2010年05月14日

3回食

離乳食が始まって4ヶ月。寝太郎は今日から9ヶ月目に入る。
最初の頃は「なにこれぇ」とすりつぶしがゆを出してしまった寝太郎も、しばらくすると何でも食べるようになった。私の苦手な柑橘類も好んで良く食べるので、私も一緒に食べるようになった。修善寺の帰りに買ってきたデコポンも、寝太郎と2人でぺろり。実家では「お前がオレンジ食べてるの初めて見た」と母に驚かれたっけ。
最初の2ヶ月は午前中に1回の離乳食。次の2ヶ月は10時頃と5時頃の2回食。とても良く食べるし、主な食品のアレルギーも見られないので、今日から3回食に進める事にした。
朝ご飯
・チーズミルクパンがゆ
・かぼちゃと枝豆のマッシュ
お昼ご飯
・ポークビーンズ(ひよこまめ、セロリ、トマト、にんじん、たまねぎ、豚ひき肉)
・5倍がゆ
晩ご飯
・しらすうどん(小松菜、大根、しらす)
おぉ、なんかすごく考えてる感じだ(笑)。
ちなみに昼のポークビーンズの材料で、大人の晩ご飯は豆カレー。
私は料理が好きだから多少面倒でも作っているけれど、得意でない人には拷問だろう。大人の食事もあるから1日6食分考えるわけだし。私も「えぇい、面倒だぁ!」とレトルトを使ってしまう事があるかもしれない。
来週は土曜日からFTPで石川〜福井へ出かけるので、ずっとレトルトのお世話になる。寝太郎の味覚に合わないものがあるといけないので、できるだけ沢山のメーカーの、違う味のものを買いそろえた。食べてくれるとは思うが、レトルトの味を覚えてしまって私の味を嫌いになったらどうしよう(涙)。ちょっと心配。

今日の寝太郎:5
いい子っす!
posted by はきこ at 23:12| 東京 ☁| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

「ゲゲ女」に便乗

ウチはほとんどドラマを見ない・・・いや、たまぁに夕方の再放送枠と、サスペンスを私が見てるけど。今は夕方の”バンビ〜ノ”くらいか。
そんなウチが、連れも一緒に毎日見ているドラマが「ゲゲゲの女房」である。
ドラマの舞台は我が家のほんの数十メートル先。最近では見学者もちらほら見える。街には番宣ののぼりが立ち、にわかに活気づいている。
配役も悪くなく、水木さん役の青年が若すぎるかなぁ・・・というくらいで、役者としての彼は悪くないし、他にも演技が下手な人は居ない。話のテンポもダラダラしていなくて良い。今までのこの枠のドラマをいくつか見てきたが、現実離れしすぎてシラケたり、役者の演技がダメで見ていられなかったりで、続けて見てきたためしがない。私にとって心地よいのは、多分、原作の「ゲゲゲの女房」が水木さんの奥様の半生を描いたドキュメンタリーであるからだと思う。私、ドキュメンタリー派。
そんな盛り上がりに便乗して、近所のパン屋さんで「妖怪焼き」なるものが誕生した。
kitarouyaki.jpg
いわゆる「今川焼」の鬼太郎バージョン。他のキャラクターのもあって、それぞれ中身が違う。

「妖怪焼き 小倉あん 白玉の目玉おやじ入り」

と、文字にすると少々奇怪な食べ物になるが、なかなか美味しい。
値段も中身によって様々で、鬼太郎は150円だったかなぁ。一番高いのは、焼きそば入りお好み焼きの「ぬりかべ」で200円。
私のおやつのお楽しみにランクインする予感。
posted by はきこ at 13:46| 東京 🌁| Comment(4) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

初節句

昨年の8月生まれの寝太郎には、当然、先日の5月5日が「初節句」だったわけで。
連れの両親には兜の飾り、ウチの両親からは鯉のぼり、いずれも立派なのを買ってもらった。GW中の交通機関が鬼混みのところ集まってもらうのも大変なので、それぞれの家に1泊ずつしてご挨拶してきた。横浜と群馬へは車で行ったが大きな渋滞もなく、連れが風邪をひいて群馬で寝込んでいたのと、群馬に忘れ物をして東松山から引き返した事を除けば、ゆっくりできた帰省となった。
5日のこどもの日は日中サッカーの観戦もあったので、スタジアムへ出かける前に簡単に下ごしらえできるお祝いの食事を用意した。
ちょいとすし太郎〜。
sekku.jpg
かつおが美味しい季節なので、新たまねぎとかいわれと千切り大根をごっぞり盛ってサラダにした。
美味しい物が食べられるのも、寝太郎さんのおかげです。

