2009年12月28日

スッキリしたいの

”めかいご”とは私の郷里での呼び名で、一般的には”ものもらい”と言う。関西では”めばちこ”ね。
昨日、左のまぶたが痛くて鏡を覗いたら少し赤くなっている。あら、めかいご。皆さんもご経験があると思うが、気にし始めるとまばたきをする度にとーっても気になる。
今朝になると痛みは昨日より良くなっていた。しかしまだ若干腫れているようで、二重まぶたがいつもよりクッキリしている。「二重まぶたがクッキリ」と言うと何となく可愛い感じだけれど、顔の左半分がなんだかだらしな〜く見える。ヤダわぁ。
医者に行くほどではなさそうだけど、新しい年を迎えるまでに、スッキリしないものかしら。
大掃除もまだ終わってないから、こちらも早くスッキリしたいんだけど、寝太郎が居るとなかなか進まない。今年はある程度手を抜く事を考えても良さそうだ。
posted by はきこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

かわいい子じゃのう

昨日の話。
銀行に用事があったので、スッピンに眼鏡、ニットの帽子をかぶって出かけた。暖かくてとても天気が良かったので、きちんと化粧して、買い物でも楽しめば良かったなぁと思ったが、駅前に出てみると、平日だと言うのにクリスマスの買い出しでごった返していたので、用事を済ませただけで家に戻る事にした。
本当にとても良い天気で、こんな日にサッカーの試合でもあれば、冬でも寝太郎と一緒に観に行けるのになぁ・・・なんて考えながら、師走の街道沿いをベビーカーを押して歩いていた。寝太郎は銀行を出たあたりからスヤスヤと眠っている。
街道を一本入って、いつもの「はっぽうさん」の家の前にさしかかると、前方に見慣れた人影を発見した。この方、いつもこのルートを通っているわけではないけれど、最近、ここを歩いておられるのを良く見かける。この間はすれ違う時、寝太郎を「ぎろり」と見ておられたけれど。
この方とすれ違う時はいつも、私は心の中で「こんにちは」と言って、心の中で深々とお辞儀をしていた。話しかけるのも失礼な気がしていていたし、ひょっとしたら凄い偏屈な方かも・・・とも思っていたので、心の中でだけそうしていた。
でも、なんだか今日は天気が良くて気持ちが良かったせいか、つい、心の中での挨拶が口をついて出てしまったようだ。
「こんにちは。いつもお見かけしているんですが、ご挨拶ができなくて。」
と言うと、ちょっとびっくりしておられたけれど、にっこり笑ってくれた。そして、ベビーカーを覗き込み「何歳?」と聞かれたので「4ヶ月です」と答えると
「かわいい子じゃのう」
と言って、寝ている寝太郎のほっぺをなでなでしてくれた。
寝太郎が一緒だったから話しかけられたという事もあったかもしれない。頻繁にお見かけしていたのに、ご挨拶ができるまで4年もかかってしまった。近くで拝見すると、とてもがっちりした体つきでびっくりする。連れに報告すると「妖気をもらったな!」と喜んでいた。
思い出すように「かわいい子じゃのう」と言ってほっぺをなでなでしていると、「かわいい子じゃのう」がいつの間にか”目玉おやじ”の真似になってくる。目玉おやじのしゃべり言葉は、水木さんのお国の言葉なのかもしれない。
posted by はきこ at 23:14| 東京 ☀| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

ばったり、またばったり

多分お察しのとおり(涙)。
4日(金)に扁桃炎から発熱。一度は治まったかと思ったら微熱が下がらない。腰から下がだるい、時々背中が痛い。どうやら、水分が不足していたのは病気の始まりで、また腎臓の機能が低下していたようだ。
連れの横浜の実家に寝太郎と一緒にお世話になり、授乳以外は布団でおとなしく寝ていた。しかし、寝ていても熱は下がらず、37度前後をゆらゆらと上がったり下がったり。体の痛みがとれず、治る気配もない。連れには会社を休んでもらったりして、何度か耳鼻科にかかったが、最後には「もはや耳鼻科の病気で発熱しているわけではなさそうです」と、他の科の受診を勧められた。
前回お世話になったH先生にかかろうとしたが、すでに病院を辞められていた。ネットで検索したら、同じ病院で働いておられたT先生と、近所で独立開業されている事がわかった。目当てのH先生は休診。でもT先生も真剣に話を聞いて考えてくれた。薬を少し追加してもらい「とにかくお水をがぶがぶ飲んで、腎臓の悪い物を出すように心がけて下さい」とアドバイスいただいた。それでも13日(日)の朝になっても微熱は下がらず、体もぐわんぐわん痛むので、さすがに泣けてきた。
寝太郎の世話どころか、抱っこする事もままならなかった。医者からは「薬を飲みながらの授乳はお勧めしません」と言われたものの、寝太郎はもはや哺乳瓶を忘れてしまい、何度かトライしたもののやっぱりだめだった。時間を置いたり、それが出来なければ搾ってから授乳したり。風邪をうつしてしまうのも心配だった。しかし、おろおろしていても仕方がないので、とにかく早く治すしかない。
それでも一週間以上熱が下がらないと、なんかもう、自分の体はどーでも良くなってくる。動いても動かなくても熱が上がるなら、動いた方がマシだ!と無理したら、やっぱり熱は上がった。それでも37.4度くらいなのが、またイヤラシイ。上がるならもっと上がれよっ!と、キレ気味になっていた。
そんなヤケクソでダルダルで悲しい日曜の午前中、連れが薬局で症状を話して買ってきてくれたこの1本。
pla.jpg
「効きます。でもマズいですよ。」だって。
値段も聞かず「じゃあ、それください」と言ったは良かったが、値段を見てびっくり。1029円也(涙)。妊娠授乳期にも有効と書いてあったので、遠慮なく一気に飲み干した。そしたら、コレが私の症状にドンピシャとハマったらしい。午後になったらふっと体の嫌な痛みが引いた。思わず「私、許された?」と笑顔が戻った。
これをきっかけに回復に向かったが、病気している間に色々な楽しい予定がボツになった。特に「たまゆら展」に行けなかった事、上京したまっつまさんにうちに宿泊していただく予定だったのをドタキャンしてしまった事は、もう本当に悲しくて(涙)。それでもお帰りになる日に少しだけお会いできて良かった。
明日はやはり病気の間に行けなかった、寝太郎の3〜4ヶ月健診。お薬入りの母乳を飲まされたり、一番の被害者は君だったんだよね。ごめんな。
posted by はきこ at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

