2006年06月18日

ごわぁぁん(涙)

チェコが負けた。
ある意味、日本の負けよりしょーっく。
posted by はきこ at 02:55| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

アメリカvsチェコ

昨夜は日本戦の後、そそくさと就寝。連れは引き続きサッカー観戦。
朝起きると「チェコがすばらしい試合をしたから必ず観なさい。実況と解説もわかりやすいから勉強になるはず。」と言うので、今日は仕事から帰ってきて、洗濯して、夕飯の支度を済ませ、お風呂掃除もして、7時にはテレビの前に正座。録画しておいたアメリカvsチェコを観戦した。
連れの言う通り、基本に忠実なパス回しと、見事なまでのゾーンディフェンス。チェコは三角をきっちり作り、くるくると持ち場を変え、規則正しい刺繍のようにボールを回して行く。アメリカは決して弱いチームではなく、何とかチェコのディフェンスを割ろうとするが、気がつくとゴール前には白い壁ができておりそれを破る事ができない。ボールの支配率はアメリカが上なのに”らしさ”が出せない。
正確なパスの合間にそれぞれの選手が「やるべき事をやる」という本当に基本的なサッカー。それがワールドカップという大舞台で普通にできるのだから素晴らしい。
結果は0-3でアメリカは完敗とされているが、必死で食い下がっていたと思うし、次はどんな試合を見せてくれるのかがけっこう楽しみ。そして、チェコのような綺麗なサッカーができる国と大きな舞台で戦えた事は、アメリカにとっても得るものがあったはず。
日本もチェコと戦うチャンスがあれば良いのになぁ。

ぁ、実況と解説もとても良かったです。最近は絶叫するだけの実況やら、精神論しか唱えない解説なんかが多いですけど、冷静で解りやすいのは勉強中の身には有り難いです。
posted by はきこ at 00:02| 東京 ☔| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

まぁ・・・

ワールドカップ予選、いよいよ日本の出番。
我が家では正月前みたいに、時間までにはご飯を食べて、お風呂にも入って、コーヒー豆も挽いて、お湯も沸かして、ケーキ用意して、片付けも済ませて、お弁当のお米も準備して、全てを万全にして観戦に準備。
言いたい事は色々あるんだけどまぁ、所詮、先取点も・・・ごにょごにょ、ふがふが・・・。
最初から甘くはないと思っていたので、まぁ、こんなもんでしょうねぇ。言いたい事は色々あるんですが、ほんとに色々・・・でももう寝とこ。あとは連れに任せた。
posted by はきこ at 00:16| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

善戦

ワールドカップが始まった。大変だ・・・何がって連れの体がですよ(汗)。
日本のほとんどの家庭ではおそらく、日本戦にしか興味がないだろうが、連れの場合は「一日3戦、全試合観る」と言っている。休日の夜中、朝方の試合は録画で観るから良い。平日は10時からの試合と夜中の1時からの試合はリアルタイムで観るつもりらしい。そして朝方4時からの試合は7時に起きて、仕事に出掛けるまでの間に観るらしい。
私が毎朝楽しみにしている「ピタゴラスイッチ”ミニ”」(8時10分〜NHK教育)は・・・(涙)。
私は連れに付き合う体力はないので、1時と4時からの試合は録画で観る・・・って結局全試合観る事になりそうだ。最初は全部観るつもりはなかったのだが、今日、連れと一緒に録画を観ていたら、何だか全試合観てみたくなったのだった。
昨日(今朝?)の夜中の試合を日中に観た。いずれも下馬評では弱いとされていたチームが善戦している。コート・ジボワールはアルゼンチンに1-2で負けてはいたが内容がすばらしかった。連れも「組織化されている(アフリカのわりには)」と褒めていたし、両チームともプレーが上手くかみ合っていて、リズミカルなプレーは観ていて面白かった。トリニダート・トバゴに関しては「優勝できなそうな国」の筆頭に名を連ねるチームだったのだが、んやぁ、すばらしいですよ。格上のスウェーデン相手に対等以上の試合をしており結果は0対0。途中、イエローカード2枚で一人欠いたにもかかわらず、必死に攻守して勝ち点1を手中に収めていた。最後にはスウェーデンのサポーターがトリニダート・トバゴのサポーターと握手をして、その善戦を讃える姿も見られた。

