2010年03月11日

スタジアムデビュー

今さらではあるが、先日6日はJリーグ開幕戦が各地で行われた。
昨年は寝太郎がまだお腹の中に居たので、サッカー観戦も6月27日の国立以来。寝太郎は初めてのサッカー観戦となった。
以前は開場の2時間くらい前に家を出て、観やすい席を確保していたのだけれど、寝太郎の生活のスケジュールもあるので、しばらく席取りは連れにお願いしなければならない。私は寝太郎を抱っこひもで前に抱え、試合開始の30分くらい前に家を出た。
いつもの席だと「野次将軍」がたまに現れて、あまり教育上よろしくない言葉も飛び交うので「子供優先エリア」で観戦する事で話がまとまっていた。しかし、どこへ行っても野次将軍は居るし、子供優先席なのに喫煙エリアのすぐ近くで、なんだか煙草の煙が漂ってくる。これじゃあ、いつもの席よりヒドいじゃん・・・という事で、次からはまた違う場所を模索する事にした。
寝太郎を抱えたままの観戦は試合に集中できない。しかも前の座席の寝太郎よりちょっと大きい子が、ブーイングと歓喜の声でびっくりして終始泣いていたのが可哀想で、その子の事もきになったりする。幸い寝太郎は終始おとなしく、途中ですやすやと眠る余裕も見せた。さすが寝太郎。でも観戦と言うよりは、ずーっと抱っこで私の方を向いたままだったわね・・・。
実際の試合内容もメリハリに欠けていて「このままスコアレスドローで終わっちゃうのかねぇ」という感じが続いていた。しかし多分相手監督の采配が、多分・・・ごにょごにょ・・・で、うちのチームが調子を出してきて、ロスタイムの得点に間に合った。石川が相手をかわした所で「勝負アリ」って感じ。平山もビッタリの所で合わせてきて、気持ちのよいゴールだった。大泣きする前の座席の子も巻き込んで、みんなでワッショイワッショイの狂喜乱舞。開幕戦に勝利すると、本当に気持ちが良いのよ。
10kaimaku.jpg
今年は勉強不足で、まだ選手の背番号が良くわかっていない情けなさ。後できちんと選手名鑑読んでおかないと。
でもまだ読まないといけない本があるのよねぇ。離乳食の本とか、育児書とか。他にも読みたい本が山積み(涙)。
posted by はきこ at 00:13| 東京 ☀| Comment(4) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

優勝!

うちのチームがヤマザキナビスコ杯で優勝した。
YNC.jpg
残念ながら現地、国立では立ち会えなかったが、家で寝太郎と観戦していた。
石川を怪我で欠き、社員選手の浅利とミスター東京の藤山とは、今シーズンでお別れという状況の中、川崎にどう当たって行くのかが心配ではあったが、決勝前の監督のインタビューを読むと、少し安堵感が出た。特別な事をするわけではなく、普通にやるつもりなんだな。
選手も平常心で戦っている様子がわかった。ベテランも若手も、自分の仕事を確実にこなし、特にキーパーの権田はミスひとつなく、冷静に飛んでくるボールを捌いていたように見えた。米本もMVPを獲得し、素晴らしかったが、私の心のMVPは権田に差し上げたい・・・いや、でも本当にひとりひとりが素晴らしかった。
テレビを見て泣く事もすっかりなくなったが、今日はじんわりと涙が出た。

・・・しかし、CSのフ○テレビの放送はヒドかったな(涙)。
お金払ってこの放送かいな。
posted by はきこ at 22:55| 東京 ☀| Comment(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

運も実力のうち

カルフール町田でのFFEが最後だと聞いて、J1最終節を観に行く前に立ち寄った。カルフール町田、閉店なんですって(涙)。
朝日を浴びて、甲羅干しをするカブトガニたち。
machidaffe.jpg
9時ちょっと過ぎに”かっくんで”到着し、受付をした後急いでお買い物。最後のカルフール町田を満喫するヒマもなく、残念ながらタイムアップ。「良いお年を〜」とか言いながら皆さんに別れを告げて、向かった先は「フクダ電子アリーナ(フクアリ)」だ。
初めて伺うこのスタジアム、傾斜があってピッチ全体が見渡せ、駅からのアクセスも良い。日本平、日立台も好きだが、ここも相当気に入った。ジェフがJ2に落ちたら、ここにはしばらく来られないのかぁ・・・などと思っていたけれど、この後何が起こるかなんて、誰にもわからなかったし(苦笑)。
前半39分に1点、後半8分に1点。これはもう、安全圏だろうと思っていた矢先、後半29分の新居のゴールを皮切に、11分間に4点も返されるという大失態だ。それでも私は、今年のうちのチームは良くやったと思っている。
「運も実力のうち」と言うが、私は最近この言葉をひしひしと感じる。やっぱり土壇場で運を引き寄せる力を持っている人は、経験で培った切り札や、経験値を積み上げた踏み台みたいなものがある。今日はジェフが16年間積み上げてきた力が、逆点を引き寄せたように思う。
ジェンガみたいなものだよね。
ただ年数積めばそれが発揮できるかと言えばそうでもなくて、きちんと積み上げないと崩れるのも早い。私はあまり運が良くない方だと思うけれど、それはやっぱり、正しく積み上げて来なかったから。今日降格が決まったヴェルディ(嫌いな)も・・・テレビで観た感じだと、今日のゲームはちょっと気の毒な判定があったけれど・・・それでも、前回降格した時に、きちんと0に戻って正しい積み上げができていれば、今回踏ん張れたんじゃないかな。
うちのチームも、今日は抜いちゃいけない所で気を抜き、ジェンガは見事に崩れ落ちた。まだまだだと思うけれど、それでも今年はチームが先に見据えているものが、私たちにも少し見えてきてた。十分に楽しんだ。来年もしっかり積み上げてよね。
その前に、天皇杯もあるし。
jef.jpg
残留おめでとう。心はフクザツなんだけど、降格しなくて良かった。
後ろに座っていた3人の親子のジェフサポさん親子「おめでとうございます」と声をかけるとお父さんが「ありがとうございます!来年もよろしくお願いします!」と涙を浮かべて、娘の頭を”むぎゅっ”と抑えてお辞儀をさせていた(笑)。
来年もまた「フクアリ」でお会いしましょう。
posted by はきこ at 23:11| 東京 ☀| Comment(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