断水中

ふわわぁ。オハヨゴザイマス。
rody.jpg
断水中です。30分だけなんだけど。
朝から洗濯機まわして、時間が余ったし、寝太郎も寝ているから、夕飯のきんぴらのごぼうとにんじんをささがきにしていた。れんこんも入れちゃえ。主菜は何にしようかなぁ・・・と考えていたら、断水の時間になった。
このRody、たまたま入った輸入子供用品のお店で、キズものだからと爆安で売っていた。本国(イタリア)なら定価で売るんだけどねぇ、と店主がおっしゃっていたっけ。どうせ使ってるうちに、キズだらけになっちゃうもんね。
このお店に、すっごく可愛い服が売っていたんだけど・・・女の子の服なんだよねぇ(笑)。
さて、そんな事言ってる間に、断水の時間が終わるわ。
またキッチンで仕事するか。
posted by はきこ at 09:30| 東京 ☀| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

思いがけず

ウチが結婚と同時に買った洗濯機が、リコールの対象となった。乾燥機能を使うと問題が起きるとの事。本体交換の機種もあったようだが、ウチのは修理で済むらしい。
洗濯機の乾燥機能を使う事はめったになかった。時間がかかって、乾きにムラがあったりして。浴室に乾燥機が付いているが、これを使うこともめったにない。すんごいガス代かかるんだもん(涙)。じゃあ、雨続きの時はどうしているかって言うと、ポータブルの除湿乾燥機を使っている。コレ、時間はかかるけど、多分一番安上がり。いいわよぉ。部屋や布団も乾燥できるし、ウォークインクローゼットなんかも、まるごと除湿できる。そして衣類乾燥モード。まめに機械からの風当たりを変えてあげれば、しっかり乾く。
おっと、話が逸れた。
そんなわけで、それほど使う事の無い部分のリコールなんだけど、悪い部分は直してもらわないとと思い、電話をかけて修理に来てもらう事になったのが、昨日の話。
午前中に来て、大きな洗濯機をバラし始めるうちに、なんだか問題が起こったらしい。あまり詳しい事はわからないが、修理だけの話が、いつの間にか本体交換になってしまった。
昼過ぎには、新しい洗濯機が到着。
sentakuki.jpg
「なってしまった」って、勿論、新しい洗濯機は嬉しいんだけど、なんだか悪いような気がして「本当に良いんですか?」と何度も聞いてしまった。だって、今までよりも容量は大きいし、電気や水の節約もできるし、機能も上みたいだし。
まぁ、なんだかんだ言っても嬉しいものは嬉しい(笑)。
なんと言っても、今は寝太郎も居て回す回数が多いので、時間が短縮できる。朝の15分、2回まわせば30分節約できるのだ。凄い凄い。
それと、新しい機能の空気洗浄では、ぬいぐるみやおもちゃなども除菌、消臭できる。うちには、全国を一緒に旅をして、汚れてしまった「ししお」が居る。
haisen.jpg
手宮線廃線跡とししお。
他のぬいぐるみで実験後、コイツを洗ってあげたいなぁと。
・・・でも絶対居るよね・・・犬や猫を放り込んじゃう人。ぎょえ〜。
posted by はきこ at 12:38| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

気がついたら

来週の今頃、私はもうお母ちゃんだよ。
8月14日にいよいよ帝王切開による出産である。

ここまで決して短いわけではなかったし、ちょこちょことトラブルにも直面していた。副鼻腔炎に口唇ヘルペス。現在も「妊娠糖尿病」と診断され先週から大騒ぎ。後期に出る場合はほとんど妊娠中だけの症状(ただし、将来的には糖尿病になる可能性アリ)に治まる。しかも出産まであと2週間。保険のきかない血糖値を測る機器を買って、出産まで血糖値をコントロールするのがベストとの事。しかしどうも強制ではなさそうで、それを買えば「治る」というものでもない。1日の食事を6回にして、血糖値に関わる炭水化物や糖類などを分割して摂り、血糖値を一定の数値以上あげないようにする「分割食」で対応中。これをやったら1週間で数値はだいぶ安定した。
ここまでで7kgしか体重が増えておらず、アルコールも「我慢」というほどでもなく、食事に気をつける事にそれほどのストレスも感じずにやってきた。さすがに甘い物を食べたい欲求はあるけれど、コンビニなどに売っている「カロリーコントロールアイス」ならば、他の食べ物とのバランスを考えながらなら食しても大丈夫と、栄養士の方からアドバイスをいただいた。ビールの「プリン体オフ」「糖質ゼロ」「ノンアルコール」などと同じ感覚ではあるが、それらがイマイチ味気ない一方、このアイスはなかなか優秀である。良い時代だ。