うかれている日本人の皆さん・・・まじめにこれは、ヤバイと思います。

もともと私がスポーツ観戦に求めるものは競技にかかわらず「観ていて楽しい」だけなので、特に日本の勝ちにはこだわってない。ワールドカップは自国の結果のみならず、世界のサッカーを楽しむ絶好のチャンスである。

・・・それでもやっぱり気になる自国の試合・・・
頼むよぉ〜。
posted by はきこ at 18:22| 東京 ☔| Comment(4) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

今日のサッカーは

つまらなくて寝てしまった。
審判もイエロー出しすぎ。
そして負けた。
当然だ。
posted by はきこ at 22:53| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

勝てる方が勝つんです

今日の試合は最初にPKで1点いただいたが、得点の香りは終始相手チームに漂っていた。
嫌な予感がするなぁ・・・と思ったとたんに1点返され、さらにロスタイムにも同じ空気が漂うと、相手のフリーキックがそれはもうお手本みたいに決まった。
後味悪いけど、やっぱり勝てる方が勝つ。当たり前だけど。
それにしても相手のリスさんチーム、何だか去年とサッカーのスタイルが変わった気がする。流れがふっと止まってしまうし、審判に対する抗議も多かった。わりと好きなチームだったんだけどなぁ・・・。今回だけだと良いんだけど。
posted by はきこ at 23:18| 東京 🌁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

あっちこっちそっちこっち

今日はシャチホコグランパスとの試合。大きなシャチのぬいぐるみでも見られるかと思ったが、最近の世知辛いサッカー事情のせいで、相手応援席側に気軽に遊びに行けなくなってしまった・・・残念。
試合は最初から慌ただしい雰囲気。ボールがあっちへ行ったり、こっちへ行ったりと落ち着かない。やってる方も観てる方も疲れそうだなぁ・・・それが若干落ち着き、うちのチームがボールを持ちはじめたところで、ぽこぽこっと2点入った。タクの坊ちゃんヨウヘイ君(先日から気になる梶山君の事)もまぁまぁ調子が良く、今日も適度な滑りを出してボールをキープ、ぬるっとパス。今日の安定した滑りが常に出せると良いと、母は思ふ。
それにしてもドタバタは最後まで続き、ゴール前でボールを持ってもシュートを打たないウチのチーム。もうちょっと積極的に打っても良い気がするんだけど。しかも美しいゴールを相手に決められ完封もできなかったし。
結果は2−1で勝ったけれど、まぁ、バタバタとした試合だった。
posted by はきこ at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

ははのきぶん

今日は会社を終え家に戻ると、すぐに着替えて荷物を持ち替え、味の素スタジアムに向かった。今日はヤマザキナビスコ杯。相手は・・・ぁぁ、口にも出したくない、ダイキライなあのチーム・・・。
相手が「あのチーム」というだけでも面白くないので、今日は相手をあまり意識しないように気をつけていた。そうなると、やっぱり気になるのは自分のチームのマイ秘密兵器梶山君である。他に贔屓にしている選手がいるのだが、残念ながら試合になかなか出て来ない(涙)。だからいっそう、梶山君が出て来ると「あわわわわ」とコブシを握って、その紙一重のプレーに一喜一憂してしまうのだった。
今日は密かに「口が悪い君」と呼んでいる、汚い野次を飛ばすお兄ちゃん達が後ろに座ってしまった。後半は審判に対する野次があまりにもひどかったから、ウチの連れがキレてひとこと言っちゃったくらい。(確かに審判もヒドかったけどね)
梶山君の「紙一重プレー」「ヌルっとパス」にも汚い言葉で罵声を浴びせていた。「むむむ、何だか気分がわるいぞ、梶山君はあれで良い(しょうがない)のにぃ。」と、心の中でかばい続けていると、何だか私は「母の気分」になってきてしまうのだった。
ウチの息子はあんなに頑張っているのに・・・ぁ、でもあんなプレーしたら・・・そうよね、怒るわよね。あ、でも今の良いでしょ?あれよ、あれがうちの息子・・・ぁ〜、またやっちゃったわ、野次られてるわ・・・メソメソ。
私は自分の息子がサッカー選手になったら胃に穴が開くんじゃないかと思うわ。
今日は前半、ダイキライな相手に1点入れられてしまったものの、梶山君が後半開始早々に1点返してくれた。私が母の如く「か、かじやまぁぁぁ(涙)!」と喜ぶのを見ると、後ろの「口が悪い君」達も、その後は何も言わなくなった。
でもまた1点返されて、試合は負けた。やっぱりキライはキライだ(涙)。
posted by はきこ at 23:12| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