野洲のサッカー

今日はうちのチームのホーム最終戦。familykさんのご家族も一緒に、スタジアムで観戦した。
優勝の可能性は昨日なくなってしまったものの、ACL出場権である3位以内に入る為には、来週の最終節も含め、勝ち点3は必須である。今日はしぶとく食い下がる新潟を相手に、辛くも勝利した。去年までのうちのチームならば、こういった場面で簡単に負けてしまっていたが、本当にギリギリの戦いでもこうして勝てるようになったのが、今年のチームの成長のひとつではある。中盤の順位でぶらぶらして、この時期になると目標もなかった昨年と比べて、今年はACLや天皇杯といった目標が、リーグ終了後も残っているのは観ている方も励みになる。
今年のリーグ戦は、今日監督が挨拶で「7月が特に辛かった」と言っていたが、私にはそれよりも、8月の浦和、ヴェルディに相次いで負けた時が一番辛かった。選手達にしてみれば、どうやら7月中の辛かった試合を通して、8月になると負けながらも手応えを感じていたようだが、私はすっきり勝てないチームにしびれを切らしていた。
もうサッカーを観るのはやめようか。日本のサッカー観てるなら海外のサッカーを観た方が面白いし勉強になるんじゃないか。そう思ってしばらくの間は、家でCSの海外のサッカーの試合ばかり観ていた。そうよ、金払って観てるんだから、面白いサッカーじゃなくちゃ、あたしもうサッカー観たくないわよ。お金もったいないもん。でも、年間チケット買っちゃったし。
そんな事を思っていた9月のある日、うちのチームのU-18の高円宮杯を観戦に行った。豊富なアイデアを持って戦うU-18は、トップチームよりもよっぽど頼もしい感じだったが、それよりもびっくりしたのは連れも以前に書いた野洲高校と市立船橋の試合だった。
野洲高校のサッカーは
@クリエイティブなサッカーを目指す
 (やっている人も見ている人も楽しいサッカーの実現) 
A世界を目指す
 (Global Standardから逆算した一流のチーム・選手)
B魅力ある選手を目指す
 (長所を持った選手)
というテーマを持っている。
で、例えばもの凄くかっちょ良いプレーをしている選手が居たら、そのプレーをまず真似してみる。真似して、取り入れて、自分の物にする事ができたら、そりゃ楽しいじゃんと。それが個人のスキルとなる。
パスを蹴り出すと、ボールは受けた人間の足元でぴたっと止まるし、相手を引きつけたところでヒールを使って後ろの選手にポンとパスするし。あんたたち、いったいどこに目が付いてるのよと思うくらい、動きながら周りを良く見て、相手を簡単に欺くのだった。相手は翻弄され、観ているこっちは思わぬ所にパスが出るのが楽しくてしょうがない。観戦中「面白いっ!かっちょいい!」と笑う私に、一緒に観ていた連れの会社の同僚で、野洲の隣町出身のHさんは「そうやってるうちに相手が、俺もあんなサッカーやってみたい・・・と思っちゃったら、野洲の思うツボ。迷ってる間に野洲のペースにしちゃうんですよ。」と言っていた。
これがプロの世界なら、このやり方が容易く通用しないかもしれないが、それはそれ、これはこれ。実際、高円宮杯の決勝トーナメントで、野洲は一回戦で敗退している。負けた本人達はそりゃ、悔しい思いをしているだろうけれど、私はもう、すっかり野洲サッカーが気に入ってしまった。Hさんには、地元でしか売っていない野洲高校サッカー部のタオルマフラーを発注。全国高校サッカー選手権大会には、これを持って応援に行きたいと思っている。
そんな野洲のサッカーを観ていたら、なんだ、楽しくないサッカーは観る必要ないじゃんと、逆に気楽になった。つまらなくなったら、野洲のサッカーを観に行こう。
うちのチームのサッカーも調子を戻し、個々の選手がそれぞれの仕事をできるようになってきた。来週の最終節には2つの目標を持って戦う事ができるなんて、こんな楽しい最終節が今までにあったかしら。(ACLはちょーっとキビシイみたいだけどね)
・・・って、血眼で食いついてくるジェフがちょっと怖い気がするから、チームカラーの服は着ないでスタジアムに行こうかとは思っているけれど。
勝ちたいけど、ジェフ降格しちゃイヤだ(涙)。
posted by はきこ at 23:04| 東京 ☀| Comment(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

