2009年10月09日

赤ちゃんの夢

すやすや眠っている寝太郎が、突然「ほぎゃ〜」と泣いた事がある。寝太郎は線香花火のように、くすぶって徐々に大きく泣くタイプなので、連れとびっくりして顔を覗き込んだ。怖い夢でも見たのかと話していたが、はて、赤ちゃんが見る怖い夢ってどんなだ?
そこで思い出したのがこの本。
hoshi.jpg
星新一さん「ブランコのむこうで」
私が読書を好きになるきっかけになった本。
母が読めと勧める本はなんだか説教臭く、当時の私にはどうもとっかかりにくいものばかり。読まなきゃ怒るし。(なんじゃい!)そんな私に姉が勧めてくれた。ショートショートで有名な星さんだが、この小説は長編のファンタジーだ。これがきっかけで、星さんのショートショートを姉から借りたり、自分で買ったりしていくつか読んだ。この後、SFファンタジーや推理小説、エッセイや気に入った作家の作品などを読むようになり、現在は歴史小説を好んで読んでいる。
妊娠中から読んでいた「竜馬がゆく」は、7巻まで読んだところで出産となり、それからは寝太郎の世話でなかなか読む事ができなかった。久々に開いてみたら、少し遡らないと内容が掴めない状況。長文を読むにも集中力を欠いている。そこで、軽い雑誌を読む事から文章に慣れていって、徐々に竜馬に戻ろうと思いついた。リハビリってところか。雑誌に慣れたところで「ブランコのむこうで」を思い出したので、読んでみる事にした。
さてさて、ここで赤ちゃんの夢の話に戻ろう。この話の主人公の「ぼく」は、自分にそっくりな少年と出会ったのをきっかけに、他の人の夢の「舞台」となる次元を渡り歩く事になる。お父さんの夢や、病気で寝たきりの少年の夢、自殺を図った女性の夢など。その中に、新生児室に居る、生まれたての赤ちゃんの夢が出て来たのだ。世の中の経験をしていない赤ちゃんは、生命の流れを遡った、はるか遠い時代の夢を見るのだ・・・という事になっている。夢には恐竜やマンモス、頻繁に爆発を繰り返す火山などが出てくる。
とすると、さしずめ寝太郎はティラノザウルスの夢でも見ていたのか。喰われなくて良かった(笑)。
さすがに、話の内容も文章も簡単で、あっさりと読み終わった。軽すぎたかなぁとは思うが、これでやっと竜馬にも戻れた。文章に慣れないお子さんが居たら、試しにこれを勧めるのも良いかもしれない。きっかけさえ掴めれば、色々読めるようになるカモ。ただし、私は相変わらず「How To 本」が読めない・・・。
ちなみにこの本のカバーは昔のもの。今ではもっとファンシーな装丁になっている。星さんの作品の挿絵としては、真鍋博さんがあまりにも有名。星さん独特の、最後にドスっとくる、シュールな話の結末にふさわしい、最高の組み合わせだ。(「ブランコ・・・」の挿絵は別の方が描いている。)
今の挿絵も変わっていなければ良いけど。
posted by はきこ at 12:58| 東京 ☀| Comment(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

切腹(ひまつぶし)

取るもの取れば、あとは傷が回復するのを待つだけ。
しかし、娯楽の少ない病院で、テレビも元々見ない方だし、4人部屋で日々人が入院し、手術し、退院し、入れ替わり。「ただ痛いだけのヒマ人」の私が、慌ただしい中でひとり部屋で「ぼさー」っとしているのも、なんか身の置き場がないと言うか。
幸い病棟内に「デイルーム」なるものがあり、見晴らしが良く、人がくればそこで話をしても構わないし、食事もそこでする事ができたので、朝起きてから夕食を食べ終わるまで、ほとんどの時間をそこで過ごした。片手にはお茶と本。
入院前にコレを読んだ。
世に棲む日日
shiba1.jpg
「おもしろき こともなき世を おもしろく」
という、高杉晋作の辞世の句に惹かれて読み始めた。
そしてこの後、入院中に読んだのがコレ。
十一番目の志士
shiba2.jpg