無かった事に・・・

私のような素人が見ていると、自分の応援するチームの選手が倒れた時、やっぱり相手チームのせいにしたくなってしまう。「あれはイエローカードでしょう」と思っても、単につまずいて倒れてたりして(笑)。
逆に相手チームの選手を倒してカードもらっちゃうと、今のは勝手に転んだんでしょうと思ってしまいがち。それもやっぱり近くで見ている審判にだけ見える何かがあったりして。
それでも明らかな誤審はある。「あれがカードだったのに、どうしてこれが何もないのよ」という基準が良くわからない審判もいる。カードを続出させる審判も考えものだ。いちいちゲームの流れが止められるのは見ている方も、おそらくプレーしている方も疲れる。ついでに、いちいち倒れてアピールする選手もちょっと興醒め・・・。
ヨーロッパでは日本ほど「審判は神様である」みたいな風潮はなく、誤審に関しては新聞などがある程度は叩くらしい。意義申し立てもできるようで、しばらくの間は主審が線審に降格なんて事もあるそうだ。日本だったらどちらもあり得ないわね(笑)。スペインのように、歴史的理由で地域のライバル心むき出しになる所では、国内の試合でも・・・例えばカタルーニャーとカスティーリャが戦う時は違う地域の審判を連れて来る・・・という事になっている。
余談だけど、ヨーロッパの審判は医者や弁護士などある程度稼ぎのある人がやるらしい。買収されないようにだそうで(笑)。
明らかな誤審が得点に繋がってしまう事もあり、そんな時はもう、相手の1点は「無かった事に・・・」と自分には言い聞かせるようにはしている。
今日は「無かった事」の点があったような気が・・・いや、私には見えなかったのかしらね?素人だから、わからないわ。
今日の人が笛を吹く試合は、いつもそんな気持ちになるのだった。
posted by はきこ at 22:38| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

