2009年12月17日

親の判断

今日は寝太郎の3〜4ヶ月健診。本来なら先週、まだ3ヶ月の時に受けるはずだったが、風邪をひいて今日になってしまった。すでに月曜日に4ヶ月を迎えていたから、なんだか寝太郎はまわりの子よりも大きく見えた。それでも体重6790g、身長61.2cmは、それほど大きいわけではない。
漠然と不安だったのは、数日前まで飲んでいた私の薬。健診の後はBCGの接種だから、影響がどんなものなのか。保健婦さんには薬を飲みながら授乳していた事を告げた。

ここから、ちょっと話を妊娠中に遡らせたい。
妊娠中から、薬に関して医者の反応は様々だった。副鼻腔炎になったときも、最初にかかった先生は産科の先生に問い合わせて妊婦でも飲める薬を出してくれて、影響などについてもきちんと説明をしてくれた。実はその後、まだ顔が痛みが残り、めまいもして不安だったので、同じ病院にもう一度行った。
診てもらった上で治っているならそれで良かったし、治っていなくても薬無しで大丈夫ならそれでも良かった。放っておいてはいけなくて薬が飲めないなら「じゃあ、今後どうしよう」という話をしてくれたりする物だと思っていた。
大きな病院なので、希望しなければ毎回同じ先生というわけではない。この時は別の先生になってしまった。最初から同じ先生を指名しておけば良かったんだけど。今度の先生は大きいお腹を見るなり「これはね、歯の病気」・・・は?私はその時、まだ診察の椅子にも座っていなかった。「歯をしっかり治してもらわないとね、診られるわけないでしょ」・・・先週、歯科医の治療を終えたばかりなんですけど・・・「そんなのね、だめよ。悪くたって何もできないわよ。レントゲンだって撮れないし、治療だって何もできませんから。歯医者で治してきなさい。」
もう言っている事がよくわからない。これ以上この人と話をしても無理。病院を出て、その足で歯科医にかかり事情を話した。先生も困り顔で「きちんと治療を終えているんだけど・・・歯茎は腫れているけれど、これはやっぱり耳鼻科だと思うの」と。「出来る事はしてあげるからね」と声をかけてくれた。副鼻腔炎は、鼻うがいという民間療法でなんとかしたが、痛みとめまいは何日か続いた。

出産した産科では「授乳中だと告げれば、薬を出してくれる。市販の薬でも大丈夫。」と説明されたが、現実はなかなかそうもいかない。前述の耳鼻科医のように突っぱねるだけの先生は居ないが「絶対にダメな薬ははっきりしていますけど、ダメと言われていない薬に関しても、人体実験をしているわけではないので」となかなか良い顔はしてもらえない。当然のご意見。ところがそんな先生が出してくれた処方箋を薬局にもって行くと「授乳中でもお薬は心配ないです。先生も子供に出すようなお薬を出してくれてますし、母乳へ移行する量はほんの少しですから安心してください。」薬剤師さんなだけに、説得力はあるが。
もうこうなってくると、誰が言っている事が本当なんだか良くわからない。体の調子も悪い所にそんなだから、脳みそも動かなくなってしまった。
そんな訳で、薬がBCGの予防接種に何か影響があるのかどうか、きちんと聞いておこうと思ったのだが。保健婦さん「うん、大丈夫。母乳に出る量なんてほんの少しなんだから、全然問題ないですよ。一応、健診の先生にはお話しましょうかね。でも多分大丈夫って言うと思いますよ。」先生も「風邪をひいて薬を飲んで授乳・・・体重も良く増えて、問題ないですね」だけで終わった。
病気をしている間、私も連れも、それぞれがインターネットで、母乳と薬に関して色々調べていた。書いてある事は区々で「全然心配ないですよ」から「薬を飲んで授乳、このロクデナシ」くらいの勢いの意見まである。
結局は、親の判断でなんとかするしかない。

今日の寝太郎:5
BCGの予防接種で他の子が号泣していたので
寝太郎もびーびー泣くだろうと思ったら
涼しい顔でよだれたらして笑ってました。
大物の風格。
posted by はきこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