今日の寝太郎:5
リトミックで楽しく遊んでいっぱい寝て
良く笑いました
posted by はきこ at 23:55| 東京 🌁| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

リトミック

寝太郎と月2回、リトミックに参加している。
いつも行っている児童館で、リトミックのサークルのメンバーを集めていると声をかけてもらった。外部から先生をお招きして、謝礼と会場費でひとり1回500円程度。安っ。
寝太郎と同学年の子が集まっていて、一番年上は4月2日生まれ。8月生まれの寝太郎とほまれくんは一番下っ端である。ほまれくんはハイハイができるから、運動能力は寝太郎が一番ごゆっくり君。この頃の子供は数ヶ月で運動能力がかなり違う。でもリトミックの先生は全員が一緒にできる遊びを提案してくれるから、寝太郎も一緒に楽しめる。
先生が弾くピアノに合わせて子供の体をぽんぽんと叩いたり、歩いたり。音楽が止まると動きも止める。音の変化によって「たかいたかい」や「こしょこしょ」とからだをくすぐったりすると、寝太郎も声をあげて喜ぶ。今週は先生がキッチンで使うボールとおたまを用意してくれた。ボールを叩いたり、手にもって床に打ち付けたりすると色々な音がする。おたまもカシャカシャと音がするのが好評で、先生に返却する時はおたまを離すのがいやで泣き出す子もいた。高価なおもちゃでなくても子供には楽しいおもちゃになる。
家に帰ってきてからも、寝太郎と遊ぶ時のヒントになる。
リトミックの後は時間がある人でお弁当を持ってきて、ゴザを敷いてお弁当を食べる。寝太郎はまだ2回しかご飯を食べないが、他の子はレトルトや手作りの離乳食を持ってきている。ウチもそろそろ3回食に進もうと思っているので、次回からは寝太郎のお弁当も作らなくちゃ。
でも次回はFTPの後泊と重なってしまうのでお休み(涙)。

今日の寝太郎:4
リトミックでお昼寝をしそこねた寝太郎。
午後は雨が降る前に買い物に出かけられて良かった。
昼寝をもう1回できると良いなぁ。
posted by はきこ at 23:32| 東京 ☁| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

修善寺温泉

先月の話だが24日から25日にかけて、修善寺温泉へ行ってきた。私の子育ての労をねぎらって、連れが提案してくれたのだ。宿は「赤ちゃんプラン」がある所を探した。
伊豆までの道のりでは遊べる所もあるが、寝太郎の体力やリズムを考えて、あちこち立ち寄らずに修善寺温泉を目指した。
お昼頃には到着し、まずは腹ごしらえ。車をとめた駐車場のそばに看板が出ていたカフェに入ってみた。事前に購入していた旅のガイドブックにも載っていた"honohono cafe"である。私が注文したのは、季節の野菜のペペロンチーノ。筍は朝採れたてをすぐにゆがいたのだそうで、歯ごたえとホクホク感がたまらない。
shuzenji1.jpg
そして、今回は私の贅沢が許される旅行なので、ケーキも付けちゃった。むひっ。
shuzenji2.jpg
修善寺の特産品「黒米」のシフォンケーキ。黒ごまのソースが良いアクセントになっている。ピーチのフレーバーティーも香り高くて美味しい。
修善寺温泉の街は散策するのにちょうど良い広さなのだが、この日は生憎の雨模様だったので「竹林の小径」と、買い物を少しだけして宿に入った。
shuzenji3.jpg
もはや「子」とは言えないくらい大きく育った竹の子もあったが、竹林育成中につき掘り出し禁止。
宿に選んだ「ホテル和光」には、赤ちゃんと一緒に気兼ねなく過ごせる「赤ちゃんプラン」がある。部屋にはおもちゃと子供用布団、紙おむつを捨てるゴミ箱、おしりふき、ウェットティッシュなどが備え付けられている。嬉しいのは無料での家族風呂の貸し切り。15時から18時の間で露天風呂が貸し切りとなり、湯温計とベビーバスとバスチェアーが用意されている。お湯が赤ちゃんには少し熱めなので、ベビーバスに汲んで少し冷ましてから寝太郎を入れた。
食事は部屋でゆっくりいただいた。盛りだくさん。
shuzenji4.jpg
ビールを飲みたい気持ちをグっとこらえて・・・海の幸と春の味覚を堪能した。煮魚がむちゃむちゃ美味しくて、連れと無言で突いた。
寝太郎を交代で見ながら宿の内風呂にも入って、この日は10時頃には布団に入って熟睡した。
翌朝も交代で内風呂に入り、朝ご飯をいただいた。焼きたての干物と、平飼いの鶏の卵での「卵かけごはん」をわしわし食べた。食卓に出てきた柑橘類を寝太郎に食べさせてみたら、意外とさっくりかじって上手に食べた。帰り道はどこかで柑橘類を買おう。
せっかく修善寺温泉に来たのだから、修善寺にはお参りしないと。
shuzenji5.jpg
雨もあがって爽やかな青空。そぉ〜らよぉ〜。
帰路もあちこち寄らず、この日の目的は沼津港で採れたてのお魚をお腹いっぱい食べる!
shuzenji6.jpg
駿河湾の海の幸を大胆にのせた「駿河丼」。桜えびはポン酢、生しらすはしょうが醤油でいただく。うまうま。干物も沢山買った。
寝太郎にも無理なく、私もちょっとした贅沢を味わえた旅行だった。連れは運転ご苦労様〜。
posted by はきこ at 23:57| 東京 ☔| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