会社を退職し、6月から出産の準備を進めてきた。子供の洋服や寝具、自分の入院も含めて「ん〜、大丈夫なのかなぁ」と心配はあるが、入院中は連れがずっと休みをとってくれているので、足りなかったら「買ってきて」とお願いできる。
困ったのはお天気。着るものを買いそろえたところで、一回洗濯をしておきたかったのだが、梅雨があけても天気がすっきりせず、毎日空模様とにらめっこ。今も布団を干すタイミングを見つけているのだが、週間天気予報が毎日毎日変わり、晴れの日がどんどん先へ逃げていく。あと4日で晴れの日があるのかしら(涙)。

スリングを作った。最近流行の「だっこひも」だな。リングのないタイプ。
sling.jpg
ほんとはこの生地で、自分の服でも作ろうかと思っていたんだけどね。久々のお裁縫、なかなか楽しかった。子供が産まれたら洋服も作りたいなぁ。

帝王切開で、例えば入院までに破水したり、出血があったりしたらどうなるのかと医者に質問をしたら「何があってもお腹は切る」との事。普通、この時期は体を動かす方が安産への道なのだろうけど、ここまで来たらお腹切る痛さだけにとどめたい。家の仕事を少しずつこなしながら、おとなしく14日の出産を迎えられればなぁと。
posted by はきこ at 22:10| 東京 🌁| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

おくやみ

=三沢光晴氏=
夜中に勉強しながら何となくついていたテレビ。女子プロレスはうるさくて苦手だったけれど、男子のプロレスはわりとイケるんだよね〜、なんて思いながら、プロレスニュースを何気なく楽しみにしていたっけ。そんな中、ひときわ強くてカッチョ良かった三沢さん。夜中に声を殺してコタツから声援を送っていた、あの頃がふと思い出される。
太田市というところで暮らしていた時、隣が足利市だから、たまに足工大付属の前を通ったんだよえねぇ。その頃は居るわけもなかったけど「みさわだ〜!かわだだ〜!」って、少々興奮気味に前を通っていたっけ。
殺してもしなないような気がしていたのに、あんなにあっさり亡くなってしまうなんて。
これからのプロレス界はどうなってしまうんでしょうねぇ。

=Kenny Rankin氏=
彼については連れのブログが述べているとおり。
私も連れからCDを渡され、初めてイントロを聴いた瞬間に、バリっと電気が走ったのを覚えている。1年半前にライブに行った時も、しばらくはじわじわと涙が出てきて止まらなかった。演奏中に咳払いをしていたのは空調が気になるせいなのかと思っていたが、ひょっとしたらこの頃から、病に蝕まれていたのかもしれない。ライブ後は気さくにサインと握手に応じてくださり、連れが持っていった邦版のレコードに「うん、新品みたいだ」と笑顔でサインしてくれた事を思い出す。
ウチでは日常、連れのMacから普通に流れていた彼の音楽。彼の歌声とギターの音色は、いつも清涼感に包まれていたけれど、これからしばらくは、悲しい気分で聴くのかなぁ。

今週末は、相次いで訃報が飛び込んできて、なんだかとっても悲しい気持ちでいっぱい。
合掌。
posted by はきこ at 13:15| 東京 ☁| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

こんな時に、副鼻腔炎かいっ

妊娠中なのに副鼻腔炎・・・自分が悪いんだけどさ。
悪い予感は、すでに花粉症の季節から始まっていた。以前から「この病気はクセになります。特に花粉症の季節、粘膜が弱っているところに風邪をひいたり、ストレスを受けたりすると、再発します。気をつけてください。」と注意されていた。そだよ、注意されていたんだよ。妊娠中だから、もっと気をつけないとイカン。無理はイカンよ。
でもしちゃった(汗)。インフルエンザには気をつけていたのに、こっちをすっかり忘れていた。

