はこちらを参考にしてくださいな。他の事件も詳しく載っているので面白いカモ。
私はもともとミステリー好き。しかも人が死んじゃったりするのはあまり好まない。リンク先の文章を読むとわかるように、この事件は脅しもせず、誰も傷つけずにあっさり超大金を持ち去った”窃盗”であり”強盗”ではない。沢山の遺留品があり、モンタージュ写真も公開されたが1975年に時効となった。昔、○田裕二が犯人役でドラマ化されたのを見た事があるが、このドラマでは犯人は自殺した事になっていたかと。犯人自殺説以外にも様々な憶測が飛び交ったが、真実は未だ謎のままである。事件を美化してしまうのは良くないけれど、この事件の真相は是非是非是非是非知りたい。犯人生きてないのかなぁ・・・本でも出せば飛ぶように売れると思うんだけど(笑)。

この後にも私の府中めぐりは続き
fuchu2.jpg
大国魂神社で今年初の蚊に刺され
今までテレビでしか見た事がなかった府中の競馬場のまわりをうろうろして
fuchu3.jpg
群馬の”上毛かるた”だけで歴史に名高い「新田義貞」が戦った、分倍河原の古戦場跡を見て
いつも行くちゃりんこ屋さんでグッズを見て
そして多摩川サイクリングコースを下って調布に戻って来た。
posted by はきこ at 22:33| 東京 🌁| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

立川ー福生ー小金井

暇な時は自転車に乗らないと気持ちが悪いような体にはなってきた。昨年水泳で鍛えたせいか、持久力だけはついていたらしい。今日は少し距離を伸ばして走ってみることにした。
朝10時半前に家を出て、まずは近くの小学校で投票。あの人には入れてないよ(笑)。10時半ちょうどくらいに小学校を出発し、そこから計測も開始。多摩川サイクリングコースに出て、そこから福生までひたすら走る。
途中、立川市あたりでサイクリングコースから外れてしまったが、ここで嬉しい誤算。とても気持ちのよい公園にたどり着いた。そこで16キロくらい走っていたので少しだけ休憩。立川市の根川公園という所だった。小さな小川が流れていて、かわいいカモやお魚がいっぱい。
negawakamo.jpg
人間以外に生まれ変わるならカモがいいよね。できれば食用でないやつ。
そこからまた多摩川沿いに復帰して、拝島橋を超えたあたりでコースを降りた。本日の目的は福生市にある「石川酒造」。酒造の敷地内におしゃれなフランス料理店とそば屋がある。勿論、日本酒や地ビールなどのお酒も売っている。今日はそば屋で昼食。
shuzousoba.jpg
連れはぺールエール、私はピルスナー、おつまみに枝豆と自家製厚揚げを頼んだ。それとざるそば。厚揚げは揚げたてでかりかり。ざるそばは細めでぶりぶりの歯ごたえで、なかなかのお味。旬の魚の料理もメニューにあったので、今度はこちらも食してみたい。
酔いをさましながら酒造の中を歩いてみた。敷地内には玉川上水の”熊川分水”が流れている。
kumagawa.jpg
いい感じのてんとう虫発見。走るのかなぁ。
shuzou360.jpg
さらに酒造のお土産店でおやつ代わりの”スイートポテト”を購入して酒造を後にし、横田基地を右手に見ながら道沿いの雑貨屋に少し立ち寄った。雨が降って来そうだったので早めに切り上げて、玉川上水を下って家を目指すことに。
しばらく走ると雨雲が遠のいてきたので、予定を変更して小金井にあるFC東京の練習場を見て帰ることにした。少し迷いながらもグラウンドにたどり着き、そこでおやつのスイートポテトを食す。ここでまた雨がポツポツ落ちて来たので、また慌てて家を目指した。野川沿いを走る頃には雨が強くなってきたが、本降りになる4時頃には帰宅した。
愛車はだいぶ濡れてしまっていたので、しっかり拭いて家に格納。片付けをして夕飯の米を研いだ後、2時間ほど昼(夕?)寝。しっかり寝たので夕飯の親子丼は美味しかった。
走行時間:3時間29分03秒
走行距離:62.61km
平均時速:17.9km/h
最高時速:37.8km/h
連れのサイクルコンピューターとは少し誤差が出るんだけどなぁ・・・。ちなみに多摩サイを走っている時は平均時速20km/hくらい。まだまだ弱ぃ。
posted by はきこ at 23:52| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

