2009年12月22日

おまけのふくじくん

副耳くん、当たり前なんですが、元気がなくなってきました
・・・なんだか寂しいんです
小さいくせに、いっちょまえに
毛もぱやぱやと生えていたんですよ
指で突っつくのが好きでした

わーん(涙)


今日の寝太郎:3
朝から3時過ぎまでずっと抱っこでした
母ちゃん、疲れちゃったよ(涙)
お風呂のときは良い子だったよ
posted by はきこ at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

おまけ

寝太郎には生まれた時に「おまけ」が付いてきた。
fukuji.jpg
副耳(ふくじ)と言う。福耳じゃないのよ。
生まれてすぐに連れが気がついた。特に悪さをする物ではないから、見た目の問題でどうしようかという物である。生まれた病院で小児科の医師から「後で形成外科にかかって診てもらってください」と言われていたので、医者の待ち時間が楽になる、首が座る頃に診てもらおうと思っていた。先々週に行く予定が、私が風邪をひいてしまって計画が延び延びになってしまっていた。
最初はちょっとびっくりしたが、4ヶ月も毎日見ていると、このおまけも寝太郎の一部のように感じてきて、なんだかとてもいとおしいのだ。医者に行くぞと決めた今朝も、何となく寂しい気分。
幸い形成外科は空いていて、30分ほどの待ち時間で診てもらえた。最初に触診で中に軟骨などがないかどうかを確認して写真を撮り、もう一度違う先生に診てもらった。
「これを取る方法は二つあります。まずは1歳くらいになったら全身麻酔をかけ、副耳を切った後、きちんと縫い合わせる。入院が必要になりますが、こちらは跡がきれいになります。もうひとつは糸で縛って壊死させる。こちらは切り株のような跡が残ってしまいますが、今すぐ処置が始められます。中学生、高校生くらいになって本人が跡を気にするようであれば、この時は部分麻酔できちんと縫い合わせる事もできます。」
1歳に全身麻酔も大変そうなので、縛る方を選択した。「縛る時、もの凄く泣きますよ。でも、病院を出る頃には忘れます。お風呂は普通に入ってかまいません。1週間くらいで黒くなり、ぽろっと取れますよ。」看護婦さんが2人と私が寝太郎をなだめながら支えて、先生が医療用の糸できゅっとおまけを縛ると、寝太郎は「ぴぎゃー!」と顔を真っ赤にして泣いてしまった。でも診察室を出て、待合室でしばらく抱っこしていると、機嫌は悪そうだが泣き止んだ。
小児科の授乳室を借りて授乳をして、会計を済ませたらすやすやと寝始めた。むむむ、もうお昼だ。母ちゃんお腹空いたよ(涙)。気持ちよく寝ているので、地下にあるスタバへ久々に立ち寄ってみた。デカフェも扱っていたので、ミルクでミストにしてもらった。シナモンロールも付けちゃえ。へへっ。
sd.jpg
帰ってきてから連れに色々と報告。でもやっぱり2人で「なんだか寂しいねぇ」とちょっと複雑な思いなのだった。

今日の寝太郎:4
本当はちょっとグズられちゃったので3くらいなんだけど
病院の待ち時間も良い子にしていたし
縛られた時もあまり泣かずに頑張ったので
posted by はきこ at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

親の判断

今日は寝太郎の3〜4ヶ月健診。本来なら先週、まだ3ヶ月の時に受けるはずだったが、風邪をひいて今日になってしまった。すでに月曜日に4ヶ月を迎えていたから、なんだか寝太郎はまわりの子よりも大きく見えた。それでも体重6790g、身長61.2cmは、それほど大きいわけではない。
漠然と不安だったのは、数日前まで飲んでいた私の薬。健診の後はBCGの接種だから、影響がどんなものなのか。保健婦さんには薬を飲みながら授乳していた事を告げた。

ここから、ちょっと話を妊娠中に遡らせたい。
妊娠中から、薬に関して医者の反応は様々だった。副鼻腔炎になったときも、最初にかかった先生は産科の先生に問い合わせて妊婦でも飲める薬を出してくれて、影響などについてもきちんと説明をしてくれた。実はその後、まだ顔が痛みが残り、めまいもして不安だったので、同じ病院にもう一度行った。
診てもらった上で治っているならそれで良かったし、治っていなくても薬無しで大丈夫ならそれでも良かった。放っておいてはいけなくて薬が飲めないなら「じゃあ、今後どうしよう」という話をしてくれたりする物だと思っていた。
大きな病院なので、希望しなければ毎回同じ先生というわけではない。この時は別の先生になってしまった。最初から同じ先生を指名しておけば良かったんだけど。今度の先生は大きいお腹を見るなり「これはね、歯の病気」・・・は?私はその時、まだ診察の椅子にも座っていなかった。「歯をしっかり治してもらわないとね、診られるわけないでしょ」・・・先週、歯科医の治療を終えたばかりなんですけど・・・「そんなのね、だめよ。悪くたって何もできないわよ。レントゲンだって撮れないし、治療だって何もできませんから。歯医者で治してきなさい。」
もう言っている事がよくわからない。これ以上この人と話をしても無理。病院を出て、その足で歯科医にかかり事情を話した。先生も困り顔で「きちんと治療を終えているんだけど・・・歯茎は腫れているけれど、これはやっぱり耳鼻科だと思うの」と。「出来る事はしてあげるからね」と声をかけてくれた。副鼻腔炎は、鼻うがいという民間療法でなんとかしたが、痛みとめまいは何日か続いた。

