2008年07月15日

命継ぐ

会社からの帰り、はっぽうさんのおばさんにユリの花をいただいた。
yuri1.jpg
スパイシーな香りがするんだなぁ。花にウトい私は、このユリが何て言うユリかさっぱりわからない。マフィンのおばさんも現れたので先日のお礼を言って、また近所に仔猫が生まれたらしいと、その家に偵察に行ったりした。花に関しては「花粉が服に付くと落ちないから、気をつけてね」と助言をいただき、お礼を言って家を目指した。
ユリをゆらゆらと揺らしながらさらに歩くと、知っているご近所さんが花に水をあげていた。私が持っているユリを見て「うちもユリが咲いたのよ」と奥を指さした。
yuri2.jpg
相変わらず名前はわからないが、こちらのユリは背が高く、花がとても大きい。
ご近所さんは「娘が他界した時にね」と、なぜこの花がここに咲いているのか教えてくれた。
娘さんは料理教室の先生をしていたのだそうだ。他界して5年ほど経って、娘のキッチンを整理していると、食用の「ゆり根」が出て来た。試しに土に埋めておいたら、この大輪を咲かせたと言う。毎年丁寧に植え替えて、今年で3度目の花なのだそうだ。
「5年も経っていたのにねぇ。こんなに立派に咲いたのよ。強いねぇ。娘の生まれ変わりみたいで。」と、大切にしている様子なので、思わず写真を撮っても良いかとお願いしてみた。家に帰っていただいたユリを生けてから、一眼デジカメを持って戻ると「まぁ、こんな立派なカメラで、良かったねぇ。良かった良かった。」と目を細めていた。
私が調子よくバチバチ撮っていたら「そんなに撮ったらフィルムもったいないよ」と言うので「デジカメとは」を説明したら、それはそれはびっくりしていた。デジカメの今を知らないってことは、そうか、ひとり娘さんだったんだな。
今日は曇り空で、夕方だったからイマイチの写りだけど、天気の良い日にまた撮りに行って、良く撮れたらプリントしてあげようかなぁ。
posted by はきこ at 21:40| 東京 🌁| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

神戸発

今日は、昨日買いに行けなかった靴を買いに行くぞ。
ちゃんと出掛けられる時間に起きて、朝ご飯食べて、昼頃には「うし、出掛けるぞ」と気合いを入れて出発。家を出て5分ほどでちょっとしたアクシデントがあり、30分ほど時間を費やした。やっぱり、消防や警察のお仕事って大変よね。
昨日話した通り、4年履いて履き潰したスニーカーを買い替えるため、同じブランド”マーレマーレ”がある立川に向かった。
4年前に買ったのは清水のエスパルスドリームプラザ。ツーリングで静岡を訪れて、途中で立ち寄ったここで、初めてこのブランドを知った。デザインがぽっこりとしていて、色使いがとても可愛いのが気に入って買った。神戸のブランドで、ここの靴は驚くほど安くて軽くて履きやすい。
今日買ったコレだって・・・
maremare.jpg
元値4,095円(税込)が、20%オフで3,276円(税込)なんですもの(涙)。
勿論、連れが持ってるコレもいつかは欲しいんだけど、誕生日までにはまだ遠く、何でも物価が上がっているこのタイミングで「欲しい」とは言えない。(言ってるけどな)
でもとっても可愛いし、4年も履ければ万々歳である。この他にもドライビングシューズとサンダルも持っているが、普段履きやお出かけ履きに大活躍中なのだ。
安いから、もっと買ってくれぃ。
posted by はきこ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