ど〜もくん、怯える

結果
とうきょう 1-1 よこはまFM
今シーズンが始まった時、連れと「今年は試合結果に一喜一憂しない」と決めていた。
だから、あんまりうるさい事言いたくないがね。

試合開始早々に先制されるのと、後半になると中盤でボール奪われるの。
わかってる?
スローインの時のアイデアが、まったく見えてこないの。
わかってる?
毎回毎回毎回毎回毎回毎回
去年とおーんなじ事繰り返してるの。
わかってる?

それでいて試合後のインタビューで
「相手の方が勝ちたいという気持ちが勝ってた」
とか言い出したら
おばちゃん、ひっぱたくよ!
「気持ちが気持ちが」言うから、おかしくなるのよっ。

MPKのストラップ、付け替えようかしらねっ。
do-mo.jpg
posted by はきこ at 23:32| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

いなりずしを持って、スタジアムに行こう

ウチのチームの事は面白くないから書かない。なっさけない。あまりにも情けないので、調子の良さそうなチームの試合を観に行った。
オラが町(元)のザスパ草津。
ここのところ負け知らずで、サッカー専門紙でも「昇り竜」と評されている。去年はJ2の下位を漂っていたのに、今年はもう10勝。ちなみにどれだけ弱かったかと言うと、私は多分、JFL時代からサテライト戦を含めると10試合ほど観戦しているが、勝率は1勝8敗1分。連れに関しては8試合中、一度も勝ちを観た事がない。ひょっとして、ウチらが悪いのかと勘違いするくらいだ。
せっかくなので、ゲームを楽しもう。
inari1.jpg
ピクニック気分で、大量のいなりずしと共に。あまりにも多いので、連れの実家に分けて来た。
この日はザスパアウェイで、FC横浜と日産スタジアムで戦った。(このスタジアムは観ずらい!)試合に行く時は、里のザスパサポ”J夫妻”に一報入れる。いつもはコアなサポーターさん達とゴール裏で飛び跳ねているのだが、今回は時間ギリギリでスタジアムに登場。とても蒸し暑い日でゴール裏は蒸すし、お二人ともお疲れのご様子なので、今回は私たちと一緒に、少し離れた所で観戦した。
試合の前に、ザスパの強さヒミツを探る。
inari3.jpg
50度以上の熱い源泉と、刺激的な酸性泉。
inari2.jpg
撹拌して撹乱。
温泉のヒミツを探っている場合ではない。
この日は相手のFC横浜が市民にチケットを配っており、バックとメインのスタンドにはかなりの人が入っていたが、肝心のホームゴール裏はちょーっと寂しい感じ。コアなサポーターの数ならアウェイのザスパの方が入っていた。上昇チームの熱さを目の当たりにし、ホームゲームの盛り上がりを想像したりして感慨ひとしお。
結果はスコアレスドローに終わった。足元で細かく繋いでいくのはうちの今年のスタイルに似ていて、それをフィニッシュまで持って行けないのも、うちのチームに似ている(涙)。それでも、去年のザスパとは明らかに違う。調子の良い時のゲームをあらかじめ放送で観ておいて、色々比較できたらもっと勉強できたんじゃないかなぁと、予習のなかった自分を反省。いや正直、勝ってくれると思ってたものですから・・・「調子の良さ」を確かめに行ったのに、ちょっとガッカリ。また試合を観られそうな日程の時には、今度こそ勝ちを観たい。

ところで、J夫妻がお土産を持って来てくれた。
inari4.jpg
七福神あられ。それぞれの神様でお味が違う。
これはきっと、ラスクの次に来るよね。
posted by はきこ at 23:03| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