ヌルヌルのひみつ

サッカーをスタジアムへ観に行くようになって3年目。最初はろくにルールもわからなかったが、3年目になると少しはわかってくる。
まだ全然サッカーを解っていない頃、私は中田がなんで凄いと言われるのかわからなかった。テレビでゲームを観ていると、中田はいつも”人のいない所”にばかりボールを蹴る。ボールは外に出てしまい、中田は「あ〜」と顔を手で覆うけれど、だって人がいない所に蹴るんだもん、誰も取れないのは当たり前じゃないのさ・・・。私は連れに聞いてみた。「中田はね、空いているスペースにボールを蹴るんですよ。他の人は中田の意図を感じて、彼が蹴ったボールの行く先に走らないといけない。」あ〜、それで中田が「司令塔」って言われるんだと理解した。
さて、うちのチームに「梶山」と言う20代前半の若い選手がいる。新しい監督になってからはいつも先発メンバーになっているが、私はこの選手の良さが解らなかった。連れは「失敗すると目立っちゃうポジションなんだけどね。彼の良さはねぇ・・・わかりずらいんだけど、センスが良い選手なんですよ。」と話す。
解らないながらも毎回出て来ると何となく気になるわけで。彼がボールを持つと、じぃーっと観るようになっていた。なんかこう、独特のリズムというか「ヌルヌル感」があるんだけど、たまにそれが野暮ったい印象に映る。
今日はジュビロ戦。今日も梶山は先発である。わかった事はいくつかあった。彼はボールを受ける前に、次に何処にボール出そうか、とても良く見ている。その間に相手にボールを取られてしまうんじゃないかと不安に思う事もある。それと、ボールをギリギリまで持っている事がある。もう人に囲まれちゃって「早くパスを出せば良いのに」と思っちゃったりする。でも実はそうやって彼は相手の選手を引きつけているようである。人が寄ってくれば当然、寄って来た分だけスペースが空く。そこへ味方が入って来る、パスを出す。ぁぁ、ナルホドネ(笑)。
それでも梶山は、ゲームによってそれが上手くいく時と、いかない時がある。引きつけるあまり、やはりボールを奪われてしまう日もあるようだ。それは若さゆえの「波」じゃないかと理解する事にした。かつての馬場という若い選手がそうだった。前監督の原さんは、そんな馬場をしつこく使い続けた。そして、去年の後半には安定したプレーを見せてくれるようになっていた。梶山もそんな時期なのかな。
今日の試合のテレビ中継を録画しておいたので、家に帰って早速復習。実況の人は彼の名前を頻繁に使う。どうやら彼の働きはチーム全体の流れも左右する、重要な役割を果たしていると認識。だから失敗が目立ってしまうようだ。
今日の彼は良かった。そしてチームもジュビロに3−1と快勝。
梶山はヌルヌルとドリブルをしてボールをゴール前まで運ぶ。何だか彼がボールを持っている間、相手は手(いや足)が出せそうで出せないといった感じもする。そこが不思議で面白い。
そう、このヌルヌル。肝心なヌルヌルのひみつは未だにわからない。
posted by はきこ at 22:47| 東京 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

きらいなところ

1.選手の髪型が不潔っぽい
2.ホームスタジアムがこの上なく見づらい
3.何につけても数で勝とうとする
4.中途半端に田舎だ
5.戦う度に何かしら問題が起こる

こんな試合はあまり語らず・・・。
引き分けてとりあえず勝ち点1。
posted by はきこ at 21:29| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

さぁ、どうでしょう

今日は京都のムラサキチームとの戦い。
何だかとっても眠かったので、試合が始まるまでゆっくりお昼寝。夕方4時からの試合だったので、太陽が沈み始めてからの冷え込みを懸念して厚着をしていったが、昼間は陽も出てきてかなり暖かかった。昼寝も気持ち良い。座席を占領して寝転がってしまいたいくらい。勿論それは無理なんだけどね。
試合は前半から1−1で、うちが終了間際に加点して終了。結果は良かったし、試合内容も悪くなかった。録画しておいたので家に帰ってもう一度試合を振り返りながら、ド素人の私は思う。ムラサキチームはJ2から上がって来たばかりだし、連敗中だし、弱いでしょ?今日のウチの攻め方でそのまま強いチームと戦っても通用するのかしらね?
連れに聞いたら「さぁ、どうでしょう」と言うので、それはまた来週以降、ゆっくり見届ける事にしとこう。
来週は、私がキライなチームさんと対戦です。うきっ。
posted by はきこ at 22:48| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

言いたい事があります

ヤ○ダ電機にもの申す。
シュンスケをCMに出してるお金があるんだったら
ザスパにお金かけてあげなさい。
posted by はきこ at 22:35| 東京 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

敵地潜入

ウチのチームのだらしなぁいサッカーの試合を観た。相手は大好きなパルちゃんのチーム。ここで言う”大好きな”は”パルちゃん”に係るものであり”チーム”に係るものではないけれど、エスパルスは比較的好意的に見る事ができるチームなのである。
いつも試合の2時間前にスタジアムに入る。ホームバックスタンド側応援席に座って敵地ゴール裏を見ていると、ジャンボパルちゃん(でかいパルちゃんのぬいぐるみ)略してジャンパルくんが、当たり前の用に鎮座しているのが見えた。・・・可愛すぎる(笑)。是非近くで見てみたいと思い、散歩がてら近くまで行ってみる事にした。
昨年、ウチのチームが他のチームのサポさんに怪我を負わせてしまったという大変申し訳ない事件が起こり、それ以来、味スタでホームとアウェイ側を行き来する為には、身につけているチームのグッズを取らなければならない。マフラーやチケットホルダーを鞄に隠し、パルちゃんチームの応援席にお邪魔させてもらった。バックスタンドから見えたジャンパルくんの近くまで行けたけれど、さすがに写真は無理だったので見ただけでスタスタと逃げてきてしまった・・・。
私はこのチームの応援も好き。選手が練習を始めるとトコトコと太鼓の音がして応援が始まり、思わすウチのチームのサポからも拍手が起こる。しかも、こっちのチームの応援の大事なところではちゃんと応援をやめてくれていたのはとても良心的。いいね。
それと試合はまた別の話なんだけど、これが思い出したくもないくらいだらしない結果。新しい監督になったばかりで、まだチームの方向性が浸透していないのかもしれないけれど、それにしてもだらしない。生みの苦しみなんですかね・・・。
posted by はきこ at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