出産した産科では「授乳中だと告げれば、薬を出してくれる。市販の薬でも大丈夫。」と説明されたが、現実はなかなかそうもいかない。前述の耳鼻科医のように突っぱねるだけの先生は居ないが「絶対にダメな薬ははっきりしていますけど、ダメと言われていない薬に関しても、人体実験をしているわけではないので」となかなか良い顔はしてもらえない。当然のご意見。ところがそんな先生が出してくれた処方箋を薬局にもって行くと「授乳中でもお薬は心配ないです。先生も子供に出すようなお薬を出してくれてますし、母乳へ移行する量はほんの少しですから安心してください。」薬剤師さんなだけに、説得力はあるが。
もうこうなってくると、誰が言っている事が本当なんだか良くわからない。体の調子も悪い所にそんなだから、脳みそも動かなくなってしまった。
そんな訳で、薬がBCGの予防接種に何か影響があるのかどうか、きちんと聞いておこうと思ったのだが。保健婦さん「うん、大丈夫。母乳に出る量なんてほんの少しなんだから、全然問題ないですよ。一応、健診の先生にはお話しましょうかね。でも多分大丈夫って言うと思いますよ。」先生も「風邪をひいて薬を飲んで授乳・・・体重も良く増えて、問題ないですね」だけで終わった。
病気をしている間、私も連れも、それぞれがインターネットで、母乳と薬に関して色々調べていた。書いてある事は区々で「全然心配ないですよ」から「薬を飲んで授乳、このロクデナシ」くらいの勢いの意見まである。
結局は、親の判断でなんとかするしかない。

今日の寝太郎:5
BCGの予防接種で他の子が号泣していたので
寝太郎もびーびー泣くだろうと思ったら
涼しい顔でよだれたらして笑ってました。
大物の風格。
posted by はきこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

水分不足

ここのところ、何も用事がないクセに、ばたばたと忙しい。寝太郎にかかりっきりで、家の仕事が溜まってしまったのだ。それを片付けていると、親の忙しさや心の騒がしさが寝太郎にも伝わるようで、今週はグズられる事が多かった。
そうなってくると、自分のために飲み物を入れる時間もない。母乳のためにも水分が必要なのに補給が充分できなかったから、お腹の調子が悪くなってしまった。
これを悪循環と言うのね(涙)。
会社の元同僚さんが、寝太郎のお祝いと一緒にハーブティーのセットを贈ってくれた。
herb.jpg
カフェイン少なめという心遣いに感謝。
神様が「水分摂りなさい」って言ってるのよね。

午前中のエントリーのため
昨日の寝太郎:5
睡眠十分が君には一番だね。
posted by はきこ at 11:13| 東京 🌁| Comment(4) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

評価

児童館も年末進行。本来なら第2週目が計測の日なのだが、今月は第1週目になっていた。赤ちゃん広場も16日が最後となる。体重6620g、身長59.6cm。母乳だけでも面白いほど増えるもんだ。