・・・あらかじめ言っておくが、私は読書感想文を書くのが苦手。

ただもう、司馬作品は人物が魅力的に描かれているので、話にどんどん引き込まれる。気を付けなくてはいけないのは、あまりにも生き生きと描かれているため、登場人物が実在した人物だと思ってしまうところ。この物語の天堂晋助という人物も実在しなかった。うっかり墓でも探しに行こうものなら、探しきれずのたれ死んでも、あの世ですらお会いする事ができない。
私は最初に読んだのが「燃えよ剣」だったからすっかり土方贔屓になってしまったが、あの作品の中では勿論、土方さんが主人公だし、近藤勇がちょっとお調子者っぽく感じてしまったのも、司馬さんの嗜好がふんだんに投入されたからかもしれない。世に棲む日日も、吉田松陰と高杉晋作の描き方に、明らかな違いを感じた。だから、長州ではすっかり晋作贔屓(笑)。
本棚で待機している「竜馬がゆく」を読み始めたら大変かもしれない。それこそ寝食、自転車、ブログ、ブートキャンプ、全部忘れて全巻読破に没頭してしまうかも。音楽でJAZZに踏み込んだ時と同じ感覚。気を付けないと連れに叱られる。没頭しすぎる自分もあまり好きではないし(笑)。
司馬さんの、特に幕末の頃の本を読んだり、その史蹟を訪れたりしていると、その頃がそれほど遠い昔ではないように思える。東京、多摩地区に住んでいると、歴史の教科書に登場した地がすぐ近くにある。
よし、退院したらそんなところに行ってみるか。
posted by はきこ at 21:15| 東京 ☁| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

よむよむ

ここにはあまり書かないけれど
今私は読書に忙しい。

よむよむ。
posted by はきこ at 21:07| 東京 ☀| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

正確には「違いを楽しむ人」

歴代「違いのわかる男」を調べてみた。こちらで見る事ができる。「ベストジーニスト」なんてのは全く興味なし。こっちの方がいい男揃いだ・・・「?」な人もいるが(笑)。
1970年から始まった「違いがわかる男」は1988年まで続き、ブランクの後1991年から「上質を知る人」となる。「男」から「人」に変わったのは女性を登場させたかったからだろうか、1999年には初の女性が抜擢され、2000年後半から「違いを楽しむ人」となる。
私が最近心躍らせている彫刻家の外尾悦郎さんはわりと新しく、2001年からの登場となるので「違いを楽しむ人」となる。外尾さんは1978年からサグラダ・ファミリアの専任彫刻家としてその建築に携わっている。
新しいサイトを立ち上げる時、バルセロナのページだけはテキトーに仕上げるわけにはいかないなぁと思っていた。少しガウディについて勉強しないと・・・と書物を探してみたが、やはり直接ガウディの作品と向き合っている外尾さんの文献が一番だろうと思った。たまたま7月に「ガウディの伝言」という外尾さんの本が出版されており、まずはこの本を読む事から始めようと思った。
感想は後ほど。これは面白い。
posted by はきこ at 23:04| 東京 🌁| Comment(6) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

鳥にパンやるラブソング

今日、やっと頼まれていた書き物が終わってほっと一息。ちょっとずつ読み進めていたダヴィンチコードもこれで一気に読み進められそう。(カントクさん、もう少し待っててください)
実は読みたい本が溜まりに溜まっている。先日「初恋」という映画を観たら、また3億円熱に火が点いてしまい、3億円事件に関する本を購入してある。連れが普段から買っている本にもいくつか読みたいものがある。でも「時間があればあれやって、これやって、ヨガやって・・・」と、優先されてしまう事もいくつか・・・今は体に一番気を使いたいものでね・・・。
さて、大好きなマンガがある。
toripan.jpg
とりぱん(とりのなん子著)週刊モーニング連載中。
貧乏漫画家(今はとりぱんが売れて貧乏ではないカモ)である著者が、パン屋でパンの耳を買ってきて自宅の庭で野鳥の餌付けをし、その様子を漫画にしたもの。素朴な著者の性格と、のんびりした東北地方の様子、鳥達の可愛らしい習性などがコミカルに描かれており、鳥好きな私にはたまらない一冊なのである。大好きなコノハズクも出てくるしねぇ♪
彼女が作品の中で紹介している「ボートの三人男」という本がある。(ジェローム・K・ジェローム著)彼女の座右の書であるこの話の中に、凶暴な白鳥に半殺しの目に遭う男のエピソードがあるのだそうだ。今日、本屋に行ったらこの文庫がしっかり平積みになっていた。おそらく、とりぱんのファンが従業員にいて、試しに仕入れたものなのだろう。これは私も是非読みたい。
他にも読みたい本で家に溜まっているのもあるんだけどね・・・ある意味本はナマモノ。見つけたその場で買わないと、読みたい熱もさーっとひいてしまったりするから、この本は早めにゲットしておきたいところだ。
さて、何から読もうかしら・・・読書熱もすっかり高まってきたし。
posted by はきこ at 01:22| 東京 🌁| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