阿佐ヶ谷

私は慣れない仕事、連れは殺人的スケジュールの仕事で昨夜は二人でばたんきゅ〜。今朝起きたのはお昼になろうかという時間だった。休日はダラダラしたいなぁと思っていたけれど、起きてみると二人とも比較的スッキリ。久々に自転車で出かけようかという事になり、有名な自転車ショップのある阿佐ヶ谷へ行く事にした。
3時頃からゆるゆると出発し、武蔵境通り、人見街道、五日市街道、を経てショップのある青梅街道に出た。途中、道が狭くハンドルが標識にぶつかり、倒れまいとして頼ったブロック塀で左肘を擦りむいた。出血はそれほどでもなかったが、傷口が風に当たるとヒリヒリして痛かった(涙)。ショップでは、今までより丈夫で切りにくそうな自転車の鍵を購入した。サービス券がかなりたまっていたので、支払いはコレで賄えてしまえたのはラッキーかな。
実は阿佐ヶ谷には自転車屋以上に魅力のある店がある。以前、電車で来た時に偶然目に止まって入った小さな喫茶店。おばさんが一人で切り盛りしていて、店の構えはこじんまりしていて品が良い。必ず和服を着た方がお客さんにいるのは、近くに踊りのお教室があるかららしい。私たち、いつもはテーブル席に座るのだが、今日は空いていなかったのでカウンター席に座った。目当ては他の店とは美味さのベクトルが違う手作りチーズケーキなのだ。
私はブレンド、連れはアイスコーヒーとチーズケーキを二つ頼んだ。が・・・私たちとほぼ同時に入ったカップルが先にオーダーした分で売り切れてしまった。自転車屋より先にこっちに来れば良かったぁ(号泣)!仕方が無いので私だけダークチェリーのタルトを頼んだ。幸いだったのは、それをきっかけに初めて店主のおばさんとお話が出来た事。ブレンドコーヒーのカップを棚から選ばせてもらい「こっちもなかなか美味しいのよ」とタルトを出してくれた。程よい甘さでとても美味しかった。格好を見て自転車で来て自転車屋に寄って来たのだとわかったらしく、調布から来たと言ったらとても驚かれた。ついでに先にチーズケーキをゲットしたカップルも、あっちの方でびっくりしていたらしい(笑)。おばさんは下町気質と品の良さを兼ね備えた感じで、とても気さくで楽しい人だった。「今度は先にこちらに来ます」と言って出て来た。リベンジは必ず近いうちに。
帰りは善福寺川沿いを走り西荻窪方面に出て、吉祥寺を抜けて家を目指した。途中、吉祥寺のど真ん中でおばちゃんを避けようとして路上の溝にタイヤがはまって転倒。スピードが出ておらず「ぽてっ」と倒れたため自転車は無事だったが、左手をついたため親指の付け根辺りを痛めてしまった。今日は左側が凶と見た。
走行時間:1時間46分49秒
走行距離:30.15km
平均時速:16.9km/h
最高速度:40.5km/h
posted by はきこ at 23:45| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

調布偵察

スペインでの暴飲暴食の反動で、どうもこのところ腰回りが重くなった気がする。プールもしばらく行ってないしなぁ。そんな訳で今日は自転車で少し体を動かす事にした。天気予報もそれほど高い最高気温を予想していなかったし。
本当は高幡不動尊や百草園辺りまで遠出したかったのだけど、両親が使った布団を干したかったのと、午前中におととい吉祥寺で買った扇風機が届く予定になっていたので、ちょっと距離を縮めて15kmを目安に近場をぐるっと回る事にした。
ぁ、そうそう。やっと私の自転車にサイクルコンピュータを付けてもらたのだ。だから試走も兼ねている。それと、職を探すのに、地名でピンとこない事があるので、周辺の地名と家からの距離を把握しておきたかった。
午後2時すぎに家を出て、まずは調布飛行場を目指した。ここにある”プロペラカフェ”が目的。飛行場の西側から入り「関係者以外立ち入り禁止」と書いてある看板を横目に中に入って行く。何でも「カフェのお客様は関係者だから」と立ち入りを許されているらしい。本当は飛び立つセスナでも眺めながらお茶でもして行こうかと思ったんだけど、一人では何となく寂しいので、後で連れと来る事にして今日は偵察だけ。
カフェの場所を確認し、飛行場の周囲をぐるっとひと周り。近藤勇の生家や”武蔵野の森公園”を抜け、いつもサッカーを観ている味の素スタジアムの前を通って、今度は深大寺方面を目指した。次は神代植物園の横にある総合体育館のプールへ。今日はお休みなのはわかっていたのでこちらも偵察。中を覗き込んでいると職員の方がいて、パンフレットをもらう事ができた。施設の様子もいくつか質問したら丁寧に答えてくれた。400円ならお手頃価格だし、コース分けもしてあるようなので今度行ってみようかな。
ここまで来てだいぶメーターも良い感じの数値になっていたので買い物をして帰宅。メッセンジャーバッグに入る量を考えながら買い物をしていたら、今晩予定していた献立とは違うメニューになってしまった。まぁいいか。
走行時間:1時間8分30秒
走行距離:18.08km
平均時速:15.8km/h
最高速度:25.7km/h
歩道で買い物チャリのおばあちゃんに引っかかったり、公園内を徐行したりしていたから平均時速も最高時速もこんなもんかな・・・。
posted by はきこ at 22:55| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。