年末かぁ・・・大掃除・・・台所換気扇・・・。
あわわわわわ(両耳を手のひらでぱたぱたと塞ぎながら)。聞こえないふり〜。

年末の課題は置いといて、相変わらず腹ぺこな私は、児童館でもお腹がすいた騒ぎ。「母乳だと、お腹すきません?モス食べたいなぁ・・・でも南口まで行くのは遠いのですよ。」とぶつぶつ言っていた。そうよね〜、たまに食べたくなるわよねぇ。でも北口にあったモスは潰れちゃって・・・マックじゃねぇ。フレッシュネスで我慢したら?それもいいわねぇ。うんうん。なんて話を他のお母さん達としていたら、ゆうきくんのお母さんが「旧街道沿いのパン屋さん、イートインできて、私もたまに利用するの。」と。持ち帰りだけなら利用した事のある、障がい者施設と連携しているパン屋さんだ。ダーツに例えるなら、モスがインナーBULLだとすると、パン屋さんなら18ダブルぐらいか。悪くないわね。児童館の後、ゆうきくんのお母さんと、お昼ご飯を調達しに行く事にした。
焼きカレーパンとサンドウィッチをお盆に乗せたところで、両方の子供がベビーカーでぐうぐう寝ていたので、店で食べて行く事にした。卒乳したゆうきくんのお母さんはコーヒー、私はホットミルクを注文し席に着いた。
ゆうきくんのお母さんはレース好き。車もバイクも観るようだ。モトGPにも行くの〜と、楽しみにしている様子。2人でレースの話で盛り上がったり、子育てのあれこれを話し合ったりした。
子育てではゆうきくんのお母さんの方が先輩なので「こんな時はこうしたのよ〜」と、参考になる話を聞かせてもらった。中でも面白かったのは「子供の評価」の話。育児日記にどんな様子だったか書き込むのと一緒に、どのくらい良い子で居てくれたか、数字の評価を書き込んでいたのだそうだ。「けっこうスッキリするわよ〜」って。
今日は泣いてばかり! 評価:1
まぁまぁいい子。お掃除が進んだ。 評価:3
ぐっすり寝ていたので、お友達とお話できた。 評価:5
といった具合。いいねぇそれ(笑)。泣いてばっかりの時って、実は母親の自分に余裕がなかったりするので、自分自身の評価になるのかもしれない。
育児日記は3ヶ月を迎えるまでは書いていた。今は毎日ではないが、このBlogがその代わりになっている。そこで、子育てのカテゴリーの記事には評価をつけていく事にした。

今日の寝太郎:4
ゆうきくんのお母さんと食事している間はぐっすり眠ってくれて、ゆっくりお話ができました。お風呂待ちの時に泣かなければねぇ・・・。
posted by はきこ at 23:10| 東京 ☔| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

巡回

ここのところ、夜中には起きずに眠っている寝太郎が、昨夜は珍しく突然声をあげた。
夜泣きではない。ライトを点けて何事かと見ていると、目を”キラッキラ”させて宙を見て、手足をばたばたさせて「あっきゃ〜」と声を立てて喜んでいる。何事かと思いながらおむつを替え、それでもまだ「あっきゃ〜」とワクワク顔だから、授乳したら寝息を立ててあっさり寝てしまった。
私も眠りにつきながら、やっぱり見えない物が見えるんだよねぇ・・・と考える。あんなワクワク顔、昼間に起きている間にもしないのに、暗闇の中、いったい何を見てそんなに喜んでたんだろう。裏のお墓から誰か遊びに来たのかな・・・ぞわぞわ。まぁ私の場合、そーゆー感覚が欠如してるから、裏の住人の気配は一度も感じた事ないけど。
もしかしたら生まれる前にお世話になってた神様が、いい子にしてるか、約束をちゃんと守っているか、巡回にきたのかも。

本文とは関係のない、これは以前いただいたパトサブレ缶。
pato.jpg
posted by はきこ at 10:36| 東京 🌁| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

お喰い初め

日中は朝から極寒のFFEに参加。握手会(?)に参加の皆様、握手しなくてすみません。寝太郎もさすがにずっと手を引っ込めたままでした。もっと暖かくなったら握手してあげてください。

家に帰ってから、私は大忙しである。寝太郎が生まれて100日目。今日はお喰い初めの日なのだった。
okuizome.jpg
鯛の尾頭付き
赤飯
ほうれん草ともやしの白和え
じゃがいもとベーコンの煮物
かぶの葉の常備菜
がぶのお吸い物

前日に近所の魚屋さんで鯛をまるごと一尾調達しておいた。店頭に並んでいた一番大きいのを買ってきたら、自宅の魚屋焼きグリルがいっぱいいっぱい。こんなに大きな魚をまるごと一匹焼くのは初めてだったから、中まで火が通るか心配だったが、ふっくら美味しく焼き上がった。赤飯はカルフールで買ってきた。餅米は母乳にあまり良くないので、ひとくちだけいただいて、私は米飯に切り替えた。連れは発泡酒、私もアルコールフリーのビールを飲んだ。
寝太郎にも器を用意して、赤飯と鯛とお吸い物を食べる真似事だけさせた。怪訝そうな顔つきで一緒にテーブルについていたけれど、最近、私たちが食べているのを見て、よだれをぷくぷくと吹き出すようになったから、なんとなく食事という物を認識しているのかもしれない。
posted by はきこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

ぢつと手を見る

はたらけど
はたらけど猶わが生活 樂にならざり
ぢつと手を見る

jitto.jpg

コレナンダ
イツモオイラニツイテクル カブリツイテモ
オイシクナイケド

寝太郎はこうやって自分の左手を「ぢつと」見ている事がある。しばらく眺めて、こぶしごとかぶりつくのだ。多分、指しゃぶりには、まだ指が細すぎるのだと思うが。
こうやって自分の手(指)をしゃぶる事で、手の存在を認識してゆくのだそうだ。そのうち足も手で持ったり、器用な子はしゃぶったりもするのだそうで。
体柔らかいなぁ(笑)。
ここのところ急に冷え込んできて、買い物に出るのにも何をどのくらい着せたら良いのか、家の中でも大人と気温の感じ方がどれくらい違うのか、迷ってしまう事がある。ある方に「薄着させなさいよ」と言われたので、なるべく心がけるようにしている。
日曜日に幕張のカルフールで「French-French-East」がある。私の姉も参加したいと言っているし、天気が良ければイベントデビューと思っていたけれど・・・天気予報は雨マークだなぁ(涙)。
posted by はきこ at 10:32| 東京 ☀| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