歯科治療は先週の火曜日に終えたばかりなのに、歯が痛い。おかしい。朝、起き抜けにくしゃみ連発・・・花粉症か?か、顔痛い(涙)。目の周りもなんとなく重く感じる。そんな経過で、不安が確信になったのは先週金曜日の夜、体がだるくなり、膿を思わせる「黄色い鼻水」が出た時だった。
妊娠前までかかっていた耳鼻科も悪くはない。ただ、妊娠してから花粉症で受診した時、ガンとして「妊娠中の方に薬は出せません」という方針なのがわかった。結局、産科で点鼻薬をもらい、今年はそれでなんとかなっている。(まだカモガヤの花粉症なので、現在進行形中・・・)むやみに薬を出されるのは困るが、だからと言ってまるで放っておかれるのも困る。
週明けの月曜日には定期検診の予定。私が通っているのは総合病院で、耳鼻科もあったので、産科で相談すれば耳鼻科に回してもらえるかなぁと思い、今日まで様子を見た。幸い週末に休んだら、痛みやだるさは和らいだし。
今日は若手の助産婦さんの検診。通常の診察を終えた後、副鼻腔炎の事を相談し「もし可能なら、ここの耳鼻科に回してもらえたらなぁと・・・」と言うと、先輩の助産婦さんに色々聞きながら、耳鼻科受診の手配をしてくれた。耳鼻科の先生は産科に、妊娠中でも大丈夫という「実績のある薬」をあらかじめ問い合わせてくれていた。もちろん、それを使うかどうかは、診察の後の判断。
鼻の奥を観てもらって、やっぱり膿が出ていますねぇ・・・と、膿を出しやすくする処置をしてもらいながら・・・これが、鼻の穴に薬品のついた棒を突っ込まれて、そのまま数分放置。けっこう情けない、人には見せられないカンジ(汗)・・・今後の治療方針のお話。
「安心できる抗生物質があるとは言え、まったく胎児に影響がないわけではありません。胎盤で繋がっていますからね。一般的な薬の副作用が出る場合もあります・・・アレルギーとかね。だからと言って、今のまま薬を飲まずにいるとどうなるかと言うと、膿も出ているし、それもまた危険な話です。場所によっては、眼球を痛めて失明なんて言う騒ぎにもなりかねません。そうなってから、じゃあ手術・・・ではもっと大変な事になるので、今はお薬を飲んだ方が良いです。」以上、先生談。
という事で、先生が口にしたのは、私も知っている名前の抗生物質。それを4日間飲んで落ち着けば大丈夫でしょうとのこと。合わせて痛い時に飲む痛み止めも処方してくれた。
ひょとしたら、症状も軽くなってきたし、薬飲まなくても治るかなぁ・・・あるいはこのまま受診しなくても・・・なんて自分では思っていたけれど、やっぱりちゃんと診察してもらって良かったなぁ。
ちなみに私の鼻の穴はちょっとフクザツで(って、鍾乳洞みたいだよねっ)鼻水が溜まりやすいから、副鼻腔炎にもなりやすいんですって。初めて知ったわ。たまには違うお医者さんに診てもらうのも良いカモ。

もし、妊婦さんで同じ不安を抱えている方が居たら、ご参考まで。
やっぱりちゃんと診てもらうのが一番。
posted by はきこ at 19:04| 東京 ☁| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

チョコレート

調子が出ると、書き始めるんだけどね(笑)。
今日は「かっくん」の6ヶ月点検で、午後から八王子へ出かけた。
営業さんに女性が一人いらっしゃって、この方は出産を間近に、今日が最後の出勤だったのでそうだ。すでにお一人お嬢さんが居て二人目の出産だから、点検が終わるまでの間、いろいろとお話を伺ってきた。本当に間近なのにエラいなぁ・・・私なんて、残りの出勤13日を残して、もうすでに心は会社から遠ざかっているのに、この営業さんはまだまだやる気が残っている感じ。
話をしていて「甘いものが恋しくて・・・」なんて話していて思い出したのが、前から気になっていた「ルノ八さん」の前にある、なんか洋菓子売ってそうな構えの店。
http://www33.ocn.ne.jp/~chocolate/index.html
チョコレートが有名なお店で、バレンタインなどは外に列ができるほどなのだそうだ。点検終了まで時間がありそうなので、おサイフを持って様子を見に行った。
トリュフや生チョコはちょっとお高めだが、チョコ本来の味を求めるなら板チョコでも十分そう。焼き菓子やケーキは普通のお値段だったので、板チョコと、焼き菓子をバラで買ってみた。
konditrei.jpg
お味はスイス仕込みなのだそうだ。
明日、DVDを借りた方へのお礼にシナモンロールを焼く予定。上手く焼けなかったら代わりにこの焼き菓子を・・・とは思ったが、できれば全部味見したい(涙)。
明日はシナモンロールに全力投球っ!
posted by はきこ at 22:47| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

覚え書きなど

連れの出張からちぃとも進まなかったこのブログ。連れが帰って来るまで”半閉鎖状態”にするつもりだったのが、すっかり完全閉鎖状態になってしまった。
妊娠中のエピソードやツーリング、沢山の可愛い猫達ともふれあったり、ネタには困らなかったが、何をするにも時間がかかるようになり・・・例えば、会社の帰りは確実に座れる、いつもより帰宅に時間のかかる電車に乗り、買い物も急がずゆっくり、家に帰ってきてもひと休みしてから・・・なぁんてやってると、ブログも「どーでもいいかぁ」という程度のものになってしまった。
自分の記録と、文章の練習の意味もあってやってるブログなので、3月からの出来事を簡単に書き留めておくことにしよう。