愛の告白

毎年楽しみにしているアウェイのエスパルス戦。
今年は金欠により訪問が危ぶまれた日本平。この次のアルディージャ戦アウェイ(こっちの方が交通費が安い)のチケットがとれず「連休中にアウェイ無しってのも寂しいじゃないのサ」って事で、せっかくだから行く事にした。
日本平にはパルちゃんがいる。
最近、ほとんどのスタジアムではサポーター同士の衝突を避けるため、観客をホームとアウェイで分断している所が多い。しかし日本平は一番サポーターの熱いゴール裏を除き、どこに座っても良いようになっている。アウェイチームも暖かく迎え入れてくれるのは、愛嬌たっぷりのチームマスコット「パルちゃん」が緩衝剤になっているところがある。ファンサービスの合間にウチのチーム側にも遊びに来てくれるのを、私は本当に楽しみにしているのだ。
勇気を出して初めての告白。今日こそ「大好きです」と言うっ!
pal.jpg
むひっ。照れられた。
「ししお」と3人で写真を撮り、こうしてポーズをとってカメラにも応えてくれた。
sisidaira.jpg
父ちゃんと対面し、喜ぶししお。

試合とパルちゃんはまた別の話。
最近好調なウチのチームではあったが、攻守の動きでは完全にエスパルスが上回っており、ボールを支配される機会が多かった。後半は少し盛り返したものの、中盤が上手く機能せず、得点源のFWも完全に抑えられていた。この時期になってくると手の内がお互い見えてくるので、そこを見抜いて守りながらチャンスを作った方が勝ったかなぁ。
次のトリニータも好調なようだし、理念を見失うような試合にならないよう、しっかり組み立ての確認だな。
posted by はきこ at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

はい、クラシコです

やはりイギリスのお話
リバプールの町に、マージー川を挟んで2のチームがある
”リバプール”と”エバートン”
こちらのダービーは”マージー・サイド・ダービー”という
ふむ

・・・んまぁ、そこまで本格的かどうかは別として、そして「同じ町じゃない」という声も聞こえてきそうだが。
一応、うちのチームにも多摩川を挟んだ向こう側にふろん太君ちがあって、そこのチームとの試合を「多摩川クラシコ」と呼ぶ。今までで3勝4敗5分け。しかも前年はホームとアウェイ合わせて12点も獲られているというヘナチョコぶりだった。
ふろん太君ち、個人的には好きなチーム。昨年、ふろん太君ちはFWのフッキをヴェルディにレンタル。1年経って復帰したフッキの代わりに手放したマギヌンが放出先で大活躍し、フッキは復帰後わがまま言って復帰前に居たヴェルディに復帰・・・ややこしや。DFの箕輪はややこしい故障で、こちらはとても心配。色々あってチームの低調が続いている。
さぁて、第13回クラシコはどうなりますか。

昨年から今までを振り返りつつ、今日の試合を振り返ってみる。
例えば昨年の場合、誰かが故障で離脱すると心配。不安だわ〜(涙)。代わりはいるの?戦略は?チームは配置を変えたりしながら試合に臨んではみるものの、思い通りに試合が進まない。先制されればタメイキついて、嗚呼、逆転はあるのかしら?せめて同点などと願いつつ、早く怪我治して戻っておいでよと、居ない者にすがる試合が多かった。
今年も怪我人は何人か居て、今日も今年から加入した羽生が怪我で離脱。初戦から毎試合ごとにフィット感が増し、前節では初ゴールを決めている羽生を欠き、これが去年なら「どどどど、どうしよう」と心配するところだ。ところが今年は、とりあえず心配してはみるものの、気が付くとチームは各々が積極的に仕事をこなし、どんなにメンバーが入れ替わっても、全員が同じ方向性を持って試合を進めている。観ている方もいつも安定した力の出せるチームに、なんとなく前向きに試合を観る事ができる。今日もふろん太君ちに先制されるも「まだやれる」と思い、同点に追いつけば「逆転できる」と思う。実際、点の獲り合いから1歩、もう1歩と試合を進めたうちのチームが逆転し、勝利した。
定着した先発メンバーがはっきり決まっている感じでもなく、居る人間がまんべんなく出てきて、ピッチに出ている限り全力で仕事をする。練習で結果の良かった者を実戦で使っているようで、いつ誰が出てきても好調な感じ。「今ここでこの人なのか?」という不安もない。
城福監督の目指すチーム作りが選手や観ているサポーターにも定着しつつある。
Moving Footboll 〜ボールも、身体も、観ている人の心も〜
こーゆースローガンは”かゆかゆ”が出てくる方なんだけど(笑)。城福監督は目指す所を、多分とても分かりやすく選手に伝えられる人なんじゃないかと思う。それが観ているこちらにも伝わってくるから、それが今年のウチの凄いところだ。

伝える事は言うほど(言われているほど)容易ではない。
ほれソコ。簡単に感動するな。
posted by はきこ at 22:49| 東京 ☔| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

はい、ダービーです

ダービーという町がイギリスにあります。
むか〜しむかし・・・否、ろ〜んぐ・ろんぐ・あごー。
2つの教会区に分かれて行われるフットボール(現在のサッカーとは違うみたい)の試合があったんですって。死者が出るほど激しい戦いだったそうで。そこから、同じ地域のチームが戦うサッカーの試合を「ダービー」と呼ぶようになったんですって。