3ヶ月

時間を計るモノサシってのは色々あるもんで。
例えば、うちにKangooが来てから1年が経った。なんだかついこの間買ったような気がする。ZXを手放して1年と考えると、いまだに心にぽかっと空いた穴があるんだけれど、寝太郎を乗せる事を考えると、後部座席のスライドドアはとても使い勝手が良い。ベビーカーを積んでも、まだまだ物が入る荷室もある。
寝太郎が生まれて3ヶ月。退院してからを考えるとあっという間だったけれど、寝太郎はもっとずっと前から家に居たような感覚もある。だよなぁ。24時間一緒に居るんだから。
最近は「あぅあぅ」と声が出るようになり、一緒になっておしゃべりしていると笑顔も出る。首もだいぶしっかりしてきた。
ちょうど3ヶ月目の土曜日は、群馬の実家に泊まりで遊びに出かけた。初めてのロングドライブである。途中、高坂で休憩をし、何の問題もなく群馬に到着した。連れはここのところとても忙しく「温泉に入りたい」と言うので、夕方1人で近所の温泉に出かけて行った。
一晩お世話になって、日曜日はお昼頃に実家を出発。「ステーキ宮」でランチを食べた。ステーキ宮は、東北から中部地方くらいまで店舗展開しているが、東京、神奈川には店舗がない。姉の旦那さん(大阪府出身)がたまに宮のステーキを食べたがるそうで、その話を連れにしたら「そんな店は知らん」と言う。そうか、テリトリー外だったのか。一度は食べても良いのではないと、これを機会に食べに行く事にしたのだった。ちなみに、同じ理由で連れが知らなかったフライングガーデンの「爆弾ハンバーグ」は、連れのお気に入りである。次は群馬ローカルのシャンゴだな。パスタの量が多いぞ(笑)。
食事中の寝太郎はとてもおとなしくて、2人でゆっくり食事をする事ができた。座席が空くのを待っていると、寝太郎の事で色々な人に話しかけられる。こうやって知らない人と話をする機会が多くなった。
次に向かったのは大好きな”Miyake”さん。ケーキを買ってさくっと帰ってこようと思ったら、なんだか見覚えのある2CVが・・・☆さま夫妻だった。びっくり(笑)。途中で授乳の時間はあったが、やはり寝太郎はおとなしく、奥様が寝太郎をあやしてくれたので、お茶(私はホットミルク)とケーキを楽しみながら、ゆっくり談笑する事ができた。
ケーキ、食べちゃった。むひひ。
お土産も買っちゃった。むひひ。
高速道路が太田まで延び、土日1000円のおかげで、Miyakeさんのある桐生もだいぶ行きやすくなった。実家からMiyakeさんまでは一般道を通ったが、太田桐生ICから圏央道経由で調布インターまでは高速道路。1400円で帰れる。事故渋滞でたっぷり4時間半かかってしまったが、寝太郎は授乳休憩した狭山までずっと寝太郎・・・赤ちゃんは車が好きって本当だ。狭山からはトンネルが多く、光の変化が面白かったようで、「あぅあぅ」言いながら目をあけて、飽きずにそれを眺めていた。
初めての里帰りも無事終了である。
posted by はきこ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

幸せだけど、大変なんです

今日は4回目の母乳相談室に行ってきた。
もうすぐ3ヶ月になる寝太郎、最近では夜中に起こされる事もなく、夜10時頃眠ったら、朝7時までは起きないようになった。しかし、ラクにはなったが相変わらず「かっちかち」なので、5時半頃には胸が張って痛くて目が覚める。眠れないので少し搾って再び寝ていたが、この対処が正しいのかどうかはわからなかった。起こしてでも飲んでもらうべきか、どんなに張っても我慢するべきか。そこのところを相談したかったのだ。
ネットや育児書で当たっても「母乳が足りているか自信が無い」という質問への答えはいくらでもあるが、出過ぎて困っている人の場合「それは幸せな事です」としか書いていない。そりゃあ、ずいぶん助かっていますがね。寝太郎も飲み過ぎて吐いたり、咳き込んだりするほど出ていますし。でも知りたいのは、乳腺炎の予防や子供への与え方のバランス。幸せなりに、けっこう大変なんですけどぉ。
助産婦さんの話によると、夜中に起こしてまで与える必要はなく、できれば搾らない方が良いとのこと。搾ればそれだけ「必要」と体が判断して、どんどん母乳を作ってしまう。ただ、それで眠れないとなると大変なので、少しだけ搾って、その後自然に出てしまう分だけなら良いでしょうとの事。そうやっているうちに、飲む量と作られる量のバランスが出来てくるのだそうだ。むむむ、もうちょっとの辛抱ですね。
ところで私の母乳は「とても良い状態です」と、お褒めの言葉をいただいた。かまわず何でも食べてしまっている人の母乳は、ヤニのようにべたべたして独特な臭いがし、手につくと痒くなり、お風呂に入っても痒みがとれないのだそうだ。「さらさらとしていて、食べ物に気をつけているのが良くわかりますよ。あまり褒めて暴走してもいけないので、これからもこの調子で頑張ってくださいね。」と。
あはは・・・それでも最近は、甘い物もちょっとだけ食べてるんだけどね(笑)。
今日は、出産の時にとてもお世話になった助産婦さんにもお会いできて、大きくなった寝太郎を見せる事ができた。体重も6150gと、生まれた時の倍以上になった。年末年始の暴食後が心配なので、年明けにまた伺う約束をした。
posted by はきこ at 15:10| 東京 ☔| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