おやつのマフィン

先週は連れの仕事が忙しく、寝不足の日が続いた。
昨夜は、いつも枕元で充電する携帯電話をリビングに放り出し、「ぜーったい誰にも起こされるもんか」と、眠れなくなるまで寝ると決めた土曜日の昼。途中でトイレに起きたりはしたが、12時頃まで眠れた。しめしめ。
今日の予定は起きてから決める事にしていた。普段履きのスニーカーを、もう4年以上も履いて履き倒したので、同じブランドの新しいのが欲しいと思っている。立川にその店があるので、今日は時間があればそこに行こうと思っていた。しかしこの起床時間・・・。ご飯を食べて、歯を磨いて、顔を洗って、さぁてどーしましょうかと考えていたら、もう3時近くなっていた。だめだこりゃ。出掛けるのは諦めて、家でうだうだうだうだする事にした。
おやつでも食べとこう。
muffin.jpg
マフィン、ピンぼけしとる(涙)。
昨日、近所の最新アイドル犬「遊んでハッピーちゃん(シーズー)」と遊んでいたら、先日の仔猫を面倒みていたおばさんに逢った。挨拶を交わして、あの仔猫は結局、猫が居付いていた家の主が引き取った事を知らされた。そして「今日作ったんだけど、明日かあさっての方が美味しいかも」と、このマフィンをいただいた。ドライフルーツとナッツが入っていて、とても美味しかった。バター高いのに、遠慮なく使ってあるし・・・すみません(汗)。
コースターは、鉄道博物館で買ってきた、スウェーデン鉄道のコースター。国鉄民営化の際に、デザイナーが生み出したキャラクター商品。やっぱり乗り物って、愛嬌たっぷりの顔になるよね。
程なく空の色がみるみる灰色になってきて、ごろごろと遠くで音が始まった。慌てて洗濯物をしまい込む。雨も降ってきたが、蒸し暑いので窓を閉めるのがもったいない。くるくると風向きが変わるから、あっち閉めたらこっち開けて、こっち閉めたらあっち開けてと、雨が吹き込まない窓を見つけて外気を取り込んだ。思わず、風神と雷神の絵を思い出す。
突然の雨だったから、向かいの家の洗濯物は出しっ放し。出掛けちゃったのかな。帰ってきてガッカリするんだよなぁ。
家に居て、正解。
posted by はきこ at 22:34| 東京 ☁| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

耳掃除

気が付いたら、あら、7月ね。
今年の七夕も雨かしら。

耳掃除は気持ちが良い。
綿棒でくりくりしてると
「目をつむって、口を開けちゃうのはなんでかね?」
と連れに言ったら
「おれ、そんな事ないけど・・・」って言われてしまった。

・・・私だけだったか。
そんなアホ面で耳掃除してるのは。
posted by はきこ at 23:21| 東京 ☀| Comment(3) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

ミラボー橋の下を セーヌ河は流れ われらの恋が流れる

われら鯉ですが、何か?

異様に忙しい。
ブログの話題になるような事も沢山あったが、記憶が新鮮なうちに書き込む事ができず、新しい事が次々とやってくるから、目の前を出来事がざらざらと流れて行った。
友人や会社を辞めた人とランチを楽しんだり、帰りに飲みに行ったり、古本屋に引っかかったり、じゃがいもをいただいたり、いつもよりご飯がおいしかったり、料理のレシピが増えたり、可愛い犬や猫に出逢ったり。カメラを持ち歩いていて、写真はいつも撮っているから、写真だけが溜まっていった。
昨日は会社の近所の「東郷青児美術館」の招待券をもらったので、仕事の帰りに寄ってみた。
vlaminck.jpg
日曜日までは”モーリス・ド・ヴラマンク”というフランスの画家の絵が展示されており、常設展示のゴッホの「ひまわり」も含め、もの凄く楽しんで来た。昨日は興に乗って、絵を観た時に受けた不思議な感じをご報告しようと、1時間ほどかけて文章を書いたが、書いているうちに訳がわからなくなってきて中断。今日になって読み返したら、あまりにも独りよがりな文章だったので、ψ(`▽´)ψケケケと笑って削除。
あれだよね、夜中に書くラブレターみたいな、朝になって読み返すと恥ずかしくて血の気が引く感じ。って、そんなもの書いた事ないけどね。ただ、夜中に書いて、朝読み返すヒマがなさそうだった手紙は読んだ。友達が貰ったもんだけど。
1時間あれば、ずっとやりたかった料理のレシピの整理ができたのに。
posted by はきこ at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

でぇくのはきこ2

風邪をひいていた。厳密に言うと、今もひいてる。
先々週末から喉が痛かったり熱が出たり。先週は水曜日に会社に行っただけで、それ以外の日はすっと家で休んでいた。先週末にはだいぶ回復したが、日曜日に「ナンシー関 大ハンコ展」へ行ったら、よほど集中して見ていたらしく、見終わったらドッと疲れが出た。鼻水も出た。きっとこれは、脳みそ使いすぎて、使った部分の「澱」が出て来たんだな。鼻の調子は相変わらず悪いが、休むほどではなくなった。
休んでいる間・・・休んでいたとは言っても何もしないわけにはいかず、家の仕事を少しずつ・・・なんてやってるから、ちぃとも治らないんだけど、ぼちぼちとこなしながら横目で眺めていたモノがあった。コイツを捨てようと考えていた半年ほど前、ふと思いついたアイデアがあった。近いうちに、何とか。
気分の良くなってきた昨日、会社の帰りに釘(100円)と金槌(127円)を買い、家に帰ってから「簀の子」を運び出してきた。連れが一人暮らしの頃、押し入れで使っていた簀の子だったが、越して来てから使わなくなってしまった。コレを棚にしてしまえ。
昨日は時間も遅かったので作るのは諦めて、今日、あらためて釘を打ち始めた。
tana.jpg
強度に心配はあるが、道具部屋の小物を置く棚くらいにはなりそうだな。
まだあるんだよねぇ、簀の子。
posted by はきこ at 23:38| 東京 ☀| Comment(10) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