た〜いむましぃ〜ん

連れが先日のNew Year Meetingのフリマで買って来たコレ。
punchi.jpg
昭和40年と昭和41年の「週刊平凡パンチ」の新春特別増大号である。当時の若者が読む週刊誌。私や連れの時代だと「ポパイ」かなぁ・・・今はこーゆー雑誌あるのかしら?価格は特価で80円。今の500円くらいかしらね。表紙のイラストもなかなか良いが、中の挿絵に柳原良平さんがふんだんに使われているのも素晴らしい。
ぱらぱらと中身をナナメヨミ。ちょとした時間旅行よ。
車の記事だと、今では珍しいものが当時「ニューモデル」として紹介されている。「いすゞベレットが当たる!新春ドライブパンチ・クイズ」だって。これはクイズに答えてもらうしかない。東宝映画”パンチ野郎”シリーズに応募し当選すれば、賞金100万円とフェアレディ1600、紹介者にも賞金30万円とブルーバード1300がもらえますよっ!
目次。
「確率的ガールハントのすすめ(正月の東京・大阪は無死満塁である)」
「ニュー・センチメンタリストになろう(キミの精神の自由さをはかる10のテスト)」
「折り込みヌード プレゼント」(←目次にはあったが切られた跡有り)
広告。
=小回りパンチ= スバル360
あなたは若い!まずガッチリは働こう。それには<スバル>は<生活の足>だ。ときには気分転換。思いっきりふっ飛ばしてのレジャー。その時<スバル>は<趣味の足>。<生活>と<趣味>の完全な一致。これが人生最高のパンチ!
=松山奥道後= ヴァンもジュンここでは一致
服装の好みに違いはあってもヤンガーたちがそろって行楽のコースに選ぶのは、奥道後。そこには、ヤンガーたちの夢がいっぱいあるからです。(中略)<南国のパラダイス>の呼び名にふさわしいのは、ジャングルぶろ。そのほか、映画あり、演芸あり、ボーリングあり、バラエティに富んだ遊具あり、さらに健啖ぶりを満足させてくれるバーベキュー・ジンギスカン料理あり・・・。奥道後は、ヤンガーむきの一大観光・娯楽地なのです。
当時の娯楽はシンプルで良い。
ミュージックチャートなんかもあったっけ。「ゾムビーズ」と記されていたのがゾンビーズなのはすぐわかったけれど、サプレムスがシュープリームスだとは連れに指摘されるまでわからなかった。
当時はアイビーが流行っていた。広告でも「アイビー」は色々引き合いに出されており、電化製品も「アイビー製品」なるものが展開されている。中でもオーディオや電気カミソリ、ヘアードライヤーなんかは「アイビーなヤング必須アイテム」だったらしい。物々交換のコーナーにはこぞって「交換乞う」の投稿があった。
その投稿の中に「コレハナニ?」という品物あり。身長機。検索したらこんなのが出て来た。
sinchouki.jpg
ミス・ワールド日本代表も、東宝スターも、コレを使って大きくなったとの事。神経衰弱も治り頭脳明快にもなり、一家族みんなそろってスクスク伸長♪へぇ〜(笑)。いったい何人の人が騙されたのかしらね。今だって豊胸だのダイエットだの、体のコンプレックスにつけ込む広告はいくらでもあるから、時代はちっとも変わってないわね・・・とも思う。
posted by はきこ at 22:45| 東京 ☀| Comment(3) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。