鬼太郎公園

近所に陰気臭い公園があった。ブランコは錆びてるし、夏の夜には悪い子達が集まって、打ち上げ花火とかしながらぎゃーぎゃー騒ぐ。でも春には桜が咲いて、子連れのお花見には最高なんだけど。
ところが3月に入ってから、この公園で何やら工事が始まり、今風のカラフルな遊具が設置された。散歩で前を通るたびに、公園の開放を心待ちにしていたのだが、さらに嬉しい情報が飛び込んできた。近所に住む水木しげるさんのご好意で、この公園が「鬼太郎公園」として認定されると言うのだ。
最初は遊具が新しくなっただけで、特に鬼太郎公園らしい絵やモニュメントもなかったので、連れと「本当かいな」と疑っていたのだが、数日前、入り口になにやら設置されるようなコンクリートの基礎ができていた。おぉ、本当らしい。
そして、そのお披露目と除幕式が行われた。
開始の10分前には家を出たが、公園には想像以上に沢山の人が集まっていた。テントが建ち、スーツにバッヂを付けた市の職員さんも来ている。テレビカメラも来ていて、地元のケーブルテレビと、「ゲゲゲの女房」効果を狙ってか、国営放送さんのカメラも居る。乾杯用のお茶と、子供達にはお菓子のセットも配られるため、多くの子供達の目当てはコレだったようだ。水木さんの出身地の境港からは、鬼太郎(の着ぐるみ)も来ていた。
勇壮な和太鼓で式典が始まり、市の職員さんからのご挨拶があった。
もともと、陰気臭かった頃のこの公園は個人の土地を市が借りていたもので、持ち主からは買い上げの希望が出ていたが予算がなくて実現できず、マンションでも建てようかという流れになっていたのだそうだ。小学校の前にあると言う事で市が頑張って買い上げてくれて、せっかくなのでご近所に住まわれている水木さんに因んで、公園を「鬼太郎公園」にしたい・・・というのが、この生まれ変わった公園の成り立ちなのだった。
そしてこちらが、除幕された水木さん書の公園の看板。
jomaku.jpg
スプレー缶の餌食にならぬ事を心の底から祈りたい。
私たち夫婦は水木漫画のファンでもあったので、水木さん著の「墓場鬼太郎」「劇画 近藤勇〜星をつかみそこねる男」とサインペンを持って出かけたのだが、残念ながら水木さんはお見えにならなかった。水木プロからのご挨拶でいらした弟さん曰く「彼はまだ寝ているんでしょう」との事だった。そういえば私がいつも道でお会いするのはお昼に近い時間。水木さんが駅の方にあるアトリエに出勤するのがその時間だから、やっぱりゆっくり眠られているんだろうなぁ。
良く寝る事。良く食べる事。そして絵を描く事が長生きの秘訣のようだ。
鬼太郎公園は、寝太郎の絶好の遊び場になるに違いない。近所の子供達に長く愛される公園になりますように。
せっかくなので、生まれ変わった公園の写真も。
kouen.jpg
posted by はきこ at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