連れの出張中、姉の家で猫の「もも」と過ごす。あまり懐いてくれない猫だったが、何日か滞在しているうちに、彼女の「おもちゃ」として認定を受けたらしい。夜は私が寝ている横で暗い中、しばらく私の様子を「じぃっ」と見ていて、朝も「おもちゃ、起きろ」とふすまをペシペシして起こすようになる。姉とお台場で食事をして別れた後、姉が帰宅すると、ももは玄関で「さっきまで居たはずのおもちゃ」が一緒に帰って来るのを、しばらく待っていたらしい。カワユス。でももう、忘れられているんだろうなぁ。
ob1.jpg
警戒してるし。
妊娠14週目で、すでに胎動を確認。まるでおなかの中で金魚でも飼っているかのよう。
アメリカ土産の「Mac Book」。まる5年使ってきたiBookとはお別れ。いろいろ思い出のあるマシンだったので(金の出所?に思い出があった)お別れはツライが、画像処理には力が無く、ひと苦労していた。新しいMacは快適。データの整理に追われ、更新も滞る・・・。
3月14日、15日と、伊豆下田方面へツーリンング。カングー3台で。久々に温泉を堪能し、海の幸に囲まれて幸せな時間を過ごす。石廊崎で歩いてヘコたれる。おなかが重くなってきた。
ob2.jpg
なまこ壁。
この頃から、仕事が本格的にメンドクサくなる(笑)。でもまぁ、有給消化もあるから、もうちょっとの辛抱。
3月20日、銚子方面へツーリング。連れの2CVのクラブのイベントで。潮来の水郷巡りはこの時期、季節外れながらも予想以上に楽しめる。待望の銚子電鉄に乗って「ぬれ煎」を買い、2週連続で海の幸を堪能。しかし、風の強い日のアクアラインは、もう2度とゴメンだ(涙)。
ob3.jpg
時刻表。
3月28日、長野より、カントクさま上京。夕食を共にして、楽しいひとときを過ごす。この方の「物」の考え方の切り口は、大変勉強になる。
3月29日、FFEソレイユの丘参加。久々の「車どっさり」の光景に、午前中でやや力尽きる(汗)。お祝いの言葉やプレゼントをいただく。撮った写真は、フレンチブルドッグの「ぶーちゃん」のみ。どんだけ好きなんだろ(嬉)。帰りは三崎港に立ち寄り「しらす」を買って帰る。炊きたてご飯にしらす、高菜漬け、明太子をのっけて、わしわし食べるのが、最近の楽しみ。
3月30日、「戌の日」を祝うため水天宮へ。横浜と群馬、両方から両親が出てきてくれて、お参りをする。すごい人出。それでも、会社の人がお参りした時は、歩道まで人の列があったと言うから、この日はまだ空いていたようだ。水天宮前の歩道には、様々なマタニティ関連企業が、なんだか色々配っていたので、全部もらう(笑)。近くのホテルで食事。ビュッフェ形式の料理だったので、つい食べ過ぎる(笑)。マタニティウェアを買ってもらい、これでだいぶ着るものは整ったか。
3月31日、5回目の結婚記念日を迎える。毎年休みをとっていたが、会社も年度末でいそがしそうなので出勤。最近食べ過ぎなので外食もせず、ケーキだけ買ってきて祝う。

4月4日、サッカーのアウェー戦を観に磐田市へ。試合前に浜松まで足を伸ばし、むちゃむちゃ旨い「うな茶漬け」を堪能。ちょっと高かったけど、高速料金片道1000円だし、結婚記念日何もしてないし。しっかし、旨いなぁ(笑)。午後から予想以上の雨になり、試合が始まる頃にはポンチョの中にまで雨が侵入。ここは無理するところではないと、前半終了後に退散。試合は勝った。今年のウチのチームは、どうもぴりっと来ないが、若手キーパーの成長は嬉しい。
ob4.jpg
うな茶漬け。半分はそのまま、半分はだし汁をかけて茶漬けに。こんな旨いうなぎがフツーにある浜松って幸せだ。
4月6日、5ヶ月の健診。性別未だわからず。年齢のためか足腰が痛むが、おなかはすこぶる順調。歯科健診では虫歯菌さんの「よい仕事」が沢山見つかり、ひどくなる前に治療って事で、治療開始。
4月11日、JFL横河武蔵野FCと町田ゼルビアの試合観戦。あと1週間早かったら桜が綺麗だったろうなぁ・・・なんて思いながら、ぼのぼの観戦。「どっちも頑張れ〜」という試合は、無責任に観ていられるからとっても楽しい。JFLとは言え、サポーターは熱心。しかしJ1ほど殺気立っておらず、なんか久々にサッカーおもろいなぁと思う。試合の後は仙川で飲む。私は飲めないけど。
4月12日、殺気漲るうちのチームV.S.アントラーズ戦。おとなしく観戦。最近、人ごみに出るのが怖い。子供は突っ込んでくるし、若いのはまっすぐにしか歩かないし、婦女子はまわり見えてないし。肝心のサッカーは負けたけど、まぁ、このくらいの内容ならいいか。

トイレが近くなって毎晩2回は起きるから、会社でも眠くてしょうがない。今月ガマンすれば、来月は会社も有給消化でほとんど行かないし。辞める時に配るお菓子だの何だのの数を数えて、残りの日数を数えて、おなかの月数を数えて。とんでもない人間も居て苦労はしたが、世話になった人達ともう会わなくなるのかと思うと、少し寂しい。
やっぱりおなかの中には「金魚」が居るんじゃないかと思う。鉢が狭くて窮屈そうに、たまにぶるぶるっと動く。
posted by はきこ at 21:52| 東京 ☀| Comment(5) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