怖い

6月から髪を切っていない。出産直後には「これはヒドイ」と思っていた髪型も、最近では逆に落ち着いてきてしまった。
しかし量が多いので、乾かすのに時間がかかる・・・と言うと以前動物病院で出会ったピレネー犬を思い出す。「シャンプー2本、ドライヤー2時間」って言ってたなぁ(笑)。そこまではいかないけれど、もどかしいくらい時間がかかる。これからは寝太郎中心の生活だから、ドライヤーが後回しになって、風邪をひいたりしたら大変だ。
そんな訳で、今日は寝太郎を連れに任せ、髪を切ってきた。出産してから24時間寝太郎と一緒に居た。哺乳瓶では飲まなくなってしまったし、飲んでもらわないと胸が張ってしまうから、3時間以内に戻らなければならない。それでも「時間があればゆっくりしてきて良いから」という連れの言葉に甘えて、駅前のパ○コを少し見ておきたいわぁ。
11時に予約をしたので、10時20分から授乳開始。10時半には飲み終わって、美容室までは歩いて20分ほど。1時間ほどで終了し、パ○コをぶらぶら。冬用のあたたかいパジャマが欲しかったのだけど、フリース地のものばかり。どうもアレは好きじゃない。だって静電気でパチパチするんだもん(涙)。綿のものを探したけれど、見つからなかった。結局、必要な物を買って、ほぼ1時間。意外に1時間は短く、帰りは急ぎ足だった。うぅ、タイムリミットが近づいているぅ〜。寝太郎がぐずっていたらどうしよぉ〜。
そんな私の思いとは裏腹に、帰ってみると寝太郎はグーグー寝ていた。昨日は昼寝をあまりしていなかったし、起こすのもなぁと思い、昼食を済ませてから授乳した。
その後も寝太郎は今日1日を寝て過ごし、これでは夜の寝付きが心配だ・・・と思いきや、あっさり眠りについた。
そういえば美容室の方に「昨日は全然寝なくて、1日中ぐずられちゃって。結局眠かったみたいなんですけど、寝るとすぐに起きるし、起きると泣くし。眠ければ寝ればいいのにっ(笑)」と言ったら「眠るのってすごく怖いんだよ」と言われた。なんだかとても納得してしまった。それはそうかもしれんなぁ。
posted by はきこ at 23:36| 東京 ☁| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

お留守番FBM

今日は車山高原でFBM。でも私はお留守番FBM。

7時   授乳で起床
     そのまま寝太郎を自分の布団に引きずり込む。
     あわあわ言いながらもそのうち寝たので
     一緒に9時過ぎまで寝る。
9時半  洗濯機をまわす。
10時  授乳で今度こそ起床。
10時半 昨日の夕飯の残り物で、遅めの朝食。洗濯物を干す。
11時  寝太郎、ぐずる。
12時  授乳
     ぐずられながら、冷やしたぬきうどんを作る。
     急いで食べたので、食べた気がしない(汗)。
     風が強いので、今日のお散歩は無しか。
1時   寝太郎、ぐずる。
2時   寝太郎が寝たので風呂掃除。
     途中で起きちゃって、急いで終わらせる。
3時   授乳
     寝太郎、ぐずる。

昼寝はしないのか?

4時   寝太郎、ぐずる。
5時   寝太郎、ぐずるので授乳。
6時   寝太郎、ぐずる。
6時半  ぐずられながら、パスタを作る。
     急いで食べたので、食べた気がしない(汗)。
7時   寝太郎、ぐずる。

寝なくていいのか?