ばったり、またばったり

多分お察しのとおり(涙)。
4日(金)に扁桃炎から発熱。一度は治まったかと思ったら微熱が下がらない。腰から下がだるい、時々背中が痛い。どうやら、水分が不足していたのは病気の始まりで、また腎臓の機能が低下していたようだ。
連れの横浜の実家に寝太郎と一緒にお世話になり、授乳以外は布団でおとなしく寝ていた。しかし、寝ていても熱は下がらず、37度前後をゆらゆらと上がったり下がったり。体の痛みがとれず、治る気配もない。連れには会社を休んでもらったりして、何度か耳鼻科にかかったが、最後には「もはや耳鼻科の病気で発熱しているわけではなさそうです」と、他の科の受診を勧められた。
前回お世話になったH先生にかかろうとしたが、すでに病院を辞められていた。ネットで検索したら、同じ病院で働いておられたT先生と、近所で独立開業されている事がわかった。目当てのH先生は休診。でもT先生も真剣に話を聞いて考えてくれた。薬を少し追加してもらい「とにかくお水をがぶがぶ飲んで、腎臓の悪い物を出すように心がけて下さい」とアドバイスいただいた。それでも13日(日)の朝になっても微熱は下がらず、体もぐわんぐわん痛むので、さすがに泣けてきた。
寝太郎の世話どころか、抱っこする事もままならなかった。医者からは「薬を飲みながらの授乳はお勧めしません」と言われたものの、寝太郎はもはや哺乳瓶を忘れてしまい、何度かトライしたもののやっぱりだめだった。時間を置いたり、それが出来なければ搾ってから授乳したり。風邪をうつしてしまうのも心配だった。しかし、おろおろしていても仕方がないので、とにかく早く治すしかない。
それでも一週間以上熱が下がらないと、なんかもう、自分の体はどーでも良くなってくる。動いても動かなくても熱が上がるなら、動いた方がマシだ!と無理したら、やっぱり熱は上がった。それでも37.4度くらいなのが、またイヤラシイ。上がるならもっと上がれよっ!と、キレ気味になっていた。
そんなヤケクソでダルダルで悲しい日曜の午前中、連れが薬局で症状を話して買ってきてくれたこの1本。
pla.jpg
「効きます。でもマズいですよ。」だって。
値段も聞かず「じゃあ、それください」と言ったは良かったが、値段を見てびっくり。1029円也(涙)。妊娠授乳期にも有効と書いてあったので、遠慮なく一気に飲み干した。そしたら、コレが私の症状にドンピシャとハマったらしい。午後になったらふっと体の嫌な痛みが引いた。思わず「私、許された?」と笑顔が戻った。
これをきっかけに回復に向かったが、病気している間に色々な楽しい予定がボツになった。特に「たまゆら展」に行けなかった事、上京したまっつまさんにうちに宿泊していただく予定だったのをドタキャンしてしまった事は、もう本当に悲しくて(涙)。それでもお帰りになる日に少しだけお会いできて良かった。
明日はやはり病気の間に行けなかった、寝太郎の3〜4ヶ月健診。お薬入りの母乳を飲まされたり、一番の被害者は君だったんだよね。ごめんな。
posted by はきこ at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

水分不足

ここのところ、何も用事がないクセに、ばたばたと忙しい。寝太郎にかかりっきりで、家の仕事が溜まってしまったのだ。それを片付けていると、親の忙しさや心の騒がしさが寝太郎にも伝わるようで、今週はグズられる事が多かった。
そうなってくると、自分のために飲み物を入れる時間もない。母乳のためにも水分が必要なのに補給が充分できなかったから、お腹の調子が悪くなってしまった。
これを悪循環と言うのね(涙)。
会社の元同僚さんが、寝太郎のお祝いと一緒にハーブティーのセットを贈ってくれた。
herb.jpg
カフェイン少なめという心遣いに感謝。
神様が「水分摂りなさい」って言ってるのよね。

午前中のエントリーのため
昨日の寝太郎:5
睡眠十分が君には一番だね。
posted by はきこ at 11:13| 東京 🌁| Comment(4) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

評価

児童館も年末進行。本来なら第2週目が計測の日なのだが、今月は第1週目になっていた。赤ちゃん広場も16日が最後となる。体重6620g、身長59.6cm。母乳だけでも面白いほど増えるもんだ。