今日は東京ダービー。ん?川崎にお住まいでは?(うそうそ、知ってましたけど)
東京ダービーと言われる今日の 青赤 vs 緑。訳あって一番好きじゃないチームなので、今日は激しく応援。久々に大声で応援し、声が嗄れ、ゴールには狂喜乱舞して喜んでしまいました。
勝った勝った(笑)。大逆転だからますます気持ちが良いわよ。

連れなんてもう、すんごいゴキゲン。家に帰ってきても
「おれ、うどん茹でる準備するからっ」
「おれ、お風呂掃除するからっ」
「おれ、お皿洗うからっ」
「おれ、洗濯物干すの手伝うからっ」
と・・・・いえ、いつもやってくれてない訳じゃないんです。出来る事はやってくれますけど、自分から率先してこれだけのメニューこなしてくれたのは初めてで(笑)。
奥様にもやさしいダービー。
posted by はきこ at 23:45| 東京 ☀| Comment(4) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

開幕戦

Jリーグ開幕だ。サッカーを観始めて5年目になる。観始めた当時はサッカーのルールも良くわからなかったが、年々サッカーを観る楽しみを増やしてきた
ここ数年は監督がコロコロ変わり、去年は一度放出した監督をまた呼び戻すというゴタゴタを、最後まで引きずった感があった。チーム全体の目指す所がちっとも見えてこなくて、観ている方もストレスを貯める試合が多かった。寝苦しくて、悪い夢をずーっと見ていたような、スッキリしない感じ。今から考えると、見る方が混乱していたって事は、多分組織自体がどこかで意思の統一ができず、混乱していたんじゃないかなぁ・・・と簡単に去年を振り返っておこう。
今年も監督が変わったが、変わった時点から理念や方向性を監督自身がきちんと打ち出し、周りのスタッフや選手とそれらを固めてきた感じが開幕前から伝わってきていた。どのようにチームが変わったかを観るのはとても楽しみだった。ただ、心がけたからと言って必ず実行できるもんでもなし、何事もそんな簡単に行けば世の中もっと丸く収まる訳で。だから最初から過度な期待は持たず「今年は冷静に行こう」と心に決めていた。
今年の開幕戦、神戸との戦いを見る限りでは、新しい監督の方向の浸透性は感じられた。前半のボールの回り方を「これが目指す形」というのが伝わってきた。後半になると疲れもあったのか、何となく見ていて息切れのするようなプレーも出てきて、今の所は力もここまでだよなぁと思った通り、試合はドローで終わった。今も連れと話していたのだが、相手がもっと強いチームだったら簡単に潰されていたと思う。
ああ、こんなふうにチームの考え方とか選手の疲れとかって、素直に伝わって来るもんなんだなぁ。それも観る事に慣れてきたコチラのせいもあるか。
posted by はきこ at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

やっぱり、つまらない

わたしは○リノスがきらい。だって、ココとの試合はとっても観ててつまらないんだもの。
で、今日はココとの試合。やっぱりすんごいつまらなかった。
でも今回ばかりは○リノスだけのせいじゃない。うちのチームの戦い方もつまらなかった。連れも珍しく試合後に怒っていた。残り試合少ないんだし、もうちょっと面白いサッカー観たかったわよ。
そんな訳で、書く事もない。
松子見て、ヨガやって、寝る。
posted by はきこ at 21:59| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

もったいない

今日の審判の名前が出た時、スタジアムからはざわめきが。この時から何となく嫌な感じはしていたんだけど。
相手のフロンターレの成長はここ数年で目を見張るものがあり、今年のリーグ戦ではここまできて優勝を争うところまできている。地域とチームとの関係も良好な感じだし、大好きな「ピタゴラスイッチ」の”アルゴリズムこうしん”にも出ており、私としては敵ながら応援したいチームではあった。争っている3チームの中では一番優勝して欲しい。だから今日も勝ちたい気持ちは勿論あったけれど、負けても「踏み台にしておくれよ・・・(涙)」と少しイジけるくらいにしておこうかと思っていた。ウチの方がJ1入りは先だったけれど、良いチームなら先を越されても仕方ない。
試合が始まると思った通り・・・早々に先取点を入れられ、ウチがすぐに返し、あとは前半のうちに川崎にばたばたと2点加点され「これは勝負あったな」と思っていた。
ところが後半に川崎が1点、ウチの戸田が1点加点した後、川崎のジュニーニョが2枚目のイエローカードで退場となったところから、何となく試合がおかしくなってきた。
この時点ですでに4−2だから、相手はもう落ち着いて守るサッカーさえしていれば良かったはず。ところがここで審判のジャッジに両チームとも翻弄され始めた。川崎に対してもウチに対しても、何となく「??」というジャッジが多い。
これに対し、以前からこの人に泣かされてきたウチのチームは、負けていたという事もあるが「とりあえずやるしかないよね〜」みたいな空気が流れていた。正直、この手のジャッジには何となく慣れている。それを茶化しながら応援するのが、サポーターのやり方のひとつでもある。
一方川崎はジャッジと一緒にバタバタし始めてしまった。前半にすでにイエローカードを1枚もらっていたマルコンが、遅延行為で2枚目のイエローカードで退場。うちのチームは声援に後押しされながら、あっと言う間に同点に追いつく。川崎には残念ながら気持ちが荒れてしまった選手も見えはじめ、私と連れは「もったいない、落ち着いて」と、逆に川崎の選手に声をかけてしまう場面さえあった。
結局は遅延によって生まれた6分のロスタイムにウチのチームがゴールを決め、そのまま試合は終了、5-4でウチのチームが勝利した。優勝のかかっているチームが、この大事な時期にもったいない、落ち着きさえすれば勝てる試合だったのにと思ってしまう。嫌いでない、むしろ応援し、チームの上昇ぶりに少し羨ましい気持ちも持っていたくらいのチームなだけに、もったいないし、とても残念な気持ちになってしまった。「こんな勝ち方してもなぁ」なんて声も聞こえた。チームの若さが出てしまったのかしら・・・。
それでもやっぱり勝ちは勝ち、勝ち点3は勝ち点3。嬉しいものは嬉しい。
今野、良いよ(笑)。
posted by はきこ at 21:43| 東京 ☔| Comment(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