○×△への道

会社を出て、10分ほど会社のビル内をうろうろした後、いつもより10分遅い電車に乗って帰路についた。一番前の車両の、一番前の扉の所に立って、電車の発車を待っていた。前と横の景色が見えるし、運転席も見えるから、この位置はわりと好き。近所の植物園のチラシを見て「来週月曜日行こうかなぁ・・・雨降っちゃうかなぁ」と思いながら、イベントの紹介欄をチェックしていた。
その時、大きな影が私の傍らで”ふっ”と沈むのが見えた。そっちを向くと、頭を剃り上げ、銀縁の眼鏡をかけた白人の兄ちゃんが、私を覗き込んでいる。「○×△?○×△?」と二回繰り返して言ったのは、駅の名前だった。要は、この電車に乗れば○×△に行けるのか?と聞きたかったのだ。○×△は私が降りる次の駅。「はい、行きます」と言いこっくり頷いたが、多分、この日本語は兄ちゃんに通じていない。でも頷いたという事は、正解なのだな?ってことで、兄ちゃんは電車に乗り込んだ。
私は自信満々に答えたが、兄ちゃんは当然不安気である。私から離れた所に立ち、路線図をじぃっと眺めている。隣にでも居れば説明してあげられるが、離れてるところへ、わざわざ近づくのもおかしいので、私は再びチラシに目を落とした。
兄ちゃんは偶然にも、先日紹介した「ガトーフェスタ・ハラダ」のラスクの袋を持っている。路線が理解できていない外国人が、あんなマイナーなラスクを知っているはずがない。きっと、○×△に住んでいる友達に土産を買おうと思って、列を見て並びたくなったに違いない。もしかしたら、トリコロールに思わず反応した、君はフランス人か?
私は2つめの駅で降りる。○×△は3つめ。私が降りる駅は乗降客が多く、駅が近くなると座っている人が降りる準備を始め、立っている人もドアにじわじわと近づいていく。それを見て、兄ちゃんの不安は一層大きくなったようだ。
「だ、だめだ!一緒に降りたらいけない!」と心の中でさけびつつ、近づけたら「次の駅だよ」と教えてあげようと思ったが、乗降客の波に飲まれて近づけない。兄ちゃん、降りちゃった!兄ちゃん、危うし(汗)。
兄ちゃんはホームの駅員さんに近づき、そして「○×△?」とまた聞いている。駅員さんは乗っていた電車を指さし、兄ちゃんはアタフタと乗っていた電車に舞い戻った。よかった。
でもあの調子だと、ちゃんと○×△で降りたかどうか、ちょっと不安。
posted by はきこ at 23:27| 東京 ☁| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