年末かぁ・・・大掃除・・・台所換気扇・・・。
あわわわわわ(両耳を手のひらでぱたぱたと塞ぎながら)。聞こえないふり〜。

年末の課題は置いといて、相変わらず腹ぺこな私は、児童館でもお腹がすいた騒ぎ。「母乳だと、お腹すきません?モス食べたいなぁ・・・でも南口まで行くのは遠いのですよ。」とぶつぶつ言っていた。そうよね〜、たまに食べたくなるわよねぇ。でも北口にあったモスは潰れちゃって・・・マックじゃねぇ。フレッシュネスで我慢したら?それもいいわねぇ。うんうん。なんて話を他のお母さん達としていたら、ゆうきくんのお母さんが「旧街道沿いのパン屋さん、イートインできて、私もたまに利用するの。」と。持ち帰りだけなら利用した事のある、障がい者施設と連携しているパン屋さんだ。ダーツに例えるなら、モスがインナーBULLだとすると、パン屋さんなら18ダブルぐらいか。悪くないわね。児童館の後、ゆうきくんのお母さんと、お昼ご飯を調達しに行く事にした。
焼きカレーパンとサンドウィッチをお盆に乗せたところで、両方の子供がベビーカーでぐうぐう寝ていたので、店で食べて行く事にした。卒乳したゆうきくんのお母さんはコーヒー、私はホットミルクを注文し席に着いた。
ゆうきくんのお母さんはレース好き。車もバイクも観るようだ。モトGPにも行くの〜と、楽しみにしている様子。2人でレースの話で盛り上がったり、子育てのあれこれを話し合ったりした。
子育てではゆうきくんのお母さんの方が先輩なので「こんな時はこうしたのよ〜」と、参考になる話を聞かせてもらった。中でも面白かったのは「子供の評価」の話。育児日記にどんな様子だったか書き込むのと一緒に、どのくらい良い子で居てくれたか、数字の評価を書き込んでいたのだそうだ。「けっこうスッキリするわよ〜」って。
今日は泣いてばかり! 評価:1
まぁまぁいい子。お掃除が進んだ。 評価:3
ぐっすり寝ていたので、お友達とお話できた。 評価:5
といった具合。いいねぇそれ(笑)。泣いてばっかりの時って、実は母親の自分に余裕がなかったりするので、自分自身の評価になるのかもしれない。
育児日記は3ヶ月を迎えるまでは書いていた。今は毎日ではないが、このBlogがその代わりになっている。そこで、子育てのカテゴリーの記事には評価をつけていく事にした。

今日の寝太郎:4
ゆうきくんのお母さんと食事している間はぐっすり眠ってくれて、ゆっくりお話ができました。お風呂待ちの時に泣かなければねぇ・・・。
posted by はきこ at 23:10| 東京 ☔| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

布多天神社

今日は天気が良かったので、買い物の帰りにちょっと遠回りをして、布多天神社にお参りしてきた。寝太郎の布多天神デビュー。
fuda1.jpg
2月には節分祭、9月には例大祭、11月には酉の市等々、その他にも細々と行事をしているのは知っているのだが、近所にあっても・・・いや「近所だからいつでも行けるし」と思ってしまい、なかなか足を運ばない。これはイカンなぁ。
まずはお参り。財布を見たら細かいお金が206円しかない・・・むむむ、とりあえず今日のお賽銭は6円で(汗)。セコい事言わずに206円入れとけばいいのにとは思ったが、お賽銭箱のまわりにずらずらと並んでいる「おみくじ」にお金をとっておきたくて。(だったら1000円崩せばいいじゃん!)手を打ってぺこぺこする私を、こぶしをくわえながら不思議そうに見つめる寝太郎。
今は色々なおみくじがあるのねぇ。今日は1回200円の「招き猫おみくじ」を選択した。今更「恋愛おみくじ」ひいてもねぇ(笑)。
fuda3.jpg
大吉だし。
「良く読め」とおみくじに書いてあったので、ゆっくり読む為に持ち帰ってきた。すごく良い事しか書いていないので、かえってこの先が心配ではある。またお参りに行って、その時に結んでこよう。次はお賽銭多めで(汗)。
おみくじと一緒に入っている招き猫は色分けしてある。写真では見えずらいが、黄色いこの猫さんは金運、商売繁盛のお守り。年末ジャンボ前に、心強い味方ができた。むひひ。連れに見せたら「宝くじ、買ってこい!」と命令された・・・はぃ、買ってきます。
境内の木はところどころ紅葉していて、地面は落ち葉でいっぱい。
fuda2.jpg
今年はゆっくり紅葉を見る機会もなかったので、短い時間だったが、良い気分転換になった。
posted by はきこ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

何に見えるかは、あなたの心次第

姉から画像付きのメールが届いた。
こちらは、姉の飼い猫のももちゃん。
姉はダブルハートと言うが・・・
double.jpg
私にはダブルシェブロンに見える。
完璧な猫足だね。

おっと。
今日は姉の誕生日だったわね。
posted by はきこ at 23:34| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