8時   寝太郎が寝たので、風呂の準備・・・起きちゃった(汗)。
     先に風呂に入って髪を洗っていたら大泣きしたので
     中断して寝太郎を脱がせる。
     脱がせたら機嫌が良くなったのでバスチェアに寝かせ
     シャワーをかけたりして様子をみながら、自分の体を洗う。
     同じ空間に居れば、機嫌がもつらしい。
8時半  連れ、帰宅。
     授乳後、連れが抱き上げたら、大量に吐く(涙)。
     機嫌が良さそうなので、着替えさせる。
     吐いてもニコニコしていると
     違った意味で大丈夫かと心配になるが(笑)。

まだ寝ないぞ(汗)。

9時半 授乳後、あっさり寝る。
     ・・・本当は眠かったんだよね。

最近、良く噛んで食べないので、自分の胃が心配。
posted by はきこ at 22:47| 東京 ☔| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

おふすまさま?→うぶすなさまでした(笑)

日曜日、連れの兄弟(上に二人いる)と、その子供達(寝太郎にしてみればいとこだな)に、寝太郎をお披露目してきた。すぐ上の兄貴にも5月に男の子が生まれたから、全員集合するととても賑やかになる。先週から寝太郎が「あ〜う、あ〜う」と声を出し、たまに笑うようにもなった。この日は機嫌が良かったようで、みんなに囲まれて嬉しそうに声をあげていた。
抱っこしていると、天井の一点を見つめている事がある。ゆらゆら揺らしても、そこを見つめて目の玉がくりくりと動くのだ。「何か居るのかねぇ」と連れと話していたら、すぐ上の兄貴のお嫁さんが「うちの田舎では”おふすまさま’が居るって言うんですよ」と教えてくれた。おふすまさまとは、氏神様の事なのだそうだ。彼女の田舎は長野県の松本市である。ネットで検索をしても”おふすまさま”ではヒットせず、どんな謂れがあるのか、どんな字を書くのかなど、詳しい事は良くわからない。
寝太郎がじぃっと天井を見つめていると「おふすまさま?」と、同じ所を見てみる。残念ながら姿は見えない。
追記
posted by はきこ at 23:38| 東京 ☔| Comment(4) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

デカフェ

妊娠中からコーヒーを飲む事を控えている私。我慢と言うほどではないが、それでもコーヒーショップの前を通ると「うぬぬ、ちょっと飲んでみたい」という衝動に駆られるのも事実。
でも今はこんなコーヒーがあるのね。
97%CUT.jpg
カフェイン97%カットの、インスタントコーヒー。
この際、インスタントが嫌だとか、贅沢は言わん。インスタントだが、立派にインスタントコーヒーの味がする、このコーヒーを歓迎しようではないかっ。
今日、スーパーで668円で購入。家に帰って早速飲んでみた。普段はカフェインがすぐに効いて、眠気がなくなる私も、飲んだ後すぐ寝太郎と昼寝ができた。これは正しくカフェインレス。まぁ、いい気になってがぶ飲みせず、大事に飲もうじゃあないの。
欧米ではずいぶん前から飲まれているらしい。そして、飲食物からカフェインを除いたり、カフェインを添加しなかったりする事を「デカフェ」と言うのだそうだ。へぇ。
posted by はきこ at 17:20| 東京 ☀| Comment(4) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

そこまで来ている

明日、児童館の”赤ちゃんひろば”参加者を対象に行われる「わらべうた講座」に参加しようと思い、今日は申し込みがてら、児童館まで行った。
窓口で参加希望の旨を伝えると、赤ちゃんひろば担当の保健婦さんが対応してくれた。
「実は、そこの小学校でインフルエンザが流行りだして、2クラスが学級閉鎖になったんです。まだ小さい赤ちゃんばかりですし、せっかく予定していたんですけど、中止になってしまいました。」
なぬっ。すぐそこの小学校じゃないか。
連れの会社でも、お子さんがインフルエンザにかかり、念のため会社を休む方もぼちぼちいらっしゃると言う。まぁ、過剰反応も良くないとは思うが、寝太郎がどうなるかわからないので、ここはひとつ、家でおとなしくしているか。
posted by はきこ at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

2ヶ月

寝太郎は今日で2ヶ月を迎えた。まだそんなかぁ。
最近の寝太郎は「昼間寝太郎」で、夜になるとぱっちり目を覚ましてしまう。この時期に良くある昼夜逆転である。昨日も3時まで起き太郎。これは昼間に起きていてもらうしかないなぁ。育児書によると「昼間は外の空気に触れさせ、刺激を与えてあげましょう」とのこと。
それならば、ぼちぼち散歩も良いだろうと、昨日は寝太郎と近所の児童館へ出かけた。住んでいる市にはおむつを捨てる専用のゴミ袋があって、児童館で無料配布している。ソレをいただくのと、児童館では乳幼児の集まりや、測定ができる日があると聞いたので、どんな感じなのか偵察に行くためである。体重測定と、2ヶ月から参加できる「赤ちゃんひろば」は14日、つまりは今日行われるとの事。ちょうど2ヶ月目だし、これは良いタイミング。
そんな訳で、今日も寝太郎を連れて児童館へ。集会所は午前10時から解放されていて、私が行った11時すぎには、7〜8人のお母さんが赤ちゃんを連れて来ていた。寝太郎は一番小さい。同じ学年になる赤ちゃんや、1ヶ月違いの子も居たが、この頃の1ヶ月はの差は相当大きい。
出席表のようなものをくれた。
akachan.jpg
毎週水曜日が赤ちゃんひろばの日。第2週目が測定の日。遊びに行くと、シールを1枚もらえる。鳥さんの絵に貼っていって、いっぱいになると、プレゼントがもらえるらしい(笑)。右側には測定結果が書き込めるようになっている。近所に知り合いも居ないし、行けるときは顔を出してみようかな。
身長は56cm、体重は5520g。順調、順調。
順調だけど・・・今日は寝てくれるんだろうか(汗)。
posted by はきこ at 20:30| 東京 ☔| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