分別疲れ

FTPからの帰路は、希望していた近江八幡を散策して帰ってきた。
そのご報告は後日。
途中、東名足柄SAでお風呂にありついて、家に戻ったのが夜中の1時前。とりあえず冷蔵庫にしまうものだけなんとかして、クロネコさんに不在票の連絡をして、あとはほったらかしで寝た。
今朝起きて、やる気をなくす。ちらかっていて、空気の悪い部屋(涙)。窓をがらがらと開け放って空気を入れ替えても、頭の空気が澱んでいて、ちぃとも働かない。
とりあえず、分別。
まずはお洗濯もの。山積みの3日分の洗濯物をひっくり返し、これはネットへ、これは別洗いと、あっちゃこっちゃへぽいぽいと投げる。洗濯機に入ったものだけでスイッチオン。今日は目的別に3回も洗濯機を回してしまった。
次、しまうもの。使った鞄や小物を入れていた袋、身だしなみ用品も普段使う物と旅行用のもの。がらがら出して、ぽいぽい振り分け、元の場所にしまう。お土産を広げ、連れのもの、自分のもの、後で食べるものと分けて、紙袋に入れる。
次、郵便受けの中身。新聞や郵便物、宅配便の不在票、チラシをビラビラとめくり、新聞は料理欄の良さそうな所を切り取って、求人広告にひと通り目を通し、興味のあるコラムだけざっと読む。郵便物と不在票は必要に応じてシュレッダー。新聞紙や広告で要らないものは、しかるべき場所に収める。雑誌が溜まったので、ビニールの紐で縛る。明日は古紙回収日。
次、洗濯物。先ほどのを回している間、出掛ける前に干したものをたたんでしまう。
次、持ち帰ってきたゴミ。ペットボトルのキャップは、集めると困っている人が助かるというので集めている。ボトルの中は水洗いして、ラベルは剥がす。プラゴミと燃えるゴミと紙ゴミと、それ以外のと・・・この辺りは色々細かいが、地球温暖化はよろしくないので(暑いの苦手だし、いろいろ困る)出来る限り協力する。連れが道中、ずーっと噛んでいたガムがいっぱい出てきた。私が舐めたチェ○シーの包装も・・・私はバタースカッチがお気に入り。
午前中、ずーーっと分別で、分別疲れ。
そのうち、自分も分別されるんじゃないか?いろんな意味で(涙)。
posted by はきこ at 22:12| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

お世話になったあの方に

故郷の名菓が最近熱い。
ガトーフェスタ・ハラダのラスク。
harada.jpg
実家では母が常にカゴの中に「われ煎」を置いてある。お腹が空いた時に袋を開けて、ばりばりと食べていたっけ。その隣に、たまぁに置いてあると嬉しかったこのラスク。当時、県内ではそこそこ有名だったけれど、東京では知っている人が少なかった。
去年だったか、KOデパートの「駅弁大会とうまいもの市」か何かで、会場の隅にひっそりと店を開いていた事があった。「美味しいのに人気ないなぁ・・・買って会社の人に振舞おうか。」と考えたが、当時、会社の人間関係が最悪で、振舞いたい人が居なかったので買わなかった(笑)。あれからおそらく、地道に地道に宣伝をしていったのだろう。今ではKOデパートの一角に店を構え、列ができるほどになっている。地元の工場も大きく、きれいになった。都会の流行などいつ飽きられるかわからないが、ここまで伸びてきた事は評価されるべきだろう。
並んでまで買いたいか?と言われると、もともと苦もせず手に入れていたので、そこまでしてもなぁ、と思っていた。しかしここのところ、会社の方が入院した快気祝いにこれを配ってから、会社の人間も騒ぎはじめた。「有名なの?」「手に入れるの大変なんでしょ?」と言われるが、地元ではそうでもない。ただ、誰でも知っていて、美味しい事は間違いない。会社の人間関係も改善されつつあり、今なら帰省の土産に買ってきたら、みんな喜んでくれるだろう。
さて、明日から北陸方面へ出掛けるのだが、手みやげにこいつを持って行く事にした。滅多に「並ばない」私が、珍しく30分待ちの列についた。実は数日前、この列に並ぼうとして断念していたが、今日こそはと、会社を早退してまで並んだのだ。
たまたま後ろに付いた可愛らしい女性は、これがラスクだとは知っていたが、詳しい素性がわからなかったようだ。故郷から遊びに来る友達を待つ間、気になったので並んでみたと言う。パッケージのトリコロールを見て「フランスのお菓子屋さんなんですか?」と言うので「いえいえ、ぐんまの新町という所のですよ。」というところから、話が始まった。おかげで30分は退屈せずに過ごす事ができた。途中、関西弁で話す友達も合流し、その子が”私の中の関西人そのもの”で「あんた、騙されてるよ、こんな並んでまでぇ。」とか言いながら、買い物が終わるのを待っていた。
確かに、私も騙されてる気はするんだけど・・・だって、このラスク買うのに並んだ事ないんだもん(笑)。今日の事を、たまたま用事のあった地元の友人にメールしたら、やっぱり「確かに旨い。しかしそこまで!」と驚いていたっけ。
posted by はきこ at 22:38| 東京 ☀| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