開幕戦ゲストさん

昨日の開幕戦には素敵なゲストさんが来た。今や世界的なアコーディオン奏者となったcobaさんである。
cobaさんの登場の直前にサポーターがチームへの声援を始めてしまったので、もしかしたら熱狂的な人たちがcobaさんの演奏に関係なく応援を続けてしまうかしら?と心配したが、演奏が始まると皆演奏に引きつけられ、cobaさんの演奏に対しての歓声へと変わった。スタジアムという音響の悪い場所ではあったが、意外とソレが良い方に作用したようで、残響はアコーディオンの音をパイプオルガンのように増強させた。その迫力は想像以上、かなりびっくり。もっともっと聴きたかったのに、たったの2曲で終わってしまった・・・とても残念。
一番最初に開幕戦を観たのは2年前。その時のゲストは東京スカパラダイスオーケストラだった。「さっすがぁ〜、東京のサッカーチームは違うわぁ。」と感動していたが、去年は・・・こう言っては何だが・・・アニ○ル浜口さんで、個人的にはかなりガッカリした。「それでも春一番って事もあったんだから・・・」と連れになだめられた。何でも前節で他のチームが同じ競技場に本物のアントニオ猪木を呼んだらしく、それに対抗して「今日もこの男がやってきたぁぁぁ!」というシャレだったらしい。
連れ曰く「これが東京なのさ」
posted by はきこ at 21:00| 東京 🌁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

開幕戦

昨日からJリーグ開幕。
おかげさまで我が故郷のザスパは、J1から降格した神戸に快勝。昨年の結果は散々だったので、今年はだいぶ選手の補強に力を入れたようだ。お金がないのによくやった!報道では大波乱とか神戸、悪夢の開幕戦とか言われている・・・だよな(笑)。組織的にもまだまだ足りないチームだけれど、とりあえずコツコツ積み上げて欲しい。
今日はうちのチームの開幕戦。ホームでスタートを切る事ができた。今年は新しい監督を迎え、スターティングメンバーも新しく加入してきた選手がかなり見られる。さぁ、開幕戦はどんなもんかな?
数字から言ってしまうと結果は2−0でウチの勝ち。しかしながら、数字には現れないウラは沢山あった。まずは、ウチが強かったと言うよりは相手が弱かった。そして両チームともまとまりがなく、バタバタしていた印象がある。退屈である一方で、ともすると「するっ」と逆転されてしまうかも・・・みたいな気分でずっと試合を観ていた。
まぁ、最初だからしょうがないさ。
ちなみに連れは帰国後から体調が悪く、サッカー観戦から帰宅するとあっという間に症状が悪化。ただいま寝室でお休みちう。私もちょっとおかしい感じなので、この後おとなしく休む事にしようか。
posted by はきこ at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

名付け親になろうっ!