内緒だよ

昨日の、赤ちゃんの夢の話で思い出した事があった。

赤ちゃんは生まれるまで、神様や天使と一緒に過ごすのだそうだ。
そして神様の元を離れる時
「ここで見たことは、絶対に内緒だよ」と約束をする。
神様が人差し指を立てて「しーっ」をする時のように
赤ちゃんの口に指を当てる。
鼻と上唇の間にある窪みは、その時についたものなんだって。

母ちゃんはもう、そんな事すっかり忘れてしまったよ。
お前はまだ覚えているんだろ?
うりうり、教えてみぃ。
と、寝太郎のほっぺたをつついてみたりして。
posted by はきこ at 11:42| 東京 ☁| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

昇格

今更なんですが
今日から寝太郎の紙おむつが
新生児用からSサイズに昇格
posted by はきこ at 23:36| 東京 ☔| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

腹ぺこ

帝王切開の術後、食事は流動食から徐々に通常食へと戻っていく。3日後の朝から普通の食事ができるようになっていた。

夕食の時間。配膳された食事が、どうもおかしい。
米飯 鯖塩焼き 染めおろし 竹の子煮 お浸し オレンジ

ここまでなら普通のメニューなのだが、さらに
鮭おにぎり ポチプラス(栄養補助ドリンク) 無脂肪ヨーグルト

面会に来ていた連れと思わず二度見した。誰かのダイエット食が、間違えて一緒に配膳されたのかと思ってしまうほど。配膳してくれた助産婦さんを呼び止め「す、すみません、なんか凄く・・・多くありません?」と聞いてみた。「それね、夜11時頃まで食べられるから、お腹が空いたら食べてくださいね」との事。いくらなんでも、そんな食欲は(笑)。
と思ったら、全部平らげていた。もの凄くお腹が空いていたのだ。
お膳を下げに行ったら、ちょうど先ほどの助産婦さんが居て「食べられました?」と聞かれ、平らげましたと答えると「食べた分だけ赤ちゃんの栄養になりますから、いっぱい食べてくださいね」と言われた。母乳が出ていると、それほどお腹が空く。私の友達も「夜中にパンを一袋、むしゃむしゃと食べた事があって」と言っていたから、私だけではないようだ。
とにかく、お腹が空く。出産前に食べていた朝ご飯のメニューでは足りず、最近では午前中からスープを作る。冷蔵庫の野菜をテキトーに入れていーっぱい作って、お腹が空いたら飲むのだ。今日はお昼に具沢山でつゆだくの煮込みうどんを作った。これで夕飯までごまかせる。
夕飯は、今までの小食がウソのように、お茶碗にご飯をてんこ盛りにする。さらにおかわりをすれば、多分連れよりも食べている。
夜中、授乳で起こされると、もう朝ご飯が待てない。思わずつまみ食いする。
「二人分食べなさい」と言うのはこういう事なのね。それでも、食事に色々制限があるから、やみくもに食べるわけにもいかない。詰まるの怖いもん。
後で「出産で太っちゃってぇ」と言わない為にも(笑)。
posted by はきこ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

知らないって、怖い

出産は帝王切開だったから、最初の2日間は一応ICUと名の付いた一人部屋に入院していた。手術の翌日の3日目、午前中には歩く練習を始めて、午後には3人部屋に移動した。
ICUは一人で気楽に過ごせるが、新生児室が上の階で遠いため、管理の問題もあり、赤ちゃんと同室で過ごす事ができない。移動したその日は傷が痛んで、おむつやお着替えが入った「赤ちゃんセット」の蓋を開ける事もままならず、夜間は情けない思いで寝太郎を新生児室に預けていたが、4日目からは痛み止めのおかげか、傷の痛みも耐えられるほどになったので、寝太郎と同室で過ごした。
部屋は向かいと右隣にベッドがあって、助産婦さんもヒーヒー言うほど出産ラッシュだったから、退院するとすぐに次の人が入ってきた。
最初に私が部屋に入った時、お向かいは女の子・・・「名前は○○にしたから」という会話が聞こえてきて、それが女の子の名前だったからわかった。それでなくても、だいたい泣き声でわかる。
右隣は泣き声から女の子と推測された・・・あれ、その名前は男の子か?いや、さっきと泣き声が違う。お隣は男の子と女の子の双子ちゃんだった。助産婦さんによると「双子で産まれて、二人ともICUに入らないのって珍しいのよ」との事。そういえばもう一人居た双子ちゃんのお母さんとお話をしたが、一人は新生児のICUに居て、授乳のたびに移動しなくちゃいけなくて・・・と話していたっけ。さすがに最初から一度に二人の同室は酷なので、一人は新生児室に居て、泣き出すと連れてこられて交替を繰り返していた。授乳が2倍だから、起きてる時間も2倍。凄い・・・本当に大変なこっちゃ。母は強し。