運の悪いヒッポポタマス

寝太郎が家族に加わり荷物が増えると、悩みはマンション収納の小さい事。我が家には作り付けの食器棚しかなく、そうでなくてもいっぱいいっぱいだったのに、寝太郎の小さな食器を収納するのも大変になってきた。せめて、コップやグラスだけでも別に収納するキャビネットがあればなぁ。
2月に吉祥寺に遊びに行った時、ふらっと入った家具屋さんで、イメージ通りのキャビネットが見つかった。人気商品で届くのに時間がかかるとの事だったが、気に入ったので即決。心待ちにしていた搬入が今日だった。
自分と寝太郎の支度とご飯を済ませ、設置する場所に掃除機をかけたら、お約束の11時ちょっと前に運送屋さんが来た。わくわく、わくわく。愛想の良い運送屋さんが段ボールを持ち込んで「じゃあ、組み立てがありますので」と箱を開けたら・・・。
「た、大変申し訳ありません。天板にキズがありまして。」
いやん(涙)。キャビネットは運送屋さんが持ち帰り、後日再搬入となってしまった。
我が家はこういったトラブルが多発する。今のマンションに越してきた時、照明でもすったもんだがあった。
やはり気に入って注文したら、人気商品なので入荷待ちとのこと。寝室に取り付けるつもりだったので、しばらくは連れが使っていた古いルームランプで凌いでいた。確か2ヶ月くらいでやっと入荷。お届けの日も決まってわくわくしながら待っていたが、一向に届かない。調べると照明は、なんと、連れの昔の住所に届けられてしまったのだった。
あーんもうっ!
でも翌日には届けてくれるという事だったので、わくわくしながら待っていた。ところが今度は届いて箱を開けたら、照明のガラス部分が粉々になっていた。勿論、商品交換にはなったが、さすがに店には文句を言わせてもらった。
その他にも、飛行機とかホテルの部屋とか、何かにつけトラブルが多い。どうやら連れがそういう星の元に生まれたらしい。
今回の運送屋さん、この寒いのに冷や汗かかんばかりの焦りよう。家具屋からの連絡を待つ間も、どぎまぎしてなんだか可哀想なので、前の照明の話なんかして「うちはこんな事がけっこう多いんですよ」と逆に慰めてあげてしまった。運送屋さんも「こんな事しょっちゅうある訳ではないので・・・」と平謝り。
まぁ、後日ちゃんとした物が届いたら、それで良しとしようじゃあないのさ。

運の悪さはこのカバさんほどじゃないさ。

悲しすぎる。
こ〜れでおしま〜い こ〜れでおしまぃ mumumu・・・〜
って、それで終わりかよっ!(号泣)
posted by はきこ at 14:00| 東京 ☁| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

フレンチ・ピクニック

久々に車のイベントに参加してきた。
7年前に私が初めて参加した車のイベントがフレンチ・ピクニック。あの日は強風だったっけ。連れと出会ったのもその時だった。思えば当時、まだ小学生だった子はもう高校生になっていて、小学生並みの私の身長など、ぎゅんぎゅん抜かれている。人の家の子は、アスパラガスみたいにすくすく育つ。
かく言う私たち夫婦も7年の間に結婚し、寝太郎を授かった。自分そっちのけの生活が始まっておよそ7ヶ月。しばらくご無沙汰していた方々にもお会いでき、寝太郎も沢山の方に可愛がってもらった。毎日抱っこで肩が抜けそうだったけれど、皆さんに抱っこしてもらって久々に肩が軽い休日となった。
北関東はまだ桜が満開で、会場の「古代蓮の里」も桜がちょうど見頃だった。お天気も良かったので、S自動車の奥様と愛犬ハッピー、わぎわぎさんの子供達3人で、園内をしばらく散歩した。
frepi10.jpg
今年は桜に恵まれた。
わぎわぎさんの一番上のお嬢さんは草花の名前をとても良く知っていて、桜の花だけでなく、地面に咲いている花も楽しんだ。

車のイベントだったけれど、文字通りピクニック気分で楽しんだ。
そう言えば懐かしいZXも居たなぁ(涙)。
posted by はきこ at 23:03| 東京 ☁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