おらが村のザスパ草津。Jリーグ昇格初年度は、目を覆いたくなるほどの惨敗ぶりに涙も出て来ない1年であった。
熱しやすく冷めやすいのが群馬の悪いところ。昇格当初、メインスポンサーの大型スーパー「ベイシア」では、ザスパ印のカップラーメンとか「勝ちピー」なる柿ピーが売り出されていたが、先日帰省した際、会社の仲間の土産にでもと買い求めたら、店のおばちゃんに「あれは昇格当初だけの企画だったんですよー」と言われてしまった。続けないと(涙)。J1昇格も見えぬままに、将来的に増えると言われているJ3にずぶずぶと埋もれぬよう、今から町全体でザスパを盛り上げて欲しいところ。
そんな中、群馬にもう1チーム、高崎を本拠地としてJリーグ昇格を目指すチームが現れた。FCホリコシである。そうでなくてもザスパ熱が下降気味な中、県内で人気が二分してしまう事に不安はあるが、もともと群馬は前橋商業高校や前橋育英高校など、そこそこ伝統のある高校サッカー部を持っている。2つのチームが相乗効果で盛り上がればいいなぁ・・・とはあまりにも楽観的?
FCホリコシでは新しい第一歩としてチーム名を改称する。ぉ〜、面白そうじゃないの。
高崎と言えば少林山のダルマ。「ダルマーレ高崎なんてどう?」と連れに言ったら「はきこ、マーレってだってば」
やっちゃった(涙)。
んなら「モンテダルマ高崎」「モンテカンノン高崎」山形のパクリみたいでいかんなぁ。
方言を交えた「ヤルンベェ高崎」「イグンベェ高崎」「ガショーキ高崎」ぁ〜、これも石川の「ツエーゲン金沢」みたいだしなぁ。しかも「ガショーキ」って乱暴なって意味よ。
・・・スミマセン、私では名付け親になれないようです(涙)。
posted by はきこ at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

さよならヒロミ

サッカーを見始めて2年が過ぎた。リーグ戦が終わり、うちのチームは天皇杯も終わったので、もうすでにシーズンオフに入ってしまった。シーズンが終わると、チームではメンバーや組織の入れ替えがある。今年も残念ながら何人かがチームを去る事になりそうだ。
去年はまだサッカーを見始めて一年で、選手に対してそれほど思い入れもなかったのだが、今年は色々解ってきた事もあり、多くの選手は2年間見つめ続けてきたわけだからさすがに情が入ってくる。すでにチームを去る事が決まっている選手が4人。仕方のない事だけれど何とも言えない寂しさが残る。それぞれ新天地で大きく花開く事を強く願う。
チームを去るのは選手だけではない。うちのチームの監督であった原博実さんが勇退する事になった。2002年から4年間FC東京を指揮しており、その間にリーグ戦で最高4位、昨年のヤマザキナビスコカップ優勝という結果を残した。今年一年は怪我を抱えた選手が多く、日本代表で主力選手を欠いた試合もあり、前半は泣かされる事が数多くあった。それでも最後の最後に立ち直ったのは原さんの力があったから。若い人間を粘り強く使い続け、見ていられないような試合もあったが、いつの間にか安心できる試合を見せてくれるようになった。今年の成績は悪かったにしても、原さんにもチームにも確かな成長があったと思う。今年培った力を来年はどう活かせるか。チーム、選手、そして原さんが一緒に成長していく姿を見てみたいと思っていた。
せめてあと一年。
連れは前任の大熊さんの勇退も経験しており「監督交代」という事も冷静に受け入れられるようなのだが、私の場合「ハラトーキョー」しか知らないのだ。東京は原さん。原さんと言えば東京。この図式が崩れる自分の中の違和感を上手に片付ける事ができないでいる。次は外国人監督を招くなんて噂もあったりして、それはもう突然「これが社長だよ」と突然紹介された先日の連れの会社のクリスマスパーティーみたいにパニくる。ガガガ、ガイジンデスカァ?
そして、何よりも寂しくてねぇ(涙)。
今日は原さんの「お別れ会」が味の素スタジアムで行われた。監督が代わる時にこんな会が催されるのも珍しい事のようだ。それだけ原さんは選手にもサポーターにも愛されていたのだった。終始笑顔だったのが原さんらしい。これからはゴールを決めても大ジャンプして喜ぶ、あのおかしな姿が見られなくなるのかぁ。
残念だなぁ。でも仕方ないなぁ。
posted by はきこ at 23:07| 東京 ☀| Comment(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