天皇杯

ヤマザキナビスコ杯はメデタク市原のものとなり、リーグ戦の優勝者もだんだん先が見えてきた。これでもうちょっとウチのチームのJ1残留がはっきり見えると嬉しいんだけど。
残る大きなタイトルは天皇杯。プロからアマチュア(高校生)が戦うため「アリがゾウを倒す」なんて事もあった。記憶に新しいところでは、故郷のザスパがまだJFL時代に市立船橋に負けた事が・・・まぁ、ゾウってほどじゃなかったけどね・・・。その時ゴールを決めた増嶋という生徒は卒業後、何の因果かウチのチームに入っている(笑)。今はサッカーも組織がきちんとしてきたので、やはりプロはプロなりの選手が揃っており、昔のような事はあまりないようだ。今回もJ1のチームが順当に勝ち上がっている。
ウチのチームの初戦は地域リーグの「バンディオンセ神戸」が相手。負ける事はないだろうとは思っていたが、しかしここのところ安心できるゲームとご無沙汰しているため、念のため観に行く事にしたのだった。マサカマサカとは思うが・・・。
結果はJ1チームとして当然、先行逃げ切り大差で勝利。先述の増嶋、ルーカス、馬場、馬場、鈴木、鈴木、ルーカスと7点入れて勝利。みんなにハットトリックのチャンスありって感じ。
でもバンディオンセくらいの小さいチーム、私は大好き。このチームはドイツ車の販売専門店がクラブを運営している。もしかして草津の選手が今でも温泉で働いているのと同様「昼間は車売ってます」って人もいるのかしら?(って、ウチのチームの選手も社員選手はガスの検針したりしてたらしい)サッカーの試合はどんな規模の試合でも楽しいので、機会があれば”J”のつかないチームの試合も沢山観ていきたいと思ったり。
posted by はきこ at 22:33| 東京 🌁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

辛勝、でもサッカーは結果がすべてです

先週の対ガンバ戦はFBMで行けなかった。どうやら感動的な勝ちを収めたようだな・・・。
しかし色々な意味でのバランスの悪さは否めない。相手には前半の11分と24分に加点され、一方ウチのチームは77分、81分、84分と後半ギリギリに逆転勝ち。勝ちは勝ち、勝ち点3は勝ち点3、逆転は逆転だが、なんかこう、前半から安心して観られる試合をここのところ観ていない。
そんな訳で今日は、先週観られなかったリベンジと、先週の勝利がたまたま勝ったんじゃないかどうか観たかったのと、何よりも大切な下位直接対決(涙)だったので、大宮までリスさんチームとの試合を観に行く事にした。
まずはリス。尻尾は糸で吊ってある。
ardi.jpg
もっと芸を磨くと人気者になれると思うよ。
肝心の試合だが、試合開始1分でウチのチームがゴール、そのまま試合が決まった。内容はですね・・・良くないですねぇ。相手は同点、逆転を目の前のあんぱんに、バタバタと走り回る。おそらく、強いチームならばここで一緒にバタバタせず、相手をねじ伏せつつもさらなるゴールを狙う事ができる。しかしウチのチームは相手と一緒にバタバタしてしまい、ゴール前を塞ぐのが精一杯だし、要らないイエローはもらっちゃうし。「所詮下位チーム同士の戦い(涙)」と、連れとぐったりしながら観戦していた。
それでも勝ちは勝ち、勝ち点3は勝ち点3、逆転は逆転。「参加する事に意義が有る」なんてきれいごとぢゃあないのよ。勝負は結果がすべて。
だから残りの試合も勝ってよね(涙)。
posted by はきこ at 22:50| 東京 🌁| Comment(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