ポケットティッシュ

何もかもが値上がっている今日この頃、みなさんいかがお過ごし?
タダで貰えるものは貰っておいた方がいいわよね。
姫鏡台の隣に自分で作ったポケットティッシュケースを置いてある。街角で配っているのを貰ってきて詰め替えておくと、化粧するときのアレコレに使うにはちょうど良い。連れにも「ピンサロでも金貸しでも、何でもいいから配ってたらもらっておいてちょうだい」とお願いしてある。勿論、鞄の中にも常備してあって、何かって時には活躍するから、いくら貰ってきても役に立つ。
それは昨日の事だ。
会社の帰り、駅前でパチンコ屋が配っているティッシュを貰い、スーパーで買い物をし、いつも立ち寄る野良猫スポットで”とらいち”を可愛がっていた。持ち歩いているエコバッグを忘れたので風呂敷で代用したら、パンをとらいちに見つかって危うくかじられそうになった・・・まぁ、それはいい。満足そうに伸びているとらいちに後ろ髪引かれながらそこを立ち去り、大きな街道の十字路まできて信号待ちをしていた。私の前には団塊位のおっちゃんが立っている。
するとこのおっちゃん、突然顔を手で覆って私の方を向いた。手の間から血がぽたぽたと滴っている。懇願と当惑の表情を浮かべて道端に逃れると、しゃがみこんでしまった。手と顔が血だらけ。
私は「一日一善」とか「徳を積めば地獄でクモの糸が」とか「困っている時はお互いさま」とか、そういった善意とか欲より前に「なんじゃこりゃ!」と叫ぶ松田優作みたいな気分になった。突然大量の血を見た時の、あの反応は正しい。
兎に角、何とかしなければ。
・・・このへんまで考えた所で「これは鼻血だよね」と理解した。自分が突然の鼻血に見舞われた経験がないので、そこまで考えつくにはけっこう時間がかかった。って言っても数秒だったと思うけど。
さきほど駅前で貰ってきたティッシュをバッグから出して「だ、大丈夫ですか?・・・こ、これ、さっき貰ってきたから、つ、使ってください」と差し出した。貰い物か、そうでないかはこの際関係なかったが、私は「貰い物だから気にせず使って」と言いたかったんだと思う。
おっちゃんは「ありがとね、ごめんね、ごめんね」と、何も悪い事をしていないのに誤りながらティッシュを受け取った。「ごめんね」の「め」にアクセントが付くのは、どこの生まれなんだろうね?
様態は心配だったが、おっちゃんはとても恥ずかしそうにしていたし、変に恩を売ってもしょうがないし、ここはすんなり立ち去った方が良いだろうと判断した。まぁ、何かあれば近くの魚屋の人だかりが手を出すだろうし、すぐ近くには交番と消防署もある。誰かが何とかしてくれそうな場所で良かった。
今日、その場所を通ってみたが、「目撃者を探しています」みたいな看板もなければ、血痕もなかった。
おっちゃんは無事だったんだろうか?
posted by はきこ at 20:39| 東京 ☀| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

NE5(えぬ・いー・ふぁいぶ)

昨年6月から我が家のバルコニーのビオトープに住まう「メダーズ」。
越冬中は「ビッグメダーと6人の子供達」だったのだが、暖かくなり、ひょろひょろと姿を現すようになると、小さいのが1匹見当たらない。今では全部で6匹になっているようだ。
水生植物は、本当なら越冬させるため、屋内に移さなければいけなかったのだが、何となく根を張り続けていたのでほったらかしておいた。それでも植物はなんともたくましい。5月になると、ウォーターマッシュルームが次々と葉を伸ばし始めた。
しかし、それでもまだまだ、気温の上昇に水の浄化が追いつかないらしい。冬の間は澄んでいた水が、ここのところ濁り始めた。familykさんから水草をわけてもらい投入したものの、いまだ水は濁ったままである。水生植物販売の季節はもう少し暑くなってからなので、植物を増やそうにもまだ時期が来ない。
何とかならないもんかなぁ・・・ひょっとしたらメダーズも、確認できないだけで7匹ちゃんと居るかもしれないし。
そこで投入したのが「ヌマエビ」である。彼らならきっと、水底にある藻をわしわし食べて、濁った水を綺麗にしてくれるに違いない。連れが近所のホームセンターで5匹買ってきてくれた。
ヌマエビ・ファイブ、略して”NE5”に我が家のビオトープの浄化が託されている。しかし投入して一週間。濁った水は水底にいるNE5の姿を隠してしまった。
うぬぬ、安否が気になる。
posted by はきこ at 20:17| 東京 ☀| Comment(8) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

都会の大震災に備えてみる

会社の座席の両隣が新人さん。左のSさんはまだ入ったばかりなので教える事も多いが、右のOさん(うちの会社Oさん多いな・・・)は飲み込みが早く、性格もしっかりした方で教える事がほとんどない。むしろ仕事以外で教わる事があったりして。
先日Oさんと雑談をしていて、出身地の話になった。Oさんはお父様が転勤族。旦那さんも以前は転勤が多かったようで、関東と関西を行ったり来たりしていたそうだ。そして、阪神淡路大震災の時は西宮市に住んでおり、被災した当時の話を聞かせてもらう事ができた。田舎暮らしが長く、マヒしていた防災魂がゆさぶられた。