腹を切ってくれ

まーたーでーすーかぁ。
先日、私はまたしても切腹を言い渡された。

すでにお気づきの方も居るかもしれないが、本日で妊娠4ヶ月目突入した。
以前、卵巣嚢腫と子宮筋腫の為に一度開けたお腹は、傷と年のせいで陣痛に耐えられないと。医者から「うーん、帝王切開の方が安全ですねぇ」だって(涙)。1%の確立で「破裂します」と言われたら、むむむ、そうするしかない。
会社の人からも「私の妹はね、一人目が帝王切開で、二人目は自然分娩で行けますよーって言われてたの。だけど思いのほか大きくなってしまって、やっぱり帝王切開で出す事にしたのね。そしたら前に開けた所から、中が透けて見えてたんだって。」と言われたら、産院を以前手術した所にした事を、ラッキーだと思わずにはいられない。
そんなわけで、予定は8月下旬だったんだけど、7月下旬か8月上旬、ある程度大きくなるのを待って、陣痛がくる前に取り出す事になった。産後は母がしばらくこちらに来てくれる。
発覚したのは昨年末。人間ドックを受診するにあたり、心当たりがあったので、あらかじめ市販の検査薬で調べたらビンゴだった。バリウムも免除で充分な検査はできなかったけれど、正月から両方の親族でめでたい騒ぎとなった。
再来週から米国へ出張する連れは「飛行機が落ちたら二度と見られないから、今日は一緒に病院に行く」と、今回初めて病院へ。今までのところは男子禁制の婦人科だったから、もし飛行機が落ちたとしたら、これが最初で最後のチャンス(笑)。しっかりと「もそもそ」動く我が子を確認し、これで少し実感が湧いた様子。
ちなみに「腹を切ってくれ」とは、毎週楽しみに観ている”新選組始末記”で、局長近藤勇(平幹二郎)が脱走を謀った総長山南敬助(高橋長英)に、切腹を申し渡す時のセリフ。新選組でも盛り上がる場面のひとつで、それをこの間一緒に観ていた連れが、平幹二郎の真似をしてこんな事を言っていたのだった。
おかげさまで、先週あたりからつわりも無くなり、調子が良くなった。それまでは焼き魚や刺身、昆布、味の濃い煮物等がNG、そしてここで吠えていた通り「ソースをよこせっ!」という洋風の濃い味を異様に欲しがった。相変わらず好き嫌いはあるものの、気持ち悪さはほとんど無くなった。これからは食欲も出て、体重管理に気を付けなくちゃいけないから、もう少し暖かくなったらウォーキングも再開したいところ。
仕事は5月末まで続ける。「走るな、持つな、無理するな」と皆さんとても気を使ってくれる。かなり甘やかされてはいるが、それでも人手が足りない部署なので、こんな妊婦の手でもギリギリまで欲してくれているから有り難い。帝王切開の経験者も居るから、色々と教わる事もできる。
それと大切なお知らせ。
FBMは欠席です(涙)。いくら車好き夫婦とは言え、首の座ったばかりの我が子を、気温も気圧も変わる車山に連れて行くほど馬鹿ではない。連れは状況により(飛行機が落ちなかったら・・・笑)当日参加できるかも。
そんなわけで、今年の皆さんにお会いできる大きなイベントは、北陸FTPとなる。
「別にアンタにゃ会いたくないよ」とおっしゃる人も、そうでない人も
FTPで僕と握手っ!

さぁて、どっちが出て来るのかなぁ。
posted by はきこ at 22:42| 東京 ☀| Comment(7) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

五感で夢を見る

「ソフトせんべい」が夢に出てきた。
歯が生え揃っていない子供でも食べられる、塩味のアレ。大人向けに作られているそれも、歯ごたえはちがうし味も濃いめだが、しょうゆの焼いたせんべいよりは柔らかめ。たまーに食べたくなるのよ。

夢を見たのは電車の中だった。いつも一緒に家を出て会社に行く連れが、今日は早めに会社に行くと言うので、んじゃあ私も早く出て、各停でゆったり座って会社に行こう。あわよくば、ちょっと居眠りしちゃおう。と、思ったのだった。
電車の一番寝やすい、はじっこの席を獲得し、ちょっと小さくなってすーすー寝ていた。最初に隣に座っていたのが女性だったのは覚えているんだけど・・・。
そこで登場、ソフトせんべい。夢の中では、誰と言うわけでもなく、ソフトせんべいを食べている。しゃりしゃり、しょりしょりと音がする。あー、私も食べたいなぁ・・・と思ったところで目が覚めた、終点の1つ前の駅。

隣を見ると、いつの間にか人が入れ替わっていて、若いサラリーマンが座っていた。
ナルホド、朝のちょっと美味しい夢はこいつのせいか。
彼は音楽を聴いていた。ボリューム高めで。
イヤホンから漏れる「しゃーりしゃーりしゃーりしゃーり」

そう言えばこの間は、臭覚で「にら」の夢見たなぁ(笑)。
posted by はきこ at 22:30| 東京 ☁| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

ゴリラダンス

今日は朝からヘンだった。
まあ、あれこれとあったが・・・ほれ、何をやってもぴりっとしないと言うか、上手い方に動かないと言うか。携帯も会社に忘れてきちゃったし(涙)。
連れは会社から帰ってくる時、だいたいの到着予定時刻をメールで知らせてくれる。いつも帰りが遅いから、夕飯を作るタイミングを計るのにとても助かる。しかし今日は携帯がない。家の電話で携帯を忘れた旨を連絡すると、今日はもうすぐ帰れそうだとのこと。ただし、ちょっと買い物があるので、帰りは8時頃・・・と。
連れの買い物はコレ。
090122.jpg
わあい、私の鞄だぁ。だって今日は私の誕生日。お花は恒例の義理母から。
一眼デジカメを持っているものの、しっかりとした鞄が無く、常に首からぶら下げていた。昨年暮れには手ぶれ補正のツマミが折れてしまい、けっこうな修理代を支払った(涙)。この鞄はカメラバック。中に仕切りがあって、マジックテープで取り外しもできるから、レンズを外しても、レンズを装着したままでも、カメラを収める事ができる。仕切りを全部外せば普段使いにも活躍しそうだ。いますぐお散歩に行きたくなるようなバッグ。