巡回

ここのところ、夜中には起きずに眠っている寝太郎が、昨夜は珍しく突然声をあげた。
夜泣きではない。ライトを点けて何事かと見ていると、目を”キラッキラ”させて宙を見て、手足をばたばたさせて「あっきゃ〜」と声を立てて喜んでいる。何事かと思いながらおむつを替え、それでもまだ「あっきゃ〜」とワクワク顔だから、授乳したら寝息を立ててあっさり寝てしまった。
私も眠りにつきながら、やっぱり見えない物が見えるんだよねぇ・・・と考える。あんなワクワク顔、昼間に起きている間にもしないのに、暗闇の中、いったい何を見てそんなに喜んでたんだろう。裏のお墓から誰か遊びに来たのかな・・・ぞわぞわ。まぁ私の場合、そーゆー感覚が欠如してるから、裏の住人の気配は一度も感じた事ないけど。
もしかしたら生まれる前にお世話になってた神様が、いい子にしてるか、約束をちゃんと守っているか、巡回にきたのかも。

本文とは関係のない、これは以前いただいたパトサブレ缶。
pato.jpg
posted by はきこ at 10:36| 東京 🌁| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

自家製

いつも聞いている"BARAKAN MORNING"の女性DJが、野菜ソムリエの資格を持っている。毎週木曜日には、野菜のお話をするコーナーがあり、楽しみにしている。
先週「りんご茶」の作り方を紹介していたので、早速作ってみた。りんごを皮ごと適当な大きさの薄切りにして、同量の砂糖で漬ける。砂糖が溶けきったらできあがり。
ringo-cha1.jpg
この瓶は高さ10cmほど。漬けた時は砂糖とりんごで瓶の口までいっぱいだったけれど、たまに瓶を振って2晩ほど置いたら、砂糖が全部溶けて写真の量になった。これを好みの量カップに入れて、お湯で割って飲む。
ringocha-2.jpg
想像以上にりんごの香りがする。
実は果糖も砂糖も母乳には良くないのだけど、だからと言ってまるで摂らないのもねぇ。美味しそうなりんごが店頭に並んできたところで、手軽にりんごを味わえる方法はないものかしらと思っていた。これならちょっとずつ、美味しく食べられるもんね。お湯で割ったところへラム酒を少し落としたり、炭酸水で割ったりしても美味しいかも。ラム酒は寝太郎が酔っぱらうと困るので、卒乳したら試してみようか。
もうひとつ、前から作りたかったジンジャーエールの素。
shouga.jpg
これはしょうがをフードプロセッサーにかけて、グラニュー糖と水で煮て濾したもの。これを炭酸水で割ってレモンを搾れば、立派なジンジャーエールになるのだ。これは体を暖める目的で思いついた。お湯で割って飲んだら喉がカーっと熱くなった。効きそうだなぁ(笑)。
posted by はきこ at 23:00| 東京 ☀| Comment(4) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

初冬のお散歩

寒くなってきたところで、寝太郎の方は首もしっかりしてきて、外に連れ出しやすくなった。インフルエンザは心配だが、外気に触れさせるのも大切な事のひとつ。勤労感謝の日の今日は、昨日と打って変わって青空の見える暖かい日になったので、買い物がてら、近所をぶらぶらと散歩する事にした。
ベランダで飼っているメダカの浮き草が、ここのところの寒さで枯れてしまった。新しい代わりの物はないか探すため、近所に魚類系のペットショップがないか調べたら、近所の川沿いにある事がわかった。少々距離はあるが、ちょうど良い運動になりそうな距離である。
まずはいつもの駅前のスーパーでお買い物。その後、パン屋でサンドウィッチを買って、近所の川沿いを目指した。目的のお店は簡単に見つかったが、なんだかお店の前が騒がしい。大鍋に温かそうな湯気が立っていて、防寒着を着込んだ人が忙しそうにしている。こんな所でフリーマーケットかしらねぇ・・・と店に近づいたら、いやいや、これはドラマの撮影だろうか。お昼を過ぎた時間だったので、炊き出しが終わり、午後の撮影が始まるところだったようだ。
目指す店の店内が狭そうだったので、私と寝太郎は外で待つ事にした。何の撮影だろう・・・最近「ゲゲゲ」の撮影がこの界隈で始まったと聞いたから、ソレかなぁ・・・と様子を見ていると、人の間から知っている顔が出て来た。お〜、ピン子さん。私よりちっちゃくてびっくりしたわよ(笑)。という事は「ゲゲゲ」ではないのかなぁ。結局何の撮影かはわからなかった。
肝心の浮き草は季節外れで売っておらず、撮影の邪魔になりそなのですぐにその場を離れた。川沿いのベンチに腰掛けて、さきほど買ったサンドウィッチをぱくり。
nogawa.jpg
カモが気持ち良さそうだなぁ。
メダカ、どうしようかぁ。

メダカをいただいたTさんに相談したら、水草を分けてもらえる事になって、一件落着。
posted by はきこ at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。