以下、Oさんのお話をポイントごとにまとめてみた。大きな都市で体験した人にしかわからないお話もあった。
=寝返りすら打てない=
揺れが激しいため、布団をかぶるのが精一杯。寝返りも打てないから、逃げ出せるのは揺れがおさまってから。
=桐のタンス=
お金持ちのお宅にありがちな桐のタンスだが、これが就寝中に倒れてきたりしたら大変。大変重いので、下敷きになったらひとたまりもない。寝返りも打てない事を考えると、寝室に倒れるものを置いてはいけない。
=玄関に熱帯魚=
玄関にガラスを置いてはいけない。多かったのは玄関に熱帯魚を飼っているお宅。(当時流行ってたもんなぁ)これが落ちて割れると、特に集合住宅は避難路を失う。枕元にスリッパや靴があれば良いが、そんな用意をしている家もなかった。そして危ないのがサーモスタット。地震直後は電気が止まり電源が落ちるから良いが、復旧し通電した時にサーモスタットが加熱し、火災になる事もあった。逃げる際にブレーカーを落とすべし。
=集合住宅=
水を使ってはならない。貯水タンクに貯えが残っているため、蛇口をひねれば水が出る。しかし、各家庭までの水道管がどこで断絶しているかわからない。漏水などの危険があり、余計な修繕費用がかかる。同様の理由でトイレも流してはだめ。よそのお家に・・・ぎゃー!
上記ブレーカーに関しても、集合住宅は普及が比較的早いので、火災を出さない為にも必ず落としておく。
=トイレ=
一番困るのがトイレ。トイレを我慢する→水を飲むのを控える→身体の水分減少する→血がどろどろ→血管が詰まる。仮設のトイレが来るには来るが、使用頻度が多いとあっという間に溢れる。衛生面は全く期待できない。凄い指揮官が居て、プールから水を汲み溜めて流す事を励行させたり、清掃当番を決めたりできれば良いが、そんな事はとうてい期待できない。携帯トイレの準備は必須である。トイレットペーパーと生理用品は、常に多めに持っておく。
=大きな所に守ってもらう=
会社や学校に居る時に大震災が起こったら、どうするか?「必死で家に帰る」という人も多いだろう。私も実際そう思っていた。しかし、先日のニュースでもやっていた通り、殺到する人で道は大混乱になる。ここは下手に動いてはならない。大きな会社なら有る程度の備蓄があるはずだし、特に私の場合は会社の近くに「都庁」がある。そこが安全であるかは別として、情報が得られる場所に一旦落ち着く事を考える。子供なら学校に居るのが一番。帰る事はその後考える。
=連絡経路=
家に帰れなかったら家の人の安否が心配。災害伝言ダイヤル「171」の使い方を確認しておこう。連れからは「海外の回線を使えば」なんて意見も出たが、それってどうやって使うんだよっ!私が良くわからないので、二人して「171」の使い方を勉強した・・・。

と色々書いてはみたが、Oさんは「震災の経験をマンションの防災に役立てたいって言われて、色々組合に話した事があるんだけど、頼まれて話したわりにはみんなピンと来ないみたいでね。トイレの話なんかは・・・特に男性は、サイアク外ですればい〜じゃんって感じで、全然聞き入れてくれないのよ。自分の身は自分で守るしかないから、普段から考えておいた方が良いわよ。災害が怖かったら東京じゃ生きていけないし。」
Oさんが住んでいた辺りは昔からの住宅地。Oさんは比較的新しいアパートに住んでいたから良かったが、周りには古い家が多く、倒壊した家の下敷きになって亡くなった方が多かったそうだ。家族や家を失い、親戚に身を寄せたり新しい土地へ引越したりと、沢山の人が居なくなった。新聞が届くようになると、ライフラインの「復旧グラフ」を見る。とにかく周りの倒壊がひどく、土地を離れた人が多かったため、Oさんの家のガスはグラフが98%になるまで復旧しなかったのだそうだ。
そして何よりも、沢山の人の人生が変わるのを見たと言う。
ウチは普段から水の備蓄、避難用品(リュック入り)の備え、有る程度の食べ物の確保などはしてあったが、それを置いておく場所や、持ち出しの優先度などをもう一度考え直した。Oさんが「これはあった方がいいわよ」と教えてくれたものもいくつか揃えて、今日はハンズで携帯トイレも買ってきた。これで安心・・・とは言えないが、何もしてないよりマシ。
自分の身は自分で守る。困った時に一番カワイイのは自分。
あとは、連れは19階、私は24階。お互い高層ビルにある会社から、どうやって生還するかだなぁ(涙)。
posted by はきこ at 22:51| 東京 ☀| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