世の中「アラフォー」とか言って、私の世代をひとくくりにしようとしているが、例えば音楽で「プリプリ」や「米米」に想い出はなく、印税だって一銭も協力していない。今日もアラフォーにかこつけて、芸能人がナントカアワードで表彰されていたニュースをがあったが・・・あの人達と一緒にしないでくれ。今日は疲れていて、テレビもうるさいので、すぐに消してしまった。
あえて私の中の素敵なアラフォーを挙げさせていただくならば・・・
そりゃあ、「きんどーちゃん」でしょう(笑)。
そんな私の思いを知ってか知らずか、連れはきんどーちゃんの「ゴリラダンス」を披露してくれたのだった。
posted by はきこ at 22:48| 東京 🌁| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

やっとウチにもウシがきた

と言うのも。
毎年、うちのトイレには干支の手ぬぐいを飾っているんだけど、今朝までまだネズミのままになっていた。
4日に二人でアキバへ出掛け、連れが大きな箱を買い込んでいた。買い逃した物がある言うので、それならば、その日に食べ損ねた「丸五」のとんかつも食べようと、月に2回という「ホントはあんた達、アキバ大好きなんじゃないの?」というペースで再びアキバへ赴いた、11日の日曜日。
ブレのない旨さバクハツ。
marugo09.jpg
ええ。これがある限り、アキバは大好きよ。
次は特ロースが食べたいわ。
アキバから、まだ正月の香りが残る浅草へ足を伸ばし、入手していなかった丑のてぬぐいを買った。いつも2箇所のてぬぐい屋さんから、気に入った干支の柄を選ぶ。今年は「ふじ屋」さんで購入した。
浅草をぶらぶらしてから神保町にも寄ったので、帰ってきてからは口も聞けないくらいクタクタになってしまい、次の祝日もウシのようにゴロゴロ。先週末からは連れが風邪をひいて寝込み、私も本調子ではなかったので、「かっくん」の3ヶ月点検に出掛けた以外は、二人してウシのようにゴロゴロ。今日は連れが会社を休んで医者に行き、私も本調子ではなかったので二人して・・・
マズイ、本当にウシになる・・・。
午後になり、連れが自宅で仕事を始めたので、ネズミのままだったトイレの手ぬぐいを外し、「かもめ食堂」を観ながら丑の手ぬぐいにアイロンをかけて、やっとウチにもウシが来た次第。
渋すぎやしないかと心配したが
ushi.jpg
淡い緑が意外とトイレの白壁に合った。
壁掛けの写真でなくてスマン。
posted by はきこ at 21:29| 東京 ☀| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

それは、歩く事

会社の近所に大きな書店が開店した。連れも様子を見たいと言うので、年末の買い物に出掛けた時に、偵察に行ってきた。
書店も、ただ大きければ、品揃えが豊富なら、というものではない。欲しいと思った本の隣に、思わず「これも」と手に取ってしまうような、”関連づけ”のあるニクイ陳列があるとニヤリとしてしまう。小さな店でも、釘付けになる棚があれば、そこは何度見ても楽しい。今回の書店は、大きいわりにはトッ散らかっておらず、まあまあかなぁ・・・という連れの評価。
前から欲しかった本があったので、連れの賛同を得て買ってきた。
tamo.jpg
タモリさんの「TOKYO坂道美学入門」
坂道好き、古地図好きのタモリさんが、週刊誌に連載していたコーナーをまとめた本。東京の坂の名前の由来、その土地の昔の話、タモリさんの想い出などを綴っていて、おすすめ散策コースや、立ち寄りスポットも紹介している。この隣に置いてあった「東京街ネタ帳」も合わせて購入。東京主要部の9000分の1スケールの地図に、洋風建築、狛犬、神社仏閣、坂道、銭湯の情報や、歴史の情報が書き込んであり、自分でも書き込む事ができるようになっている。
今年は去年手に入れた万歩計、古地図や低山の本、タモリさんの本を持って東京を歩き、ネタ帳にあれこれと書き込むのを、ささやかな楽しみにしよう。
posted by はきこ at 23:55| 東京 ☁| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

・・・眠いね
posted by はきこ at 23:36| 東京 ☀| Comment(3) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

今年もお世話になりました

今年は早いうちから大掃除を始めたので、昨日までにほとんどを終わらせた。今朝、部屋の換気フィルターを交換し、一番最初に手をつけた換気扇まわりをざっと拭いて、今年の大掃除は終了。
私がクリスマス後からお腹をこわし、買い物にも出られなかったので、今日は連れと新宿であれこれと買い物をしてきた。ちょっと遅れたが、クリスマスにはスエードのブーツを買ってもらった。新宿でお腹にやさしいお粥を食べ、帰りは連れを巻き込んで「3駅コース」を歩いた。
明日は連れの実家で賑やかに年を越し、その後私の実家に行く予定。おっとその前に・・・明日は野洲高校のサッカー観るんだ(笑)。

今年も皆様には大変お世話になりました。
来年も変わらずよろしくお願いいたします。
個人的にはガツガツ歩いて、なかなか忙しい年になりそうです。
posted by はきこ at 23:43| 東京 ☀| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

歩いてもぉ〜 歩いてもぉ〜

今年もやってまいりました。
勝手に一年を振り返る、他の誰かの何の役にも立たない「今年の一枚」と「今年の一字」のコーナー。
まずは今年の一枚。
:
コレ以外に、何があるって言うんですか。
ZXとのお別れ会をした、福生の基地横にある「DEMODE DINER」での一枚。もうこの事については散々書いて、散々泣いたので、書かない。ただもう、本当に良い車でした。