双子ちゃんが退院すると、すぐに次の方が入ってきた。出産後4時間とのこと。普通分娩も大変なのに、すぐに赤ちゃんと同室になった。女の子だったが、凄い音圧で泣く子だった。まぁ、泣くのはお互い様なので気にならないが、しっかしこのお母さん、個人的にはちょっとお騒がせな感じ。
部屋に入った時にはすでに消灯時間が近かった。ほどなく電気を消し、それぞれが寝ながら授乳を待ったり、読書灯だけ点けて授乳していたりと、赤ちゃんの泣き声以外は眠れなくても静かに過ごしていた。ところがお隣さんから「かりかり」と音がする。これはゲームか?・・・いや、iPhoneの音だ。メールの着信音に聞き覚えがある。総合病院なので携帯電話は禁止されている。助産婦さんは黙認している感じもあるが、せめて音ぐらい消しとかないか?よほど助産婦さんに言おうと思ったが、私はあとふた晩で退院。そのうち寝たようなので、とりあえずその晩はやり過ごした。
翌日、持ってきた化粧水の匂いはキツいわ、禁止されているドライヤーを持ち込んで部屋で堂々と使うわで「やっぱりチクったる!」と思ったが、顔を見ると気の弱そうな感じの人。「うちの子、声が大きくてすみません」って謝ってきた。そんなのお互い様。それより、iPhoneはせめて音を消さないか?しかしここはひとつ、出産後のマタニティーブルーも始まる頃だし、強い事言うと泣いちゃう感じがして「私はあとひと晩・・・」と我慢する事にした。
ちゃんと入院の注意要項に、携帯電話や電化製品の持ち込み禁止が書いてあったけど、読んでいなかったかったようだ。知らなかったんだね(涙)。
午後になって面会時間になると、彼女もご両親がいらしたようだ。「下にスタバがあるから・・・」「じゃあ私も、サイズは・・・」と声が聞こえる。ぁぁぁ、お母さん、カフェイン(涙)。
授乳を始めたばかりの頃のおっぱいは「初乳」と言う。これには重要な栄養や免疫が沢山入っていて、本人がと言うよりは、まずは病院が「初乳、初乳」と大切に扱う。うん、そんなに大事なものなんだ・・・と理解して、出の悪いお母さんも頑張っているのに。それにカフェイン注入しちゃうんですか(汗)。赤ちゃんの臓器はまだ未熟で負担も大きいし「コーヒー飲むと、赤ちゃん寝ないわよ〜」と会社の人にも脅されていたので、カーテン越しに必死に「辞めとけぇ」と念じていたんだけど、お母さんは子供を新生児室に預けて、ご両親とスタバへ出かけて行った。
いやね、私も今は色々食べるものに気をつけてますしね。でも、もうちょっと寝太郎が大きくなって落ち着いたらね、多分、コーヒーもちょっとくらい飲んじゃうかもですよ。厚切りのとんかつだって、ケーキだって食べちゃうかもですよ。でもねぇ・・・初乳にカフェインはやっぱり辞めた方が良いと思うのよ。最初くらいは、なんかこう・・・過ぎるのは良くないけど、少しは気をつけようよ。
帰ってきてからお母さん、助産婦さんに「おっぱいに良い食べ物ってありますか?」って聞いていたけど、知らなかったんだね(涙)。
最後の夜、その頃私は胸が張って眠れない時期だったから、嫌でもお隣の様子がわかった。相変わらずメールの着信音と、それを確認すると思しき音がしていた。おむつ替えする時は必ず私の近くにある洗面に、お尻ふきの脱脂綿を湿らせに来るのだが、お隣さん、赤ちゃんは頻繁に泣くのに、一向におむつを替えている音がしない。「替えろぉ」と念じていたが、私の念力は相変わらず通じない。
朝5時頃、見回りに来た助産婦さんが「回数チェック表」を見てようやく気づいて、替え方を教わっていた。知らなかったんだね(涙)。
知らないって、怖い。
posted by はきこ at 22:10| 東京 ☁| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。