せるりなぃ

長い間躊躇していたけれど、とうとう買ってしまった。
bcr.jpg
Bay City Rollersですよ。B.C.R.ですよ。タータンチェックでエジンバラですよ。
私が初めて「洋楽」に出会った小学2年生。流行に敏感な友達のさっちゃんが「ねぇ、BCRって知ってる?」と聴かせてくれたのがきっかけだった。幼いながら、何を言ってるかわからない未知の国の曲に「なんかスゲー」と衝撃を受けた。時を同じくして姉も夢中になりだして、金持ちのいとこにレコードからテープに落としてもらって、夢中になって聴いた。
同時期に流行っていた”Kiss"は「・・・なんて野蛮な人たち」と、引き気味で眺めていたけれど(笑)。
当時はまだ外人がその辺歩いてるのも珍しい時代。英語なんて私もあなたも知らない幼少期。「でも歌いたい・・・レスリーと一緒に!」って事でスピーカーに耳を押し付け、紙と鉛筆を持ち、テープを何度も何度も巻き戻しながら、いわゆるヒアリングを始めた。
「きっぽーんだーんしちゅららけんろー あせるりなぃ せるりなぃ」
誰でも知ってる”Saturday Night”がこの程度ですわ(笑)。でも必死よ。小学校2年生だもの。
時は流れて、私の興味は移ろっていったけれど、彼らの歌の中で忘れ得ぬ一曲があった。歌詞がわからないながらも、この曲には何か大切なメッセージが込められている気がしていたのだった。でもこの曲が何故か、日本から発売されているベストの中に入っていない。だから私はずっと彼らのベストアルバムを買う事を躊躇していた。今日買ってきたCDにも、残念ながらこの曲は入っていない。でも他にも聴きたい曲があったので、連れに買ってきてもらった。

「ハートで歌おう」って・・・しかも「さようなら 青春」って・・・(笑)。
そして口パク。
でも小学校2年生だったのに、何で曲名ちゃんと覚えてたんだろ。歌詞も一部正しく覚えている。
何だか手に入れられないのも悲しかったので、iTunesのストアで探したら、ライブバージョンがあったのでダウンロードした。なんか違うけど、これはこれで良しとしようか。
しかし懐かしいなぁ。You Made Me Believe In Magicとか、今聴いてもわくわくする。
買って良かった。
posted by はきこ at 00:49| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

花見

今年は寝太郎の散歩のおかげで近所の桜を満喫している。
先日の日曜日は肌寒い天気ではあったけれど、東京の桜は満開だったので、連れと寝太郎と3人で散歩がてらお花見を楽しんだ。
まずは深大寺手作り市をぶらっと見て衝動買い。
だって「ととちゃん」がこっち見てるんだもん。
10hanami4.jpg
それからお参りを済ませ、お蕎麦を食べて腹ごしらえ。
10hanami1.jpg
「八起」の舞茸せいろ
ここは初めて入ったお店。外で食べる席には小さな池があって、なかなか雰囲気がよろしい。ドラマの撮影にも使われたそうだ。
舞茸の天ぷらには、昔うどん屋でバイトしていた時に出会った。まかないで初めて食べたとき「なんですかこれはっ!」と大きな衝撃を受けた。こんな美味しいきのこ、知らなかったわよ。それからの大好物。
深大寺をぶらっとした後は、野川沿いをしばらく歩いた。
10hanami2.jpg
寒い中、沢山の人が河原にシートを広げ、各々お弁当を広げたり、焼き肉をしたりして花見を楽しんでいた。来年は寝太郎も歩けるようになっているはずなので、お弁当を作ってここに来られたらなぁ。
そしてこちらは昨日、寝太郎と味の素スタジアムまで散歩に行った時の桜。
10hanami3.jpg
普段はバックスタンド側から入るので、ここにこんなに桜が咲いているなんて気がつかなかった。もう少し先にある外語大の桜も見えて、この辺りの景色はなかなかなもの。

なんだか久しぶりに文章を書こうと思ったら、言葉が全然出て来ない。本当はサッカーの事や、日々の散歩での発見を記録しておきたいのだけど、子育てに追われていると頭の中の記憶が散らかったままで、整理をするような脳みそが働かない。
せっかく書き始めたからアップするけれど・・・嗚呼、これが限界だわさ。
posted by はきこ at 00:28| 東京 🌁| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。