彼女の願い

今日は味の素スタジアムで、今シーズン最後のホームゲーム。相手は今年からJ1に昇格し、安定した結果を出して来たフロンターレ。うちのチームは何の争いにも絡んでいないと思いきや、7位だか8位以上はJリーグから賞金が出るので、今後は「賞金目的」ってことになる。かなり頑張らないともらえそうにないケド。。。
今年後半から入ったパラグアイの代表選手でもあるササ・サルセード選手。ここのところ「ここで1点欲しい!」と思ったところでゴールを決めてくれる。当然、我らサポーターの期待も大きく、試合が始まる前には彼に大きな声援が飛ぶ。また♪サッサ〜(どどどん)サッサ〜(どどどん)♪というリズムのある応援が、小さな子供のハートをがっちり掴んでいるようだ。
私たちが座っていた並びに、ピンク色の上着を着た小さい女の子が座っていた。試合前はお父さんの陰に隠れ、静かに試合開始を待っていたのだが、試合が始まった途端に彼女が熱狂的なササの支持者に変わった。試合中は終始「シャシャ〜!シャシャ〜!」と彼の名を呼び続けた。のりお(鈴木選手)への声援が起こると周りに合わせるのだが、その声もすぐに「のりおっ、のりおっ、のりおっ・・・シャッシャ〜!シャッシャ〜!」になってしまう。そして、うちのチームがボールを持つと「あおにわたせ!あおにわたせ!」(うちのチームのカラーは青赤だからね)と叫ぶ。小さくて可愛いサポーターの願いは選手に届いているのだろうか。
今日の試合は前半にフロンターレに先制され、試合もずっと押され気味だったため、後半に入るとサポーターも選手にシュートをねだる。ササへの声援もどんどん大きくなっていく。途中の選手交代で、戸田選手、宮沢選手、金沢選手が相次いで入って来たところで、突然、こちらにボールが回るようになり、ササが同点ゴールを決めてくれた。勝てなかったけれど、納得のできる内容だった。
彼女の願いは選手に届いていたのだろう。応援お疲れさまでした(笑)。
posted by はきこ at 00:15| 東京 🌁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

とりあえず安心?

昨日は沢山食べて暖かくしてぐぅぐぅ寝た。しかしちょっと風邪が心配。少し厚着して味スタへvsジェフ戦を観に行ったは良いが、風も強くて予想以上に寒い。北風小僧がそこら中でやんちゃな事している今日のお天気。現地でFC東京柄のブランケットと帽子を購入し、日が当たる席を選んで着席すると、試合が始まるまでブランケットにくるまってぐぅぐぅ寝ていた。
うちのチーム、前半は負け倒してどうなる事やらと思っていたけれど、ここにきてやっと納得できる内容の試合を観せてくれるよになった。穫られても穫り返す、穫り返したらさらに穫る。リーグ戦の前半、怪我をした選手が多かったり、日本代表で主力選手を欠いていたりして、それが結果に現れたのは勿論あった。その時頑張っていた若い選手がここにきて安定した仕事ができるようになったのかもしれない。
さて、対戦相手のジェフも優勝争いに残れるか、残れないかの大事な試合。後半に残った対戦相手は何故か上位争いに絡んでいるチームが多い。うちもJ2降格の恐れが充分あったから、落ちないように、落ちないように・・・と試合を消化してきたら、結果的には上位いじめに徹する事になってしまった。
安定して勝ってきたチームと、やっと安定して勝てるようになったチームの対戦。少し勢いのあるうちのチームの方が有利かなぁと思っていた。それでも試合が始まると、ジェフの方も良い感じで攻めて来て、観ていて双方が勢いのある、リズムの良い試合が続いた。観ていてとても楽しかった。
結果はうちのチームの勝ち。これからも上位チームいじめに徹して欲しい。
Ψ(`▽´)Ψおひゅっ。
ついでに緑のべるでぃが降格確定寸前。
Ψ(`▽´)Ψおひゅひゅっ。

ぁー、しかし寒かったなぁ・・・もう超防寒体制を敷いて観戦しないと。風邪がぶり返しそうなので、今日も早寝しよ。
posted by はきこ at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。