着ぐるみにぎゅー

うちのチームとエスパルスの試合を観に行った。私はここのチームの「パルちゃん」というキャラが大好き。今回も監督が代わり、少し「らしさ」を取り戻しつつあるウチのチームの試合を観たかったのは勿論なのだが、パルちゃんに会えるのも楽しみにしていた。
スタジアムのコンコースでは、パルちゃんご本人(?)ではなかったが、妹(彼女か、弟か?調べたがわからなかった)のコパルちゃんがファンを出迎えてくれて、どちらのサポーターにも関係なく、サインや握手や写真に応じてくれていた。私も恥ずかしながら子供達の多い列に並び、一緒に写真を撮ってもらった・・・(嬉)。
実は前日に私はとても残念な事があって、行きの車の中でも連れにだいぶぶちぶち言って、慰めてもらいながら来たのだった。それがですね、この時コパルちゃんとっても強く「ぎゅー」っと抱きしめてくれまして・・・それが不思議だし、恥ずかしい話しでもあるんですが、この「ぎゅー」で心がすっとラクになりまして・・・変ですかね(笑)。
冷静に考えると相手は着ぐるみ。中身に人が入っているわけで、この「どこの馬の骨だかもわからない人」に私は「ぎゅー」っとされた事になる。しかしこの安心感はいったいなんだね?最近は母親が子供の愛し方を知らず、情緒不安定な子が増えているなんて事が聞かれる。「子供を抱きしめてあげましょう」なんてCMもあるが、あながちウソではないのだなぁと思ってしまった。
でもやっぱり変ですな・・・(笑)。

あれ、これはサッカーの話しだったんですが・・・。試合の方は茂庭が怪我で途中退場し、イエロー2枚で退場の選手もいて2−0で負け。内容はそれほど悪くはなかったが、次の試合の事を考えると心配な材料が残ってしまう形になった。
posted by はきこ at 23:09| 東京 ☁| Comment(8) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

ナゼの嵐

familykさん一家と一緒に観戦したサッカー。私の隣には長女のNちゃんが座った。
一家はキックオフの1時間ほど前に会場に到着し、あれこれと話しをしながら過ごしていたのだが、Nちゃんも弟のF君も好奇心旺盛。
「12番て誰?」(サポーターズユニフォームを見て)んと、選手が11人で戦っているので、12人目はサポーターのみんなだよ〜って事。
「加地は?」えーっと、大阪に行っちゃって居ないの(涙)。
「なんで行っちゃったの?」んーと、あっちの方がお金いっぱいくれるから(涙)。
「なんでナオは赤い靴履いてるの?」あー、目立つ為かな。
「ナオはなんで頭にはちまきみたいなのしてるの?」それは髪の毛が邪魔だからだと思うよ・・・切ればいいのにね(笑)。
「選手のサインは持ってる?」うん、練習を見に行った時、握手もしてもらったよ。
「誰の持ってる?」原監督とか、加地とか・・・(両方もう居ないし・・・)ルーカスもあるよ、戸田も。
「なんではきこさんは○リノス嫌いなの?」んと、何故か試合が面白くないの。相性が悪いのね。
familykさんは「質問攻撃してすみません」とおっしゃっていたが、いやいや、凄く勉強になる。素朴な疑問は頭でわかっていても、説明しようとすると意外と難しいものだ。逆に答えられないって事は、わかっていると思っても実はわかっていないと知る。試合15分前には連れが到着し、ルールなどの説明に加わってくれたが、連れも「勉強になるよね」と話していた。
そう言えば以前、知り合いのお宅にお邪魔してちょっとピアノの弾き語りした時、やはり娘さんに質問を色々された事があったっけ。あれも勉強になったなぁ・・・。
posted by はきこ at 23:22| 東京 ☁| Comment(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