手がかり

トイレという場所は、どうも携帯電話を置き忘れやすいようだ。
ちょっと前になるが、会社のトイレに携帯電話の置き忘れがあった。持ち主を捜すのに手がかりとなるのは、携帯電話の会社、ストラップ、そして待ち受け画面。その時はSMAPのNの待ち受けが手がかりとなった。しかし女性の多い職場、フロアーには100人以上の女性がいるんじゃないのか?これひとつですぐに見つかるんかいなと思ったら「NくんならきっとKさんよ」とジャニーズキンキ好きの我らがA親分。A親分の言う通り、その携帯電話はKさんのものだった。恐るべし、ジャニーズ・ネットワーク。
さて、今日私は2つの携帯電話の置き忘れに遭遇した。
最初はやはり会社で、洗面台の上にまだ新しそうなauの携帯電話が置き去りになっている。歯を磨いているSさんが「私が来た時にはもうあったの」と、若干もごもごしながら言う。水が飛び散るから携帯電話にも良くない場所だし、悪用されてもなぁと思い、手に取って待ち受け画面を見てみた。Sさんも覗き込む。
「イケメンです」
容姿端麗な男子高校生、入学式の1枚らしい。Sさんと満場一致(?)で「これはOさんの」という事になった。Oさんはシングルマザーでご自身も容姿端麗。机にはお子さんの写真が飾ってある。ジロジロ見るのも失礼なので顔は良くわからないが、Oさんのお子さんならきっとイケメンなのだ。
この携帯電話はやっぱりOさんの物で、無事に持ち主の手に渡った。
二度目は近所のデパート。今日発売の本を買い、その後入ったトイレにまた置き去りの携帯電話。やはりauなのに”ドコモダケ”のストラップが付いている。二度目だし、今度こそ誰の物かさっぱりわからない。とりあえず待ち受け画面を見させていただく。サウスパークのケニーだった。不死身だ(笑)。そのままにしておくのも何だし、これは経験豊富(?)で悪用の心配の無い私が持ち出した方が良いだろう。外に出ると化粧室には入ってきたときより人が増えていて、さて、この中でサウスパークっぽい女性はいるかしら?と、携帯電話を見えやすく手に持ちながら、きょろきょろ辺りを見回した。女の子が走りよってきて「それ・・・」と言う。嗚呼、あなたですね、良かった。手渡すとお礼を述べられた。
いや、お礼を言われるほどの事では。
それよりもその時、まだ手を洗ってなかったんだけど・・・ごめんね。
posted by はきこ at 21:06| 東京 🌁| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

お告げ

「会社を辞めようと思っている天秤座のあなたっ!今が辞めどき」

・・・残念
わたし、みずがめ座。
posted by はきこ at 23:09| 東京 ☔| Comment(5) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

働きやすい職場作り

新しい課長が着任した。
引き継ぎもあるので新体制の本格始動は来週。
今日は私たちパートさんにもご挨拶。

「働きやすい職場作りを目指したいと思っています」

・・・言っちゃったよ(笑)。
ほんとだなぁ?絶対だなぁ?

だいじょぶだいじょぶ。
期待してないから。
posted by はきこ at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

もとが嘘つきだから
いざ「嘘をついてよし」と言われても困る。

「蒼井優 キリンの入社式に登場」
とあるニュースの見出しを見て
これはエイプリルフール用の嘘記事だと
一瞬、勘違いしてしまった。

じゃがりこのパッケージみたいなキリンが
ネクタイしてる姿を想像する私。
posted by はきこ at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