今年は、とにかく体調を崩した。昨年の末くらいから、朝起きるとめまい、頭痛、吐き気の3セットが襲う事があり、急に会社を休む事が多くなった。会社にも申し訳ないので「もっと家から近い職場に変えたい」と、退職を申し出た。しかし会社が「休んでも良いから居てくれ」というので、結局今まで続いている。会社にしてみるともっと頻繁に休む人が居て、しかもいつ誰が辞めるかわからないようなメチャクチャな人間関係もあって、私に限らず、誰も(一部を除いて)辞めちゃ困る状況だったようだ。
体に関しては「このままじゃいかん」と思い、少しずつ体力を養う手・・・んや、足を考えた。時間も限られているし、お金もかけられない。何かいい事ないかなぁ・・・と思っていたら「歩く事」を思いついた。会社の帰り、時間と体力があってお天気の良い日は、会社から少なくとも3駅、40分ほどを歩いた。最高で8駅。今年中に環八を越えるのが目標だったが、そこまではなかなか時間がとれない。体力的には行けそうなので、連れが飲み会なんかで夕飯いらんよ〜という日にでも挑戦しようか。
会社帰りに限らず、どこかで待ち合わせというと、少し早めに出掛けて歩いてみたり、ついでに史蹟を探してみたりと、自分の歴史散策の趣味も合わせて楽しんだ。行きたい所はまだまだ沢山あるし、その関係の本も少し買い集めている。次は板橋か、本所・深川あたりがいいなぁ。
そんなわけで、今年の私の一文字は「歩」である。
posted by はきこ at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

常春さん

近所の公園に「常春さん」出没情報アリ。
「なかよし広場」で児童が遊んでいると、不審な男が近付いてきて下半身を露出し、そのまま立ち去ったとのこと。この手の趣味の方の快楽は、相変わらず理解できない。
=人相書き=
・ベージュのヨットパーカー(前ファスナー式)
・黒っぽいズボン
・身長170cm〜175cmぐらい
・髪は比較的短い(メガネなし)
・小太りで丸顔

連れ曰く「・・・俺じゃん」
ぶははっ(笑)。
メガネはかけてるけど、コンタクトしてけば問題ないしねぇ。でもベージュのヨットパーカーは持ってないでしょ。どこで買ってきたきたのさ?
冗談は置いといて。
人出の多いこの時期、皆さんも「常春さん」にはくれぐれもご注意を。
posted by はきこ at 20:39| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

しゅわしゅわ

クリスマスイブである。
ひろしのおばちゃんからリンゴをもらった。
081224.jpg

生まれてから小学校5年生くらいまで、市営の団地に住んでいた。4件で一連の棟になっていて、風呂、トイレ、台所と、6畳間がひとつに4畳間がひとつ。小さな庭がある。よくもまぁ、こんな狭い所に4人も住んでいたもんだと思うが、当時の市営住宅なんて、こんなものだったのかもしれない。狭いけれど、思い出してみればなかなか可愛らしい造りで、私のいとこなどは「米軍払い下げの住宅みたいだったよね」などと言っていた。今はもう、もっと新しい造りの団地になっている。
私が小学校にあがるまで、4畳間に2段ベットとタンス、赤いチューリップの形の電気の傘、それと小さな団地には不釣り合いな「家具調レコードプレーヤー」があった。父の音楽好きによるものである。当時だから多分モノラルで、真ん中にスピーカーがひとつ。左の扉を開けるとプレーヤーがあって、右の扉を開けるとレコードを収められる収納があった。(左右は逆だったかも)ワルター指揮の第九とか、くるみ割り人形、ロシア民謡、川田姉妹の童謡アルバムなんかがあったなぁ。
その中に、クリスマスのレコードがあって、24日の夜にはこれをかけながらクリスマスを祝った。庭からわざわざ木を掘り出して植木鉢に移植し、家の中で飾り付けていたのも記憶のひとつ。アサヒ玩具の「ママポット」買ってもらったっけ。今じゃ時代は小学生でもiPotだがね(笑)。
さて、クリスマスのレコードに「もろびとこぞりて」が入っていた。小さい頃の私には言葉が少し難しく。
「しゅわきませり」って何?「しゅわ」って何?
「しゅわ〜 しゅわ〜」とずいぶん嬉しそうなんだけど。
大きくなると、このギモンはいつの間にか解けた。
今では学校の卒業式で「蛍の光」は歌われないと言う。言葉が難しいのも理由のひとつとか。私の幼稚園では「冬の星座」なんていう、幼児向きでなさそうな歌を歌わせてくれたけれど、多分私が最初に好きになった歌だったと思う。

木枯らしとだえて さゆる空より
地上に降りしく 奇しき光よ
ものみな憩える しじまの中に
きらめき揺れつつ 星座はめぐる

ほのぼの明かりて 流るる銀河
オリオン舞い立ち すばるはさざめく
無窮を指さす 北斗の針と
きらめき揺れつつ 星座はめぐる

理解はできなくても小さい頃から馴染んでいれば、自ずとわかるようになってくる。「奇しき(くすしき)」なんて、今でもぱっと読めないけど(笑)。
それでもこの描写のすばらしさと、言葉の美しさよ。いい歌だねぇ。
posted by はきこ at 22:20| 東京 ☁| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。