皆で観るもまた楽し、しかも快勝だものね

今日は国立競技場でウチのチームとアビスパの試合。
以前、自分たちのチケット以外に無料ご招待券をチームからいただいて、それをfamilykさんにお譲りした事があった。その時は「みどり」との試合で、うちのチームはちっとも良い所を見せる事ができなかった。今日はfamilykさんが別ルートから3枚チケットを入手して、席種も私たちと同じだったので「せっかくだから一緒に観ましょう」となった。2人のお子さんと一緒である。
今日こそ、良いとこ見せてくれないかなぁ・・・。
先日、監督が交代したばかりの試合は接戦を勝ち取ったので、今日の試合も期待はできた。でもなぁ・・・野球も9回裏からだし・・・サッカーも何が起こるかわからないわよ〜。
しかもいきなりあり得ない瞬間が訪れた。うちのチームには「マスコットキャラ」がいない。でも今日に限って、こいつがうろうろうろうろしている・・・どこかでお会いしましたっけ?
tuba9rou.jpg
誰かと思ったら、スワローズの「つば九郎さん」じゃないですか(笑)。でもなんでこんな所に?
今日は「夏休みのこどもの日」であるのに加え「ヤクルトスワローズとうちのチームで東京のスポーツを盛り上げよう」というキャンペーンだったようだ。子供の心を掴むのにキャラはうってつけ。私がつば九郎を発見したのはまだ早い時間だったため、携帯のカメラを向けたらポーズをとってくれて、しかもこの後がっちり握手。「毎日ヤクルト、飲んでます・・・」と言ったらThumb Upしてくれた。これほんとよ。毎日会社にヤクルトさん来るから「ヤクルト400」買ってるもん。休みの日の前日は、休み明けの分まで買っちゃうくらいしっかり飲んでるのよ。
肝心な試合ほ方は5−1で圧勝。相手の1点もじつはうちのOwn Goalだったから、都合6点、うちは入れた事になるのだが・・・あまり自慢できない。何よりも嬉しかったのは藤山のJ1初ゴール。高校を卒業と同時に、まだうちのチームがガス屋さんのサッカーチームだった頃に入団。プロじゃなかったからサッカーをする傍ら、当然プロ契約を結ぶまでの2年間はガス屋さんの社員。ガスメーターの検針もやってたらしい・・・。あなたの家にも藤山がっ!!それからずっとうちのチームで頑張っていたが、なかなかゴールを決められなかった。良かったよぉ・・・おばちゃん、ほっとしちゃったよぉ・・・。それと石川のゴールも嬉しかった。familykさんの娘さんはすっかり石川のファンになってしまったようだ。
familykさん自身も「現場で観るサッカー」にすっかり魅了されたようで、サッカーの魅力もお見せする事ができたのもとても嬉しかった。お子さん達は興奮してなかなか眠れず、すっとベッドの中で選手リストを眺めていたそうだ。
familykさん・・・年間チケット、買いますか?
posted by はきこ at 23:02| 東京 ☀| Comment(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

東京勝利!

嗚呼、新しい監督の初陣・・・初勝利(号泣)。
うちの陽平くん2アシスト(号泣)。
明日小平(練習用グランド)まで行って褒めてあげようかしら。
自転車・・・あぢぃかな(汗)。
posted by はきこ at 22:43| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

寂しいスタジアム

「みどり」vsザスパ草津の試合を観てきた。うちのチームの試合もないし、試合も「みどり」のホームスタジアムの味スタだし。ザスパの試合は去年江戸川で観た横浜FC戦以来。
しかし、いつもは15000〜25000人は入ってる東京の試合に比べ、かつての伝統チームの「みどり」の勢いの無さにはがっかりだ。今日の観客は5000人にも届かなかった。
kusatsu1.jpg
ガラガラ・・・
一方、ザスパ側は湯もみ隊もいて、J2のアウェイにしては入ったんじゃないかな。
kusatsu2.jpg
私たちは弁当を持って、自転車でスタジアムに向かった。東京の試合の時にも居る優秀なビール売りの兄ちゃんが今日も来ていて、普段は「ビールいかがですか〜」と大きな声を出して階段を忙しく駆けて移動しているのだが、今日は客の少ない所はすーっと通りすぎる。今日の入りなら彼一人でさばけるんじゃないかな?実際彼しか見かけなかったし。連れと私は昔のパリーグの外野席の気分。連れはビールを飲み、二人であーだこーだ言いながら気楽にゲームを楽しんだ。
楽しむは良いのだが「みどり」はいったいどうした事か。J2二年目のザスパ相手に互角のゲーム展開。途中、ザスパの選手が一人退場にはなったが、それでもややザスパが押し気味の展開。ザスパの方も決定的な所で打てず、ストレスの溜まる試合だったかとは思うが、それにしてもみどりは「さっすが元J1」という試合を観せられないものかしら。
ってウチのチームも危ないんだけどね(汗)。
posted by はきこ at 21:46| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

勝ち負けにこだわらない?

松本でサッカーの試合があったので行ってきた。今回はホーム戦なのだが何年かに1度、いつものホームスタジアムではない所でやる事があるのだそうで。
朝起きて支度をし、うちのおれんぢ号を出そうと思ったら、地下駐車場から出てきたおれんぢ号を見て連れが「うおっ!」っと声を上げた。なんじゃなんじゃと近寄ってみると・・・くわしくは連れのブログを見ていただくとして・・・とても乗れる状態ではなかったのでZXで行く事になった。
試合の行われるスタジアムはサッカー専用。
aru.jpg
コンパクトでうちのチームの試合をとなるとちょっと座席数が足りないが、私はこのくらいの規模のスタジアムは好きである。
で、肝心の試合だが、結果から言うと4-2で負け。数字ほど悪い内容ではなかったと思うのだが、今年新しい監督を迎えてからスッキリ勝った試合はほとんどない。内容も首を傾げてしまう事が多い。初めて外国から迎えたその監督に疑問の声も上がっている。どうなんだろうな・・・辞めさせてしまうのは凄く簡単なんだけど、無闇にばさばさ切ってしまうのもどうかと思うし。力のある選手は揃っているはず。でも目指すサッカーが違っているような気はする。
まぁ、J2に落ちるような事がなければ良いし、負けても面白い試合を見せてもらえればそれで・・・でももうちょっと勝ちにこだわってくれると嬉しいかなぁ。
posted by はきこ at 23:41| 東京 🌁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。