4年目突入

連れと結婚して今日でまる3年になった。
結婚記念日のこの時期は桜が咲くので、毎年桜と記念日にかこつけて飲んでいる気がする。今日も私のお休みに合わせて連れも休みをとってくれたので、井の頭公園で花見をして、昼間から飲んだくれる事にした。
正直、連れも私も「痛んで」いて、飲まないとやってられません(笑)。
わぁい、久しぶりの「いせや」だぁ。飲め飲めぇ。
4nenme1.jpg
タンにレバーに、ナンコツにカシラ。つくねだけはタレ。
どこから来たのか、昼間から飲んでいる人で店内はいっぱいになっていた。みんなアヤシイ。そう言ってる私たちも充分にアヤシイ。やきとりの煙と酔っぱらいの笑い声で、店内は昼間から異様な盛り上がり。自分たちも酔っぱらっているし、ほわんとして白昼夢でも見ているようだ。そしてココはもの凄く安い。
飲んだ後は井の頭公園を散歩しながら池のまわりをお散歩。桜は満開で気分が良い。
4nenme2.jpg
白鳥、おつかれさん。
池のカモが必死でボートを追いかけているのは、エサがもらえると思っているのか、ボートを親と間違えているのか。「生まれ変わるならカモかアヒル」と連れは言う。私は公園のすぐ横にお住まいの、大きいお家のお嬢様に生まれ変わりたい。池のカモに全部名前つけて勝手に飼う。そのうちの1羽は間違いなく「たけ」だな(笑)。
昼間から飲むととてもダルい。コーヒーを飲んで頭をしゃっきりさせようと、以前から行きたかった「散歩」という喫茶店に入った。豆を焙煎する香ばしい香りが店内に広がって、とても静かで良い店だ。静かなのを良い事に・・・居眠りしてしまった。コーヒー飲みながら居眠りしたのは初めてなんだけど。まぁ、ここのところお疲れ気味だったし、仕方ないわね。
posted by はきこ at 23:03| 東京 ☀| Comment(6) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

DDH(だめだめはきこ)

昨日は環八お茶会
今日はサッカー
話題はもりだくさんだけど
書いてもぜんぜん関係ない事で愚痴りはじめるから
書かないの

おやすみなさいましぃ
posted by はきこ at 23:53| 東京 🌁| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

例えば、こう考えてみる

ぴよ号はその日の”たけ”の不幸を知っていたのだ。
今日、朝の通勤電車に乗ると
たけは「この人痴漢です!」と濡れ衣を着せられる。
しかし、ぴよ号は違う事も知っていた。
今日、品川に行くと自分は知らないおじさんに連れていかれてしまう。
どうしようどうしよう。
迷ったぴよ号ではあったが、自分が居なくなる事で
身を呈してたけを守ったのだ。
さようなら!勇敢なぴよ号!

・・・とか

ぴよ号は知っていた。
楽しそうに昼飯をかっ喰らっているたけ。
しかし今日、たけとぴよ号は運命を共にする。
桜に見とれたたけは、自転車ごと多摩川に突っ込み・・・。
そこでぴよ号は思った。
僕さえ居なくなれば、たけは助かるはずだ。
ぴよ号は校門で売られているカラーひよこの如く尻尾を振り
「ぼくを拾ってください。ひゃくえんです、ひゃくえんです。」
ず、ずいぶん安売りじゃねぇか(号泣)。
ぴよ号は身を呈してたけを守ったのだ。
さようなら!勇敢なぴよ号!

・・・とか

ばっかじゃないの(笑)。
とか思いながらも、そうやって納得するしかないんだってば!
ムキー!!
posted by はきこ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

ぴりっぴりするねん

先週の土曜日の夜、自分が作った豚の角煮が悪かったのか、夜中に気持ちが悪くなった・・・んや、悪かったのは体調ですがな。喉と鼻が痛いから風邪をひいたのかと思って風邪薬を飲んでいた。
日曜日は赤い京急に乗って三崎へ行き、まぐろが食べたいと言う連れの願い(私の願いでもあった)を叶えるべく朝からお出かけ。その間も「なぁんか顔が痛いなぁ、唇いつ噛んだかなぁ」と、まだそれがそれである事に気が付かなかった。
月曜日は連れが休みをとっていて、以前からライブに行く予定だった。ここでいよいよ気が付く。このダルさは、あれだな。口唇ヘルペス。最初に喉が痛かったから気が付かなかった。すぐに医者に行って薬をもらってきた。
しかし予定がてんこ盛り。
遊びの合間にヘルペスだったか。
ヘルペスの合間に遊びだったか。
それで火曜日に会社休んでりゃ世話ないって(笑)。

こちらで報告したい事が沢山あるのだが、そんなこんなで小休止でございました。
たとえぴりぴりしようとも
私の人生、喜々楽々。
ぁ、ちょっと怒ってた・・・800円のハーブティーに大激怒(笑)。
posted by はきこ at 22:04| 東京 ☔| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。